ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー

2017年5月23日 (火)

新車の初回オイル交換はお早目に!

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

新車でご購入後の初回オイル交換はどうされていますか?
弊社では、500km走行時に必ず行います。
弊社で新車をお買い求めいただいたお客様には、
1年間のオイル交換・オイルフィルターの交換・点検はすべて
無料とさせていただいておりますので、気兼ねなくどんどん
オイル交換していただけます。

Cimg3092

500km走行時とさらに立て続けに1,000km走行時と
オイル・フィルターを交換して、あとは毎3,000kmまたは
3カ月おきにオイル・フィルターを交換していきます。

今回、カワサキW800の初回オイル交換でございますが、
ぬいたオイルを日の当たるところで観てみると、ギラギラした物が
たくさん混じってます。コレのほとんどは、ミッションギヤなどの
当たりがつくまでの金属バリだと思われます。
コレを観たお客様は「店長の言うとおりにして良かった!!」
と言っていただいております。

Cimg3123

オイルフィルター交換時のエア噛みを防止するために
新品のオイルフィルターには、オイルを充填しておく方が
良いでしょうね。

Cimg3012

私が考えるには、一般的に行っている、エンジン回転数を
回さずに行う慣らし運転より、早め早めのオイル交換の方が
エンジンには良いのではないかと思います。
慣らし中は、エンジン回転数はレッドゾーンの7割ぐらいまで
回しても良いのではとも考えております。
2回目(1,000km走行時)のオイル交換が終われば、
慣らし運転は完了です。

あくまでも私の考えですけど・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

ZRX400 2005MODEL USED BIKE 良いのが入庫いたしました。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ZRX400 LIM 2005MODEL 中古車でとっても良いのが

入庫いたしました。人気の1台ですね!

Cimg2913

走行距離は17,198kmでLEDメーターパネルでございます。

Cimg2859

フェンダーレス、タンデムグラブバー装着車で、

車検はH29年11月と少し残ってますので、登録後すぐに

乗り出せますよ!

Cimg2896

すごくきれいな車両ですので、大切に乗っていただきたい

と思います。

Cimg2861

このブログを見て、ビビッ!ときた方はご連絡くださいませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

今年はコイツで旅に出かけます。VERSYS-X 250 カスタム車作ってます!

こんにちは、プレジャーの店長ございます。

今春、新発売いたしました。カワサキ VERSYS-X 250 ツアラー
のカスタムパーツを作ってます。

Cimg2840

とりあえず、ナビやスマホをメーター上部にホールドいたします
バーステーを作りました。

Cimg2806

さらに、両サイドのボックスのカバーガードを作りました。
このガードにボトルホルダーなどを装着できますので、けっこう便利
なアイテムになると思います。

Cimg2821

フロントのバーは強度的に不安がありますので、単なる飾りと
御考えくださいませ(笑)。

Cimg2793

「タンクカバー」や「フロントフェンダー」・「つま先のカバー」なども
作りました。とりあえず試作品ですが、商品化いたしますので、
ご期待くださいませ。

Cimg2847

その他、FRPでタンク上部に装着する「グローブボックス」や
「フロントマスクガード」なるものも作っております。おたのしみにね!

Cimg2836

完成いたしましたら、コイツで旅に出かける予定です。キャンプ道具も
たくさん積載できます。道の駅などで見かけたらお声かけてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

暇な訳ではありませんが、Windmill アンティークライターのリペアをいたしました。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日、名古屋は朝から雨です。
土曜日ですが雨なので、飛び込みのご来店作業が無いので、
たまっている作業が落ち着いてできます。

暇な訳ではないのですが、朝から老眼を駆使して仕事前に
壊れてしまったライターのリペアをいたしました。

Cimg2723

1960年代ごろのWindmill(ウインドミル)のオイルライターです。
発火石に接触するローター部分が粉砕しているので、一度分解して
壊れているパーツをちょちょっと作り直して、意外に簡単に直って
しまいました。

Cimg2376

上からレバーを押してやると、芯をフタしているカバーが開き
同時にしゅぼっっと発火石でやさしい火が灯ります。

Cimg2380

私のおじいちゃん(明治生まれ)の形見のライターなんです。

なんだかやさしい火をみていると落ち着きますね。
えっ?変態ですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

細かい事ですいませんが、このひと手間が大切なんです。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ブレーキフリュードの交換などで、ブレーキキャリパーのブリーザー
部分からエア抜きなどを行いますが、ブリーザー部からチューブを
抜いた後はどうしてますか?

Cimg1966

ブレーキフリュードが付着していると、キャリパーの色ハゲにも
なりますから、水洗いをいたしますが、その前にティシュを細く
こより状にいたしまして、ブリーザー部分の中のブレーキフリュード
を吸い取ります。その後水洗いして、エアブローで乾かします。

Cimg1967

ティシュをこより状に細くして・・・

Cimg1968


ブリーザーの穴に突っ込むと・・・

Cimg1969

こんなに吸い取れます。

Cimg2666


ブレーキフリュードは水分を吸着して凝固してしまいますので、
綺麗にしておきたいですね。エアブローした際にも、
残ったブレーキフリュードが飛び散らないのでGOOD!!

ちょっとした手間ですが、ここは譲れない作業ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

オートバイが倒れました。パンクしていました。爪楊枝が刺さってました?

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ガレージでオートバイが倒れてしまいました。
と連絡をいただき、引き取りに行きました。
原因は、リヤタイヤがパンクして、空気が完全に抜けてしまい、
サイドスタンドで立ってられなくなって倒れた様子です。

Cimg2612

タイヤの空気が抜けてしまったオートバイを移動させるのは
重くてたいへんです!それも大型バイクですと・・・
CBX1000です!重いし、傷ついてしまって心もへこむし・・・。

Cimg1887

さてチューブレスタイヤのパンク修理ですが、何かが刺さってます。
ロングノーズプライヤーでつまんでひっぱり出すと、なんと爪楊枝です。
それも頭のこけしみたいになっている方から刺さってました。

Cimg2577

あっぱれな爪楊枝ですね。

いままで、いろんな物が刺さっていた事もあるので、
とくに驚きもしないのですが、沢ガニの爪や工作用のはさみが
そのままの形で刺さっていた事もありましたよ。

でも?どうやったら?刺さるんでしょうね??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

ワコーズのRECSを施工いたしました。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

30,000kmぐらい走行のカワサキZZR1100にワコーズさんの
RECSを施工いたします。
RECSとは、液剤をインテークマニホールドから少しずつ注入して、
吸気系から燃焼室まで、堆積したガム質・ワニス・カーボン・デポジットを
短時間で強力にクリーンアップというすぐれ物です。
エンジンを分解せずにカーボンの除去ができるんです。

http://www.wako-chemical.co.jp/recs/product-info/

シリンダーに注入いたします液剤は排気量の10%ですので、
1100ccの排気量ですから110ccで、4気筒ありますので、各気筒の
注入量は27.5ccになります。

Cimg1983

エンジンを十分に暖機運転してから、アイドリング状態で、
インテークマニホールトの負圧を測定できるパイプ部分に細いチューブを
つなぎ、そこから点滴みたいにすこしずつ液剤を注入していきます。

Cimg1993

1気筒約15分ぐらいかけて、ゆっくりと施工いたしますので、4気筒で
1時間ぐらいはかかります。その間はオーバーヒートしないように扇風機
などを当ててエンジンに風を当てながら作業をすすめていきます。

Cimg2004

サイレンサーからすこし煙がでますので、換気の整った場所で作業
してくださいね。施工後かるくレーシングしてエンジン回転を上げると
レスポンスや排気音が変わってる気がします。
何度かこの施工をいたしましたが、お客様からは、良い評価を
いただいてますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

カワサキ KLE250アネーロ のステムベアリングの交換

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

カワサキKLE250アネーロというバイクをご存知ですか?

このたび新型で発売されました VersysーX 250 ABS の兄貴分にあたる

バイクで1993年~1995年の3年間作られたアドベンチャースタイル

のバイクなんです。

223_2


今回は、そのバイクをこよなく愛して乗り続けているお客様の「アネ君」

のステムベアリングを交換いたします。

Cimg1866_2


通常はボールベアリングですが、せっかくなら、テーパーローラーベアリングに

します。適合表を探しても、ちょっとめずらしい車種ですのでみあたりませんが、

実はバリオスやエストレア・Z系と同じ寸法ですよ。アネーロを乗ってらっしゃる

方は参考にしてくださいね。

Cimg2475

走行距離が増してくると、ステムベアリングも摩耗して、ハンドリングが

悪くなります。特にレースに段付き摩耗ができて、すごく乗りづらくなります。

Cimg1869

取り外したベアリングレースですが、段付き摩耗しているのが解ると

思います。

Cimg1881

フレームの上下のレースもテーパーローラーベアリングの物に

打ち替えます。この作業は専用工具も必要ですので、熟練整備士の

いるバイク屋さんにお願いした方が良いでしょうね。Cimg1879

これで、これからまだまだ安心して乗り続ける事ができますね。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

「二升五合」ってどうゆう意味かご存知ですか?

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

これからどんどん暑くなってきますね。カワサキブランドのTシャツは

いかがでしょうか?そんな2017年モデルのカワサキTシャツの中に

「二升五合」って縁起物っぽく書いてありますが、どんな意味かご存知ですか?

「二升」で「升升=ますます」、「五合」で「半升=繁盛」ということで、

居酒屋でときどき目にすることばで、なぞなぞの要素を取り入れたしゃれことば

「判じ物」と言いい、「春夏冬」で「秋がない=商い」と共によく使われます。

春夏冬 二升五合」=「商い 益々繁盛」って事になります。

昔、酒屋さんで、開店祝い用に使う、大きな二升五合瓶を見かけましたね。

その瓶に鰻が登る様子「うなぎ登り」の絵と一緒に、書いてあったことを

思い出しました。

一斗二升五合」なんてことばもあり御商売益々繁盛」と詠むらしいです。

まず、初めの「一斗」とは10升のこと。

10升は5升の倍ですよね!ですので「ご(5)商売(升倍)」と詠みます。

Cimg2358

ちなみに、一斗二升五合って何リットルかも調べてみました。

1斗18.039リットル

1升1.8039リットル二升は、3.6078リットル

1合0.18039リットル五合は、0.90195リットル

一斗二升五合は、18.039+3.6078+0.90195=22.54875リットルです。

昔の酒飲みは一晩で一斗樽を飲み干すなんて話も聞いたことがありますが、

今と昔では、アルコール度が違うにしても、私、一晩で22リットルは

飲めません!!(笑)。

Cimg2370


そうそう、お店にカワサキブランドTシャツ注文しに来てね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

定期点検して、快適なライドを楽しみましょう。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

さてさて、連休に入って「ワクワク」してオートバイで出かける方も多いでしょう。
走りはじめてしばらくすると・・・なんだかいつもと調子が違う!
って事で入庫いたしました。

Cimg2195

点検させていただくと、エアエレメントがボロボロになっていて、スポンジが
キャブレーターに吸い込まれてしまってます。
キャブレーターからの吹き替えしなどのガソリンが混じったガスに、
常にさらされているのでしょうがないのですが、こうなってしまう前に
交換するようにしたいですね。

Cimg2144

おっと!・・・・・そっと取り外しますが・・・ボロボロになっていて触ると

粉々になってしまいます。

ちなみに、汚れているからって、洗油やガソリンなどで洗ってしまうと
「あっ」という間にこんな風にボロボロになりますからご注意を!

Cimg2145

スポンジタイプのエアエレメントは洗浄できないので、新品交換が基本
ですが、点検する事をおこたると、知らない間にこんな事になっている
なんて事もありますので、ご注意くださいませ。
定期点検をしましょうね!ってお話でした。

5月1日~5日は店休させていただきます。
なにかとご迷惑おかけいたしますが、ご了承くださいませ。

ちなみに私は、連休を利用して、金沢方面に旅に出かけます。
あ~~楽しみだ!その前に点検しよっと!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧