« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月25日 (月)

KAWASAKI Z1 レストア記 その6

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

さてさて、Z1のエンジンをメンテナンス中に同時進行で

フレームのメンテナンスに入ります。

Cimg3464

フレームはバラバラに分解いたしまして、パウダーコーティングと

ガンコートの準備にかかります。この時にちょっとしたステーの

歪みや傷などは修正しておきます。

Cimg3456

磨いたり再塗装したりしてリペアする物と新品交換せざるを得ない

物と分けていきます。オートバイ一台を分解すると、およそ5倍ぐらい

のスペースが必要になります。まだまだ時間がかかりそうですが

ぼちぼちレポートしていきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

昭和の写真 その2

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昭和の写真 その2です。

S59年ごろのスズカサーキットでのひとコマです。

Photo

ゼッケン40は1981MODELのヤマハTZ125Hです。

22歳ごろ鈴鹿サーキットや筑波サーキットをノービスクラス

で走っていたころですね。

午前中は2輪、午後からは4輪って感じの走行時間帯で

パドックは足の踏み場がないぐらい混みあってます。

今では考えられないけど、厚紙で出来た様な革つなぎ(笑)で

走っていたんですね。

このころは、ノービスクラスから国際A級クラスまで、一緒に

同じ時間帯で練習走行していたんで、こっちは限界・・・って

感じでコーナー攻めていると、その外側をスゲースピードで

A級さんやワークスさんにぶち抜かれたもんです・・・。

あのころの熱かった自分を思い出した写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

SAMURAI 発売開始!只今ご予約受付中!!

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

いよいよ「SAMURAI」の発売を開始いたしました。

只今、ご予約受付中でございます。

Cimg4461

侍「SAMURAI」とは、刀を持ち武芸に長け、武士道と

呼ばれる礼儀や心得の理念に基づき主君への絶対服従

という思想を持っている日本の武士を指します。

そんな、日本独特な繊細な心遣いや、刀を抜かずして勝敗を

決めてしまうほどの威圧感、捨て身で主君に仕える、

侍「SAMURAI」にインスピレーションを受けてデザインしました。

新しいデザインのなかに、昔ながらのデザインを組み込んで

デザインいたしました。

カウルインナー部の造形にもこだわり、左側には12V電源

(シガーソケット)を装備いたしました。

バックミラーは衝撃が加われば、後方に可動するように作成いたしました。

ヘッドライト、ウインカーはノーマルパーツを流用しております。

フロントカウルに合わせて、シングルシートカウルも作ってみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● コンプリート車 本体価格


 
○ キャンディトーンブラウンXキャンディートーンオレンジ

(通称 火の玉)車両ベースの場合

  車両本体価格 1,980,000円(税別)

         2,138,400円(税込)



○ メタリックスパークブラック 車両ベースの場合

  車両本体価格 1,950,000円(税別)

         2,106,000円(税込)



 「注意」 車体の幅・高さが変わる為、登録の際には

記載変更手続きが必要になります。

 「注意」 FRP製シングルシートカウルはZ900RS CAFEの

シートとメーカーオプションパーツのハイシートには装着できません。
  
 「その他」 上記価格には、登録諸費用は含まれておりません。

 「その他」 車体ペイントについては、お客様のご希望の

カラー・デザインにて承ります。ご相談くださいませ。

(デザインや使う色数によっては、追加費用が発生する場合もございます。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● カウリングキット販売価格



○ フルキット

FRP製フロントカウル・カウリングステー・セパハン・バックミラー・

スクリーン・FRP製シングルシートカウルのすべてのキットです。

  キット価格  450,000円(税抜)
 
         486,000円(税込)



 
○ シングルシートカウル無し キット

FRP製フロントカウル・カウリングステー・セパハン・バックミラー・

スクリーンのキットで、FRP製シングルシートカウルは無しのキット

になります。

  キット価格  430,000円(税抜)
 
         464,400円(税込)



 「注意」 車体の幅・高さが変わる為、登録の際には

記載変更手続きが必要になります。

 「注意」 FRP製シングルシートカウルはZ900RS CAFEの

シートとメーカーオプションパーツのハイシートには装着できません。

 「その他」 上記価格には、登録諸費用は含まれておりません。

 「その他」 FRP製のカウル等は、FRP黒ゲルでのデリバリー

になりますので、必ず塗装はしてくださいませ。

 「その他」 塗装前に必ず仮組みを行って装着確認をすべて

終えてから塗装してください。塗装後の返品等は承っておりません。

 「その他」 組み付けは、必ず熟練した整備士に依頼してくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

昭和の写真

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

実家を整理していたら、古い写真が出てきて、

懐かしくて見入ってしまいました。

18

高校生のころにアルバイトしていたガソリンスタンドのお客様から

もらったHONDA CB500をセパハンにして鈴鹿サーキットを

走っていたころの写真です。昭和56年ごろ18歳の時に庭先で

エンジン降ろして見よう見まねでエンジン分解してました。

このころにすでにFRPでテールカウル作ったり、ペイントしたり

していたんですね・・・勉強せずに・・・(笑)。

17

この写真もそのころに鈴鹿を走っていたころのものです。

Z750D1のセパハンにピレリ(ファントム)タイヤに

革ジャン・革パンツでOKの時代でしたね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

KAWASAKI Z1 レストア記 その5

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Z1のバルブまわりの修正をいたします。

バルブのフェイス面は摩耗しており、ステムガイドも

摩耗して、ガタガタになっておりますので、

まずは、ステムガイドを入れ替えます。

Cimg3136

このヘッドは、たぶん初めてのステムガイド交換なんでしょうね、

見覚えのあるガタガタのガイドを抜き取り、今回はエストレア用

のステムガイドに交換いたします。

Cimg3134

新品のバルブに合わせて、シート面の修正をいたします。

シートカットという方法で、ヘッドに鋳込んであるシートリングを

削って合わせ面を修正いたしますが、今現在組み込まれている

バルブクリアランス調整用のシムの厚みを観ながら、

必要であれば、シートリングの交換になります。

今回はシートカットだけでOKでした。

Cimg3135

すべてのバルブの交換とシート面の修正が完了いたしました。

ついでに、ポートの段付きをリューターで削り落としておきます。

この続きは、次回レポートしますね。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

KAWASAKI Z1 レストア記 その4

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Z1エンジンリペアの続きです。

シリンダーフィンの破損部を修理してから

スリーブを入れ直します。

Cimg2745

常温で動いてしまっているスリーブを入れ替えます。

JB-POWERさんの CYLINDER LINER 65~71パイ対応の

スリーブをチョイスいたしました。

Cimg3122

シリンダーバレル加工を済ませて、すこし外径の大きいスリーブ

を圧入していきます。

Cimg3125

シリンダー上面の研磨も完了いたしました。

Cimg3129

ピストンはM-TEC中京さんの0.50mmオーバーサイズの

ピストンに合わせてボーリングいたしました。

疑似ヘッドで上部からシリンダーを固定してからの

ボーリング加工のために精度は良いですよ。

この続きは、また今度ご紹介いたします。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

新車の初回オイル交換はお早目に!

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

新車でご購入後の初回オイル交換はどうされていますか?
弊社では、500km走行時に必ず行います。
弊社で新車をお買い求めいただいたお客様には、
1年間のオイル交換・オイルフィルターの交換・点検はすべて
無料とさせていただいておりますので、気兼ねなくどんどん
オイル交換していただけます。

Cimg3092

500km走行時とさらに立て続けに1,000km走行時と
オイル・フィルターを交換して、あとは毎3,000kmまたは
3カ月おきにオイル・フィルターを交換していきます。

今回、カワサキW800の初回オイル交換でございますが、
ぬいたオイルを日の当たるところで観てみると、ギラギラした物が
たくさん混じってます。コレのほとんどは、ミッションギヤなどの
当たりがつくまでの金属バリだと思われます。
コレを観たお客様は「店長の言うとおりにして良かった!!」
と言っていただいております。

Cimg3123

オイルフィルター交換時のエア噛みを防止するために
新品のオイルフィルターには、オイルを充填しておく方が
良いでしょうね。

Cimg3012

私が考えるには、一般的に行っている、エンジン回転数を
回さずに行う慣らし運転より、早め早めのオイル交換の方が
エンジンには良いのではないかと思います。
慣らし中は、エンジン回転数はレッドゾーンの7割ぐらいまで
回しても良いのではとも考えております。
2回目(1,000km走行時)のオイル交換が終われば、
慣らし運転は完了です。

あくまでも私の考えですけど・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

定期点検して、快適なライドを楽しみましょう。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

久しぶりにエンジンをかけて、走り出したら・・・

なんだかいつもと違う!って事で入庫しました。

Cimg2195

点検させていただくと、エアエレメントがボロボロになっていて、

スポンジがキャブレーターに吸い込まれてしまってます。

キャブレーターからの吹き替えしなどのガソリンが混じった

ガスに、常にさらされているのでしょうがないのですが、

こうなってしまう前に交換するようにしたいですね。

Cimg2144

おっと!・・・そっと取り外しますが・・・ボロボロになっていて

触ると粉々になってしまいます。

ちなみに、汚れているからって、洗油やガソリンなどで

洗ってしまうと「あっ」という間にこんな風にボロボロに

なりますからご注意を!

Cimg2145

スポンジタイプのエアエレメントは洗浄できないので、

新品交換が基本ですが、点検する事をおこたると、

知らない間にこんな事になっているなんて事もありますので、

ご注意くださいませ。定期点検をしましょうね!ってお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

「二升五合」ってどうゆう意味かご存知ですか?

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

これからどんどん暑くなってきますね。カワサキブランドのTシャツは

いかがでしょうか?そんな2018年モデルのカワサキTシャツの中に

「二升五合」って縁起物っぽく書いてありますが、どんな意味かご存知ですか?

「二升」で「升升=ますます」、「五合」で「半升=繁盛」ということで、

居酒屋でときどき目にすることばで、なぞなぞの要素を取り入れたしゃれことば

「判じ物」と言いい、「春夏冬」で「秋がない=商い」と共によく使われます。

春夏冬 二升五合」=「商い 益々繁盛」って事になります。

昔、酒屋さんで、開店祝い用に使う、大きな二升五合瓶を見かけましたね。

その瓶に鰻が登る様子「うなぎ登り」の絵と一緒に、書いてあったことを

思い出しました。

一斗二升五合」なんてことばもあり御商売益々繁盛」と詠むらしいです。

まず、初めの「一斗」とは10升のこと。

10升は5升の倍ですよね!ですので「ご(5)商売(升倍)」と詠みます。

Cimg2358

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

フロントフォークのアウターチューブの傷は要注意です。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

転倒などでフロントフォークのアウターチューブを傷付けて

しまった事ってよくありますよね。

Cimg2915

完全にへこんでいるような場合はすぐに良否判定できますが、

すこし傷があるだけなら大丈夫・・・って思っていても、分解点検

してみると、実はダメって事あります。

Cimg2917

アウターチューブはとっても精度よく作られているし、

意外に肉厚は薄いので、外部からの衝撃で歪んでしまいます。

Cimg2919

インナーチューブの先端にはピストンブッシュといういわゆる

スライダーメタルがあり、とっても精密に作られています。

アウターチューブに歪があると当然動きが悪くなります。

あっ!それから倒立フォークの場合はステムに取りつける際の

締め付けトルクはとっても重要です。締めすぎはフォークの動きが

妨げられる可能性がありますので、注意してくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

北海道ツーリングの準備

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

「今年の夏も北海道へ行ってきま~~す」っというお客様から

予備燃料タンクの装着をご依頼いただきました。

Cimg2805

容量5リッターのガソリンタンクですが、けっこう自重もあり

どうやって固定しようか考えた結果!まずはFRPでケースを

作りました。

Cimg2804

タンクがすっぽり入るFRPケースです。このケースを車体に

固定するようにいたします。私がツーリングに行くわけでは

ないのに、北海道ツーリングに思いをはせながら、

ワクワクしながら楽しく作れました。

こんなワンオフ品の製作も承りますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

カワサキバイクマガジンに掲載されてます。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

6月1日発売の「カワサキバイクマガジン」Vol.132 

ぶんか社発行の雑誌に「SAMURAI」が掲載されてます。

Cimg2797

只今話題沸騰中のZ900RSの情報が満載です。

Cimg2801

やはりプロのカメラマンさんが撮影しますと、さらにカッコよく

写りますね。

Cimg2802

ぜひ、みなさまご覧になってくださいませ。っと言うより・・・

雑誌を買ってお家でゆっくりご覧になってくださいね(笑)。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »