« KAWASAKI Z1 レストア記 はじまり | トップページ | Coming soon 近日発売予定! »

2018年5月13日 (日)

KAWASAKI Z1 レストア記 その1

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

KAWASAKI Z1 のエンジンを分解して、今現在のコンディション

を確認していきます。

Cimg2084


海外から持ち込まれた車両ですので、ODOメーターの走行距離は

あてになりませんが、けっこう走りたおしている感じです。

Cimg2095

バルブはスタンダードなのですが、ステムガイドも摩耗して

バルブはガタガタです。とうぜんバルブ・ステムガイドは交換

ですが、たぶんオーバーサイズのステムガイドが必要になりそうです。

ちなみにバルブクリアランス調整用のシムは2.50~2.70ぐらいが

入っていましたので、バルブシート面の修正だけで、

シートリング交換はしなくても良さそうです。

Cimg2093

バルブスプリング下部にあたるシートワッシャーがなぜだか?

2枚ずつ入っていました。カムシャフトはノーマルですので

スプリングの強化する必要もないのですが・・・

なんて粗い組み付けなんでしょう?

Cimg2104

ピストンはスタンダードサイズが入っています。オイルリングの

タイプからして最近リペアした感じはなく、古い物だと思います。

Cimg2102

それより、スリーブが常温で抜けてしまいます。

そりゃ調子悪いですよね。

Cimg2113

海外から持ち込まれた車両はオイルパンが加工してあったり

オイルポンプが加工してあるものも良く見てきましたが、これは

スタンダードです。ちょっと安心!!

クランクケースの合わせ面には2種類のシール剤が付着しており

最低1回はクランクケースを分解しているという事ですね。

各部洗浄・測定・点検して、まずはエンジンペイントを含めた

お見積りを出してみます。シリンダーフィンが3枚ほど割れて

いますし、各部ねじ山もつぶれていますので、それも修正

いたしましょう。






|

« KAWASAKI Z1 レストア記 はじまり | トップページ | Coming soon 近日発売予定! »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040297/73477336

この記事へのトラックバック一覧です: KAWASAKI Z1 レストア記 その1:

« KAWASAKI Z1 レストア記 はじまり | トップページ | Coming soon 近日発売予定! »