« KAWASAKI Z1 レストア記 その2 | トップページ | メカニックなら誰でも持っていると思います。手作りスクレッパー »

2018年5月24日 (木)

4気筒エンジンのキャブレータ取付けの際のちょっとしたコツをこっそりとご紹介いたします。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ゼファー750の調子が悪いので、キャブレータをオーバーホール

する事にいたします。

キャブを車体から取り外すのも結構難儀いたしますが、

きれいに清掃したキャブを車体に装着するのは、もっと難儀します。

キャブを横からねじ込むように入れていくと、ゴムのインシュレーター

などがよじれてしまい、インシュレーターやマニホールドを傷つけて

しまったりしてうまく入りませんよね・・・。

4気筒などの場合はほとんど同じように苦労する事でしょう。

Cimg4280

そんな時は、わたくしは、ホームセンターへ行き、

塩ビの薄いプレートを買ってきます。

Cimg4288

塩ビのプレートを適当なサイズに切り出して2枚用意して、

エンジンとエアクリーナーボックスの間に入るキャブレータを

挟み込むようにセットいたします。

Cimg4291

キャブをいつものように横から押し込んでいきますが、

インシュレーターやマニホールドの歪みを気にせずに

意外に力を入れなくても簡単にねじ込んでいけます。

Cimg4294

キャブレーターが定位置まできましたら、まずはエンジン側の

塩ビプレートを抜き取ります。そのあとは、ポコッと入るでしょう。

Cimg4296

次に、エアクリーナー側の塩ビプレートを抜き取ってほぼ完成

ですね。うまくいけば、数分で作業完了です。

Cimg4299

あっ!そうそう!!途中でスロットルケーブルの取り付けを

忘れないようにしてくださいね。

ちょっとした作業のコツをご紹介いたしました。

参考になさってくださいませ。














|

« KAWASAKI Z1 レストア記 その2 | トップページ | メカニックなら誰でも持っていると思います。手作りスクレッパー »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040297/73547992

この記事へのトラックバック一覧です: 4気筒エンジンのキャブレータ取付けの際のちょっとしたコツをこっそりとご紹介いたします。:

« KAWASAKI Z1 レストア記 その2 | トップページ | メカニックなら誰でも持っていると思います。手作りスクレッパー »