« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月22日 (木)

久々の2サイクルエンジンのメンテナンスです。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

久々に2サイクルエンジンのメンテナンスでございます。

Cimg3931

カワサキKSR-Ⅱ(80cc)がアイドリングしないんですよ~。

っと入庫いたしました。エンジンはすぐに始動するのですが、

スロットルを戻すと、すぐにエンジンが止まってしまいます。

キャブレータのアイドリングストップスクリューを目いっぱい

締めこみ、スロットルバルブを開けるのですが、どうしても

エンジンは力なく止まってしまいます。

キャブやチャンバーは点検してありますとの事ですので、

オーナー様の了承を得て、シリンダーヘッドを開けることに・・・

Cimg3936

やっぱりです!焼き付いています!もっと怖いことにピストンが

割れています!どうやら、エアクリーナーからキャブにつながる

インテークダクトが外れたままダートを走り、砂ほこりを吸い込み

シリンダーが焼き付き、それでも回ろうとするクランクに負けて

ピストンピン付近に負荷がかかり、割れたと思われます。

バラバラに割れる前に気が付いてよかったですね。

さて、組み付ける際の大切なメンテナンスですが、1次圧縮の

クランクケース内の洗浄です。

Cimg3954

洗い油(なければ、ガソリンにオイルを少量混ぜたもの)を

クランクケースになみなみと注ぎ、クランクを手でぐるぐる回すと、

出てくる出てくる・・・ギラギラした金属粉が・・・!

Cimg3958

汚れた洗い油を吸い取り、また綺麗な洗い油で同じことを

ギラギラした物が出てこなくなるまで繰り返します。

今回はご予算の都合でこんな感じのメンテナンスですが、

本当は、ケースを割ってクランク・コンロッドの点検・ベアリング

の交換をすることをおすすめいたします。

むかしTZでロードレースやってた頃はよくやったもので

懐かしい気持ちで、ほんのりしながらの作業でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

メカニックなら誰でも持っていると思います。手作りスクレッパー

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

手になじんだ工具は使いやすいものでして、それがスクレッパーで

あっても同じでございます。市販で売られている物でも

十分なのですが、使いやすいものを自分で作ったりもします。

Cimg3944


使わなくなりました金属のこぎりの刃を加工して、

使いやすい長さに切り、刃を付けてスクレッパーにいたします。

Cimg3939

細かい部分のガスケット剥がしなど様にいろんな形の刃の付いた

スクレッパーを作ります。

Cimg3953

この話しを、仲間のメカニックさんに話すと

「あっそれっ!俺も同じですよ!手作りスクレッパー使ってます」

ってほとんどの方が言いますね。

やっぱりね!!!(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

初心者様対象の「キャンプ&林道ツーリング 合宿」を定期的に開催いたします。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

オフロードバイクを買ってみたけど・・・うまく乗れないなぁ・・・
って方のための初心者様対象の
「キャンプ&林道ツーリング 合宿」を定期的に開催いたします。
参加ご希望の方は、くわしい内容をお店まで、お電話くださいませ。

土曜日の夜に出発いたしまして、お店から1時間半ぐらい走りますと
無料のキャンプ場がございまして、途中のコンビニで買い出しをして、
真っ暗の中、みなさんそれぞれに簡単なソロキャンプ状態で
キャンプ場で一泊いたします。
って言ってもほとんど野営状態ですね(笑)。

Cimg3540

むかしは、よくソロキャンプやったよな・・・おもしろそうだから
久しぶりにソロキャンプだけ参加しますよ!
なんて言って、20年ぐらい使ってない(使えたかな?)
テントやショラフをひっぱり出してきて、楽しそうに単車談義で
花が咲いている様子ですね。
今回は15人のソロキャンパーがそれぞれに夜をすごしましたが、
明日の出発は早いからはやく寝たらって感じなんです・・・(笑)。

Cimg3543

それぞれのスタイルで楽しんですね。

明日の朝は早いからね・・・もう寝たら・・・って感じですね

Cimg3546

テントを持ってこなかった方は、他人のテントと自分のバイク

にブルーシートをかぶせて、これだけでOKって言ってたよ。

風邪ひくなよ・・・。

翌朝、オンロードバイク組はワイディングロードを流しに行きます。
我々オフロードバイク組はキャンプ場に荷物を預けて、身軽な
格好でいざ林道へ出発です。

まずは、比較的平らな場所で、右まわり・左まわりを繰り返し走る
八の字走行を練習いたしますが、これまたグルグル回るだけなのに
おもしろいんですよね。初めは、おっかなビックリの走りかたですが
みるみる内にみなさん上達していきますよ。

Cimg3573

みなさん熱くなって走りまわります。転んでもたのしそうです。

Cimg3589

そうです!転んで上達するんです!!でも怪我しないでね。

Cimg3577

時間も忘れて、走り回ってますが・・・

明日、筋肉痛になりますよ(笑)

Cimg3585

みるみるうちに上達していきますよ。

Cimg3599

さてさて、林道へ入っていくのですが、みなさんさっきの練習が
効いたのか、とっても楽しそうに走っています。

これから梅雨入りしますが、梅雨が明けたらまた開催いたします。
みなさん走りたくてウズウズしてますから、お楽しみにね!
翌日に良い感じの筋肉痛がくることは間違いないですから(大笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

カワサキSHOPプレジャーのアイデアマンをご紹介いたします。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日は、プレジャーのアイデアマンであります「チーフ」を
ご紹介いたします。
実はわたくし店長の双子の兄弟でありまして、メガネ・ヒゲが
私とのちがいます。
お店をオープンした平成2年からずっと一緒に仕事しております。

Cimg3156

主にボディーパーツの造形・FRPパーツの製作・カスタムペイントを
しており、いろんな物を考えて作っております。

今回もオートバイを降りた際に、ヘルメットをひっかけるバーを
作ってましたよ。
ヘルメットをバックミラーなどに引っ掛けると、とても不安定で、
落としてしまう事もありますし、なによりヘルメットの内装を痛めて
しまいますからね。
使わない時は折りたためるように、他車種のタンデムバーを
利用して、ちょちょちょい!と作ってましたよ(笑)。

Cimg3159

使わない時には折りたたんでおきます。

Cimg3158_2

こんなものを作ってほしい!なんてものがあればなんでも
ご相談くださいね。チーフががんばって考えますから(笑)。
チーフの口癖は、
「何も無い0(ゼロ)から1(イチ)を創り出す事は大変なんだよね・・・」
って言ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

カワサキの瓦せんべいの柄にあるバイクはなんだろう?

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

カワサキの「瓦せんべい」ってご存知ですか。熱烈なカワサキファン

の方なら、食べたことあるのではないでしょうか?

Cimg3466

神戸の明治創業の老舗菓子屋さんが作っています瓦せんべいに

カワサキオリジナルの焼き印がしてあるんです。

とってもおいしいお菓子なのですが、この焼き印の一つに

オートバイの柄があるのですが・・・なんの機種だろう?

Cimg3469

古い資料をひっぱり出してきて、瓦せんべいと比べて探してみます。

たぶん1967~1968 の A7(Avenger)ではないだろうか?

はじめは W1 あたりと比べてみましたが、やっぱり A7 にしか

見えませんね。

Cimg3472

って古い資料を見ていたら、とっても気になる車両がありました。

1974年 G4TRA(Agi Bike)というモデルでございます。

Cimg3475

2ストロークエンジン100ccでスコップが標準装備されています。

たぶん海外での広い草原を走るのに適したモデルで、今現在の

ストックマン250というモデルの前掲モデルなんでしょうね。

一番気になっているのは、スコップです!

もし標準装備ならカワサキ純正パーツなんでしょうかね?

カワサキロゴ入りのスコップあるなら、マジで手に入れたいですね。

瓦せんべい食べながら、へんなところに食いついた店長でした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

メンテナンスのコツ  テーパーローラーベアリングのグリスアップ方法

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Cimg3391

ステムベアリングなどに採用されておりますベアリングで

テーパーローラーベアリングという物があります。このベアリングは

一般的に、縦・横の双方に荷重がかかる場所に使われておりまして

ステアリングなどの耐荷重が求められる部分に採用されています。

このステムベアリングが摩耗したり、サビたりして動きが悪くなると

ハンドリングが悪くなり、乗りづらくなりますね。

Cimg3383

さてこの新しいベアリングにグリスを塗りつけるのですが・・・

普通に塗っていては、ベアリングの中にまでグリスが入っていきません。

Cimg3384

そこで、手のひらにグリスをたっぷりだして、そこにベアリングを

押し当てながら、ベアリングの中にまでグリスを入れていきます。

Cimg3387

こんな感じで、中にグリスが入ればOKです。

あ~~また手がベタベタになっちゃった(笑)。

手に残ったグリスは、もったいないので、こそぎ取るように集めて

グリスチューブに戻しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ