« 細かい事ですいませんが、このひと手間が大切なんです。 | トップページ | 今年はコイツで旅に出かけます。VERSYS-X 250 カスタム車作ってます! »

2017年5月13日 (土)

暇な訳ではありませんが、Windmill アンティークライターのリペアをいたしました。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日、名古屋は朝から雨です。
土曜日ですが雨なので、飛び込みのご来店作業が無いので、
たまっている作業が落ち着いてできます。

暇な訳ではないのですが、朝から老眼を駆使して仕事前に
壊れてしまったライターのリペアをいたしました。

Cimg2723

1960年代ごろのWindmill(ウインドミル)のオイルライターです。
発火石に接触するローター部分が粉砕しているので、一度分解して
壊れているパーツをちょちょっと作り直して、意外に簡単に直って
しまいました。

Cimg2376

上からレバーを押してやると、芯をフタしているカバーが開き
同時にしゅぼっっと発火石でやさしい火が灯ります。

Cimg2380

私のおじいちゃん(明治生まれ)の形見のライターなんです。

なんだかやさしい火をみていると落ち着きますね。
えっ?変態ですかね?

|

« 細かい事ですいませんが、このひと手間が大切なんです。 | トップページ | 今年はコイツで旅に出かけます。VERSYS-X 250 カスタム車作ってます! »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040297/70550726

この記事へのトラックバック一覧です: 暇な訳ではありませんが、Windmill アンティークライターのリペアをいたしました。:

« 細かい事ですいませんが、このひと手間が大切なんです。 | トップページ | 今年はコイツで旅に出かけます。VERSYS-X 250 カスタム車作ってます! »