« いつも通りちゃんと営業してますよ。 | トップページ | 古くなったガソリンは臭いんです。最強の液体兵器です。 »

2017年4月27日 (木)

Ninja ZX-12R エンジンメンテナンス その8

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Ninja ZX-12R エンジンメンテナンスの最後のレポートになります。

エンジンを組み上げて、洗浄を終えたスロットルボディーを組み付けます。
インテークチャンバー(エアクリーナーボックスのエンジン側)もけっこう
吹き替えしで汚れていますので、綺麗に洗浄してくださいね。

Cimg1287


このタイプのスロットルバルブの同調調整機構は1・2番と3・4番のバルブは
同軸に固定されており、2番と3番の間(中央部分)で調整できるだけの
物になります。

Cimg0710


そのために、インテークマニホールドの負圧調整は、スロットルボディーの
下部にありますスクリューで微調整いたします。とうぜんそのスクリューの
先端もカーボンが付いていますので、磨きあげておきます。

Dscf8851

すべて組み上げて、エンジンを始動して、十分暖機運転を済ましてから、
バキュームゲージでスロットル全閉時の各気筒の負圧を測定いたします。
先ほどのスクリューを一度全部締めこんで閉じた状態から、徐々に開けて
いき、4気筒の負圧を揃えます。
これで、アイドリング回転の安定に繋がります。

Cimg1318

Cimg1303

せっかくエンジンの腰上をメンテナンスしたんで、ここまで細かい作業を
しておかないとね。

|

« いつも通りちゃんと営業してますよ。 | トップページ | 古くなったガソリンは臭いんです。最強の液体兵器です。 »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040297/70393901

この記事へのトラックバック一覧です: Ninja ZX-12R エンジンメンテナンス その8:

« いつも通りちゃんと営業してますよ。 | トップページ | 古くなったガソリンは臭いんです。最強の液体兵器です。 »