« Ninja ZX-12R エンジンメンテナンス その8 | トップページ | GPZ900Rメンテナンス中です。まもなく、とっても綺麗なリニューアルバイクが完成いたします。 »

2017年4月28日 (金)

古くなったガソリンは臭いんです。最強の液体兵器です。

こんにちはプレジャーの店長でございます。

3年ほど動かしていないので、エンジンが始動しなくなりました。
っていうスーパーシェルパが入庫いたしました。

バッテリーは完全に上がってしまってますので、新品交換です。
フューエルタンク内を確認いたしましたが、問題なさそうですので、
キャブのドレンから古いガソリンを抜いてしまえば・・・・・
と思いましたが。そうです!強烈な臭いを発する液体が出てきました。

Cimg2128

キャブレータのオーバーホールになりました。
この古くなったガソリンは厄介な物でして、ガソリンは浸透性が良い物
ですから、キャブレータの奥深くの細い通路まで入り込んだまま、
揮発してしまい、添加剤がドロドロになって残ってしまい、通路を
塞いでしまっている場合が多いんです。

Cimg2104

キャブレータクリーナーにドブ漬けして、洗浄していきます。
ゴム系のパーツはすべて交換になります。

Cimg2135

洗浄後にフロートバルブのガソリン油面を調整して組み上げます。

Cimg2139

Cimg2143

それにしても、この液体が臭いんです!手に付くと洗っても洗っても
臭いが残り、飯が食えなくなるぐらいの最強液体兵器なんですよ・・・。

オートバイのメンテナンスをしているメカニックなら経験ありますよね。

最強の神経を刺激する液体兵器の存在を・・・。

|

« Ninja ZX-12R エンジンメンテナンス その8 | トップページ | GPZ900Rメンテナンス中です。まもなく、とっても綺麗なリニューアルバイクが完成いたします。 »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040297/70403396

この記事へのトラックバック一覧です: 古くなったガソリンは臭いんです。最強の液体兵器です。:

« Ninja ZX-12R エンジンメンテナンス その8 | トップページ | GPZ900Rメンテナンス中です。まもなく、とっても綺麗なリニューアルバイクが完成いたします。 »