« 2015年4月 | トップページ | 2017年4月 »

2015年5月

2015年5月28日 (木)

キャブレータO/H その6

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

キャブレータO/H最終回でございます。キャブレータを車体に装着してエンジンをかけながら最後の調整でございます。多気筒エンジンの場合は各気筒の同調を調整いたします。インテークマニホールドの負圧を測定しながら、スロットルバルブ(バタフライ)の開き具合を微調整いたします。

Imgp5796

各気筒の負圧を測定いたしますと・・・こんな感じでバラバラになっています。スロットルケーブルが3番キャブにつながっているならそれが基準になります。となりの2番キャブのスロットルバルブ開度を各キャブを連結している部分のアジャストスクリューで調整いたします。そして、2番から1番または3番から4番を順次合わせていきます。

Imgp5809

同調の調整中にアイドリング回転が変化する場合がありますので全体の吹け上がり方なども見ながら調整していきます。このとき、アジャストスクリューは締め込みながら調整するのではなく、緩める方向で調整していきましょう。なぜならアジャスト部分にスプリングが付いており、常にこのスプリングが伸びようとする力がかかっていますので、締めこんで(スプリングをちじめる方向)調整すると知らない間にすこし戻ってしまうからです。

Imgp5799

同調調整が終わりましたら、軽くスロットルを開け閉めしてみて、負圧のかかり方や調整が狂ってこないかをチェックしてから、最後にパイロットスクリューでアイドリング時のエアもしくは混合気の微調整をしてすべて完了です。これで生き返りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

キャブレータO/H その5

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

先日からの続きでキャブレータの組付け・調整でございます。フロートレベルの調整ですが、基本的にノギスで測定してサービスデータと比較して、必要であれば調整いたします。

Imgp6327_2

フロートバルブには小さなスプリングが付いていますが、このスプリングが縮んでいない所を測定いたします。イメージとしては・・・ふわっとフロートがバルブを閉じる瞬間の位置を測定いたします。

Imgp6324

フロートレベルを合わせるには、ちいさな爪を動かして調整いたします。多気筒モデルであれば、すべて調整して揃えなくてはいけません。このレベルはガソリンの油面の高さですので、すべての基本になってきますので、妥協はできませんよね!Imgp6325

さ~~て、明日は、組み付け後に実際にエンジンを始動して同調調整でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

キャブレータO/H その4

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

キャブレータを分解した際に、キャブレータのインナーパーツが磨耗していて良否の判定が難しい事は良くあります。「これって使える?」「この程度で交換が必要なのかな?」って事なのですが・・・ちなみにこの写真はGSXです。

Imgp2083

ニードルが磨耗しております。これぐらいは大丈夫かな?って思うぐらいですが正直言ってダメです!

Imgp2085

ガソリンと空気の霧化した混合気の供給量を決定する大切な部品です。

Imgp2086

ニードルが磨耗していれば、そのニードルが入るホルダーやジェットも当然磨耗しておりますのでこれも一緒に交換です。

Imgp5127

スロットルバルブ がキャブレータボアの形で磨耗しております。すごいスピードで「カタカタッ・・・」動いているのでこんな形で磨耗するんでしょうね。こうなれば、スロットルを戻した際にすばやくバルブがひっかかり戻らない事もあるので、ひどく磨耗している場合は交換です。

さて、この次は組み付けていきます。お楽しみにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月22日 (金)

キャブレータO/H その3

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

さて、キャブレータの組付けでございますが、車種によってはインナーパーツで気をつけなければいけない事があります。例えば・・・4気筒の場合は1・4シリンダーと2・3シリンダーのキャブでインナーパーツが違う事があるんですよ。2・3シリンダーは1・4シリンダーより熱の影響があるので、それを考慮してあるのです。

Imgp6319

この写真はバリオスⅡのメインジェットとホルダーですが、1・4と2・3の構成パーツが違うんですよ。一見してはわかりませんが、メインジェットの番手(穴の大きさ)が2・3のもうが若干小さかったり、ホルダーのエアブリードの穴の数が違っていたり、ニードルの番手(太さやテーパーの違い)が違っていたりします。間違えないように組み付けていきましょうね。

Imgp6323

また、この写真はフロートバルブの先端がフロートの高さ調整する為のアーム部分ですが、フロートバルブが当たっているところが、ポツッと磨耗しているのが解かりますね。これでフロートレベル(ガソリンの油面高さ)が変わってしまいますので、微調整が必要になります。

このあとは、また今度・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

キャブレータO/H その2

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

きのうのキャブレータO/Hの続きでございます。キャブクリーナーに漬け込んでヨゴレを取りました。

Imgp6422

Imgp6423

あんなにコテコテだったタール状になったヨゴレもこの通りキレイになりました。メインジェットやスロージェットなどの穴のつまりは、できるだけ硬い針金などで通すのではなく、クリーナーで溶かしこんでこださい。硬い物で穴の内部を傷つけないようにいたしましょう。

Imgp6424

ニードルやパイロットスクリューなどの先端は、コンパウンドで磨いてはいけませんよ!磨き粉(コンパウンド)が入っていないクリーナーで根気よく磨き上げましょう。

Imgp6421

キャブレーター本体のボア部分もキレイにしたら、各通路が正確に通っているかを点検して異常なければ、あとは慎重・正確に組み付けていくだけです。

組み付けはまた今度・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

キャブレータO/H その1

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

12年間動かしていないバイクのキャブレータオーバーホール編を数回に分けてお伝えいたします。

Imgp2965

まずは、メインジェットやスロージェットやニードルホルダーなどの分解できますパーツをキャブレータ本体から取り外します。見ての通りコテコテになってます!・・・すごい臭いです!cryingファクトリー中この臭いが充満いたします・・・shock

Imgp5755

ゴムパーツは除き、すべてキャブクリーナーの液に漬け込みます。キャブレータ本体の細かい通路にまでキャブクリーナー液が浸透するように何度もひっくりかえしながら、じっくり漬け込みます。よごれの具合によりますが・・・今回は・・・約1時間です。市販で売っているスプレータイプではぜんぜん効果がありませんので、やはりこの漬け込みタイプでないといけません。あまり長い時間漬け込むと・・・アルミをボロボロにしてしまいますので、状態をよく見ながら漬け込みます。

さて後は・・・また今度・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

ブレーキの引きずり

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

新車から10年以上乗ってきて最近ブレーキが引きずる感じがします。っと入庫いたしました。ブレーキキャリパーのシールを交換しようとオーバーホールいたします。

Dscf5105

分解前の外観はとっても綺麗だったのですが、ダストシール・ピストンシールを取り外してみると、ブレーキフリュードが水分を吸って汚れも混じって固形化しています。細いピックでコリコリするといっぱい出てきます。

Dscf5109

すべて洗浄してブレーキパッドの面取りもしてゴム製のシール類は新品交換です。

Dscf5112

今回はピストンにサビもありましたが、ピストンシールのかかる場所ではないので磨いて再使用します。しかしサビがひどい場合は交換ですね。定期的にブレーキフリュードを交換していても汚れは蓄積されてきますので、乗っていて少しでもおかしいな?っと思ったらやはりオーバーホールをおすすめいたします。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

Ninja250SLのリヤキャリヤ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

最近、ワンオフでリヤキャリヤを作成する仕事が増えています。一般的に販売されていますキャリヤの耐荷重に不安があったり、キャリヤ本体の形状が自分のイメージに合わなかったりして、結果的にワンオフで作るお客様が増えています。

Dscf0989

スーパーライトウエイトでデビューいたしました「Ninja250SL」のお客様からリヤキャリヤのお問い合わせをたて続きに5件ほどお受けいたしました。まだ何処からも発売されていませんよね・・・。

Imgp0510

わたくし的に思いますのは、Ninja250SLはリヤボックスを装着して使用しても似合わない車種だと思っていましたが、実際に全国からお問い合わせいただくお客様からお話をお伺いいたしますと、いろいろ事情があるみたいで、頑丈な物であれば多少高価なワンオフでもほしいんですけど・・・と言われます。

Dscf4820

お問い合わせ、ご依頼が多いようであれば製品化しても良いのですが、Ninja250SLのオーナー様・購入検討中のお客様にいろいろお話をお伺いできればと思います。タンデムシートは無くなっても良いので頑丈な物がいいのか?ボックスを乗せないので簡単なものでいいのか?タンデムシートは絶対必要なのか?いろいろお伺いしたいです。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

Z1000リヤキャリヤ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

先日から作業をすすめていました「Z1000のワンオフリヤキャリヤ」が完成いたしました。

Dscf5040

タンデムシート部分に装着するキャリヤを作りました。一般的なリヤキャリヤはタンデムシートの後ろに位置しますので後ろに飛び出しすぎのような感じですよね。BOXいっぱいに荷物をいれると結構な重量になり強度が必要ですので、ステンレスでガッチリ作りました。

Dscf5038

タンデムシートカバーもFRPで作りました。車体色にペイントすると純正パーツっぽいでしょ(笑)。

Dscf5039

タンデムシート下のスペースにもアクセスできるようにフタも作りました。鍵はかからないですが車載工具の出し入れぐらいはできます。サイドにもソフトケースのパニアも付けましたので、長距離の旅も快適に行けますね。お土産たくさん買ってこれますよ(笑)。






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

クラッチのメンテナンス

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

このところ毎日クラッチのメンテナンスをしています。Ninja1000にスリッパークラッチを装着したり(4台ほどたて続きに)、クラッチの切れないエストレアやクラッチのすべるエリミネーターヤや・・・。

Dscf5009

クラッチは複数のプレートで構成されています。金属でできているプレートが滑った結果焼けてしまってます。微妙な歪もあります。

Dscf5007

クラッチ板を一番外側から抑え込むオペレーションプレートも摩耗しており歪んでしまっています。

Dscf5015

写真では解りずらいのですが、測定工具で確認いたしますと歪んでガタガタになってます。この車両は、クラッチの切れが悪く、さらにパワーバンドに入るとクラッチがすべってしまいます。こんな状態で乗り続けていたのですが、最近あまりにも症状がひどくなってきたのでメンテナンスに入ってきたんですよ。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

近江町市場での朝食

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ゴールデンウィークを利用しての日本海ぶらり旅の2日目です。金沢で宿を取って2日目は朝からあいにくの雨模様です。雨の中走り回るのはやめて、朝早くに近江町市場へ朝ごはんを食べに行きました。観光市場ですので朝9:00ぐらいの開店に向けて準備しているお店ばかりです。そんな中でもガイドマップに載っているお寿司屋さんには行列ができています。朝早いのでどのお店も準備中ですが、その中で市場の片隅の小さなお店で「かに汁」の看板を見つけておみせのおばちゃんに声をかけます。

Cimg1016

「今、カニ汁作っていてもうすぐできるから・・・今焼きたてのたまご巻でも食べて待っていてね!」って、市場の片隅でいただくコレはうまいです!雰囲気が良いからでしょうかね。しばらくして「カニ汁」の登場です!

Cimg1015

昨夜はちょっと飲みすぎたので、朝の味噌汁が特別美味いですね!そのあとノドグロのお寿司もいただいて観光客で活気のある市場内をウロウロしてまいりました。

Cimg1022

なんじゃかんじゃでお昼近い時間になったので、漁師豪快丼をいただいてから、雨の中高速道路で一気に名古屋まで帰ってきました。あ~~ぁ食べてばかりの旅でしたね!来年のこの時期も美味い物めざして走りまわるぞ~~!







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

金沢での晩酌

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日からの続きで、日本海ぶらり旅で金沢で一泊いたしました。新幹線開通で繁華街は観光客でごった返しており、みなさんガイドブックらしい物を手に有名店の行列に並んでいます。ガイドブックに載っているお店やホームページが充実しているお店は予約がないと食事ができないぐらい混みあっています。って事で路地裏のまたまた路地裏に入り込み観光客が来ないような所に行きます。

Cimg0991

まずは一軒目は、狭いカウンターに4人しか入れないお寿司屋さんで一つまみいたします。お昼ご飯をガッツリ食べましたので、まだあまり腹が減っていないので、ほとんど飲みがメインですね。

Cimg1002

2軒目はまたまた路地裏の小さな割烹料理屋さんでホタルイカのしゃぶしゃぶです。時期的にはホタルイカも最後なんですが、おいしくいただけました。

Cimg1005

熱々の出汁に2~3秒ほど潜らせていただきます。生でも食べられるけどねって言われましたが、しゃぶしゃぶの方がトロトロ感を楽しめます。

Cimg1001

お店の板長さんが、真フグの卵巣ありますよ!って・・・えっ?猛毒の部位じゃないですか?大丈夫なんですか?初めて食べましたが塩辛いだけでした・・・。なんだかんだで5軒のお店をはしごして眠りにつきました。金沢の人ってやさしい人ばかりですね。安心してたのしいひと時を過ごせましたよ。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

越前海岸での昼食

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ゴールデンウィークを利用しての日本海側ぶらり旅で、越前海岸で昼食をとりました。やっぱり海鮮ですよね。

Cimg0971

まずは、鯛の白子です。さっきまで水槽で泳いでいた鯛をさばいていただきました。とろとろ食感で美味ですね。

Cimg0972

またまた先ほどまで水槽で泳いでいた、やりイカの御造りです。コリコリでこれまた美味でした。

Cimg0978

さらに岩ガキをいただきました。お店の方いわく・・・すこし小さ目だけど美味いよ!って・・・。

Cimg0974

これで2人前だそうです。うまいし安いし・・・お昼からこんなに贅沢しても良いんでしょうか?まったり食事をして今夜のお宿の金沢へ向かいます。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

オヤジのわがまま旅

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ゴールデンウィークのお休みを利用して日本海側へ旅に出かけました。まずは越前海岸の「浜茶屋 多来福」でイカ焼きを食べます。ぶらり旅ですが、8人の暇人が集まっての無計画ツーリングです。

Cimg0967

海岸線にポツとある小屋ですが、電話しておけばここで美味い物を食べさせてくれるんですよ。

Cimg0953

私たちが到着すると同時に炭火でイカを焼き始めます。「熱々が美味いからなぁ!」って口数少ない親父さんがボソッと一言いって焼いてくれます(笑)。

Cimg0952

「イカが焼けるまでにこれでも食っとけ!」ってサバの浜焼きが出てきました。これ一本で腹いっぱいになっちゃいますよ。

Cimg0962

焼き上がったばかりのイカ焼きを食べ終わったころには、マジ腹いっぱいです。フグの味噌汁付けてくれて8人で6,000円だって?びっくりするお味にびっくりするお値段ですね!昼飯前のおやつ感覚でしたが、もう腹いっぱいですので、ここでまったりしてから次に進みましょうかね。時間はたっぷりありますから(笑)。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

ゴールデンウィーク連休のお知らせ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ゴールデンウィーク連休のお知らせでございます。

5月3日~6日の4日間は店休とさせていただきます。

私は愛車に乗って北陸方面にぶらり旅に出かけます。時間も目的地も決めずに、温泉と美味い物を求めての~~んびり走ってくる予定です。ゴールデンウィークのこの時期は意外に日本海側ってすいているんですよね。海岸線は信号も少なくてストレスなくライドできますので、のんびりツーリングには良いですよ!

Dscf7222

毎年この時期に行くのですが、今年もサバの浜焼きやイカ焼きを食べてこようと思います。

Dscf7259
Dscf7217

海鮮どんぶりも捨てがたいですね。時間はたっぷりありますから食べまくってこようかな!

Dscf7194

お店がお休みの間は、みなさんにご迷惑をお掛けすると思いますが、帰ってきたら美味い物情報を発信させていただきますので、なにとぞご理解くださいませ。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

リヤドラムブレーキに違和感が・・・。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

リヤのドラムブレーキでブレーキペダルを軽く踏み込むと、ブレーキペダルがガタガタして何だか違和感があります。

Dscf4873

さっそくリヤホイールを取り外してドラムブレーキの確認をいたしますと、ブレーキドラム内側にブレーキカスなどがびっしりこびり付いています。サンドペーパーで軽くこすり取ると、ドラムの内側半分だけが異常に錆びています。長時間乗らずに野外放置されていたらしく、上下ブレーキシューのうち下側のブレーキシューの部分だけ錆びています。ドラム内側と下側ブレーキシューの隙間に雨水などが浸入して、なかなか乾かずに結果的に錆びてしまったのでしょうね。サンドペーパーでなるべく慎重にサビ取りをしてしばらく乗ってみて様子をみましょうかね。しばらく乗っても違和感があるなら・・・ドラム(リヤホイールハブ)の交換ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2017年4月 »