« ローラーベアリング | トップページ | フロントフォークのメンテナンス »

2015年4月 6日 (月)

フューエルコックについて・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日、お客様からお電話にてフューエルコックについてのお問い合わせがありましたので、今回は以前書いた記事を再度投稿させていただきます。

フューエルコックのONで走行していてガス欠になったので、RESに切り替えてまだ少しガソリンが残っているはずなので、とりあえずガソリンスタンドまで走れるはず・・・えっ?・・・ガソリンが一滴も入っていない?なぜ?

信じられないのですが、こんな事があります。

Imgp8501

ゼファーやZRXに多いのですが、ストレーナーが長いほうが ON で短いほうが RES のガソリン吸い込み口です。この長いものと短いものとの差の分がリザーブ分のガソリンの残る分なんですよ。しかし・・・この長いストレーナーが根本から脱落してしまう場合があります。そうなってしまうと、フューエルタンクの底部分から全部ガソリンが流れ出てしまうので、完全にガソリンは無くなってしまいます。

Imgp8499

とうぜんフューエルタンクの底にたまっているゴミやサビがキャブレーターにまわってしまい、とってもマズイですよね。ちなみに上の写真の左側はそうゆう事にならない為の対策されたパーツでございます。

|

« ローラーベアリング | トップページ | フロントフォークのメンテナンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フューエルコックについて・・・:

« ローラーベアリング | トップページ | フロントフォークのメンテナンス »