« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

Ninja250SL プレジャーブラック仕様

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

只今大人気の「Ninja250SL」をご検討中のお客様から「ブラックがあればなぁ・・・」とお問い合わせがたくさんありました。メーカーの発売カラーはライムグリーンとレッドの2パターンで、ブラックが無いのならプレジャーでブラック仕様をご用意させていただく事となりました。

Dscf4904

プレジャーブラック仕様の車両本体価格は税込520,000円でございます。

Dscf4911

Dscf4912

メーカーがご用意しておりますライムグリーンと比べますと、プレジャーブラック仕様の方がコンパクトに見えますね。精悍さは増した感じです。只今ご予約をたくさんいただきましたが、車両入庫後に純正カラーをブラックにペイントいたしますので、納車までに少しお時間をいただかないといけません。ご予約はお早目にね。

その他、お客様のお好みのカラーでペイントいたします「わがままカラーオーダー」も承っておりますので、自分だけのカラーリングにしてみませんか?「わがままカラーオーダー」の価格はペイント内容により変わりますので、店頭にてお問い合わせくださいませ。直接、弊社在住のペインターにわがまま言っちゃってくださいませ(笑)。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月29日 (水)

ワンオフのキャリヤ その2

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

先日から製作しておりますZ1000のリヤキャリヤですが、FRPカバーも出来上がりました。

Dscf4817

3分割のカバーでございます。リヤシート下の収納スペースも利用できますようにフタも作りました。

Dscf4823

装着いたしますとこんな感じになります。あとは、キャリヤをパウダーコーティングして、FRPのカバーを車体色にペイントいたします。

Dscf4843

リヤボックスと両サイドのソフトケースバックを装着いたしますとこんなイメージですね。たくさん荷物も入りますので、長距離の泊りツーリングも楽になりますね。お土産たくさん買ってこれますね(笑)。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

ワンオフのキャリヤ作成

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Z1000のリヤキャリヤをワンオフで作成しております。大きなリヤボックスを装着したいのですが、市販品は剛性に不安がありますし、タンデムもしないという事ですので作成に取り掛かりました。

Dscf4788

タンデムシートを取り外してそこにキャリヤが付きます。そうなるとタンデムシートの代わりのカバーも作らないといけませんので、FRPでカバーを作ります。まずは厚紙で型を作ります。さてさてどんな形状にいたしましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

スパークプラグの交換時期

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

スパークプラグの交換時期は?ってお客様によく質問されます。オートバイの車種の違いやプラグの種類や使用状況によって変わりますので、一言では言えないのですが、よく使っても10,000kmで交換をおすすめしています。ちなみにプラグメーカーさんは通常のタイプは3,000kmで交換をおすすめしています。

Dscf4780

イリジウムプラグは耐久性がありますが、コレも10,000kmで交換をおすすめしています。中心電極は耐摩耗性の高い材質ですが、外部電極が摩耗してしまいます。プラグギャップもとても大切な要素なんですよ。車は使用回転域も低いので、イリジウムプラグの場合は半永久的に交換しないそうですが、オートバイは車の3倍近い回転域を使用しますエンジンですから、定期的に交換した方が良いですね。敏感に感じるライダーさんはプラグ交換すると違いにすぐに気が付きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

アシスト&スリッパークラッチ その2

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

アシスト&スリーパークラッチは正回転にはより滑らないように、高負荷時のバックトルクがかかった時にクラッチを滑らしてくれる構造です。

Dscf4657

クラッチボスには斜めに造形された部分が3カ所作ってあります。

Dscf4656

さらに、クラッチプレートとフリクションプレート全体をスプリングで抑え込むオペレーションプレートにも3カ所の斜めに造形された部分があります。バックトルクがかかった際にこのテーパー部分がずれて、抑え込んでいるスプリングを押し上げてクラッチを滑らせるのですね。下の画像ですと右側の絵ですね。

13ex300a_cg_as_clutch1

正回転時には上の画像の左側の絵のように逆テーパーで食い込むようにハブとオペレーションプレートが働き、クラッチプレートとフリクションプレートを押さえこむ構造になってます。これがあるから3本のクラッチスプリングで済むので、クラッチレバー操作が軽くなるんですね。

Dscf4669

クラッチプレートの一枚には、間に板状のばねが挟み込んであります。急激にクラッチが離れたりつながったりしたときにココで衝撃を吸収するんでしょうね。高負荷がかかった時にはクラッチは滑ってほしくないし、エンジンブレーキ時のようにバックトルクがかかった時にはクラッチは滑ってほしいし、クラッチレバー操作は軽くしたいし・・・すべてがバランスよく設計されているんですね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

アシスト&スリッパークラッチ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

2015年のVERSYS1000にはアシスト&スリーパークラッチが装備されており、高負荷時の確実な駆動力伝達に加え、軽いレバー操作で扱いやすくなっています。今回は2013年式のVERSYS1000に取り付けます。

Dscf4644

右側がノーマルの通常のクラッチです。左側がスリッパークラッチですが、クラッチスプリングが3本なのでクラッチ操作が軽くなっています。ワイヤー式のこのモデルでは驚くほど軽く感じますね。

Dscf4650

フリクションプレートが9枚入ってますが、3種類の厚みが用意してあり、すべて組み込んで全体の厚みを確認いたします。サービスデーターのサイズに合わない場合は、厚みの違うフリクションプレートで調整いたします。Ninja1000などにも流用できそうですので、クラッチ操作を軽くしたい方はご相談くださいませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

初心者さまオフロード体験試乗会

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日は三重県鈴鹿市のスズカツインサーキットで「K’sMEET」が行われました。新型車の展示試乗会なのですが、朝からあいにくの小雨模様でした。

Imgp76841

サーキットの会場の片隅にありますフラットダートを利用して「初心者さまのオフロード体験試乗会」を行いました。

Imgp76721

名古屋市内のカワサキ専門店3店舗合同のイベントですが、小雨模様がどう出るか?ダート路面は汚れない程度の良い感じのウエットですので、初心者さまでも十分楽しめるのですが、ご来場者様がどれだけ集まってくれるかな?

Imgp76931

AM10:00頃には天気予報とは違い小雨も止んで雲の間から時折太陽も覗いて見えてきました。オフロード初体験のお客様もどんどん集まってきてくれました。

Imgp77271

フラットダートにパイロンを並べて簡単なコースを走っていただきます。ワーワーキャーキャー言いながらみなさん楽しんでいただきました。初めは怖い怖い・・・って言っていたお客様も簡単なレクチャーで楽しく乗れるようになるんですよ。

Imgp77261

ちょっと慣れてくるとオフロードバイクを使って簡単なゲーム走行なんかして大盛り上がりの会場になりました。

Imgp77291

なによりうれしかったのが、オフロードが気に入って「こんなに面白いなんて知らなかったよ!KLX125買うよ!」ってその場でご商談させていただきました。やっぱり乗ってみなきゃ楽しさは解らないですからね(笑)。















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

K'sMEET 鈴鹿ツインサーキット

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

4月19日(日)は三重県の鈴鹿ツインサーキットで「K’s MEET」が開催されます。新型車の展示試乗会などたくさんのイベントが行われます。

http://www.kawasaki-motors.com/event/EventInfo?seq=3386&contents=1&year_select=2015&month_select=04

今日はその会場での弊社のブースに展示します商品のPOPを作っております。

Dscf4540

Ninja250のオリジナル商品のご紹介POPです。どうやったら解りやすく、目立つようにアナウンスできるかな?

当日、私たちは会場のフラットダート部分を利用して「初心者様のKLX125オフロード体験試乗会」をやってますので、遊びに来てくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

ホイールリムのサビ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

古いスポークホイール(鉄リム)のタイヤ交換です。外側から見ると、それほどサビなどは無かったのですが、タイヤを取り外してみてリムの内側を見てみると結構サビがあります。

Dscf4499

固まったサビをそのままにして組み込むと、剥がれたサビの塊でチューブを傷つけてしまう恐れがありますので、できるだけ削りとっておきます。その後サビの進行を抑えるために錆止めの溶剤を塗布しておきます。結構手間がかかりますが、見えないところにも気を使いましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

タイヤの片摩耗

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

スピード出すとフロントがブルブル震えだすんですが・・・と入庫しました車両ですが、よく見るとフロントタイヤが片摩耗しています。

Dscf0213

タイヤの溝は十分にありますが、おおきなウロコを張り付けたように特に中央部が片摩耗しています。タイヤの空気圧が異常に低かったので正規の空気圧に調整しましたが、片摩耗していますのでこのままではハンドルの振れは止まらないでしょうね。タイヤの空気圧の点検は最低2週間に1度は行ってくださいね。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

ボロボロのエアエレメント

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ZZR1100のCタイプのエンジンの始動性が悪いのでスパークプラグの交換をしようと思いまして、プラグ交換のためにエアクリーナーボックスを取り外します。

Dscf4448

中から出てきたエアエレメントがボロボロになっています。触った途端に形がくずれてしまうぐらいひどい状態です。

Dscf4478

キャブレーターにボロボロになったスポンジが吸い込まれています。

Dscf4479

エアエレメントの交換とキャブレーターの洗浄も追加されましたので、プラグ交換だけのつもりが時間かかる作業になってしまいました。でも今、気が付いてメンテナンスできてよかったんじゃないでしょうか。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

B11試運転

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

以前から進めてまいりましたB11(1966年式)のメンテナンスが一段落いたしました。

Dscf4461

ゴムホース類の交換・キャブレーターO/H・オイルポンプO/H・フューエルコックO/Hなど各部のガスケットなどを作成しながらのメンテナンスで時間はかかりましたが、なんとかエンジンも始動できて試運転に入ります。

Dscf4457

思ったより煙も少なくて調子良いですね。4速ロータリーミッションで、ニュートラルから一つ踏み込んで1速で、すべて踏み込んでいくと2・3・4速にシフトアップいたします。4速に入るとメーター内のTOPギヤランプが点灯いたします。さらにチェンジペダルを踏み込みとニュートラルランプ点灯と共にニュートラルに戻ります。シフトパターンに慣れないといけませんね(笑)。試運転してみて・・・クラッチが滑ります!さらにメンテナンスは続きますね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

Ninja250SL

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Ninja250SLが来ましたよ!実車にまたがってみるとすぐにでもワイディングに出かけたい気分になりますね。でも今日は雨なので・・・登録も済んでいませんので、またがるだけです。

Dscf4463

とりあえず試乗車用で入庫いたしましたが、ご注文いただいておりますお客様の車両も随時入庫いたしますので、もうしばらくお待ちくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

フロントフォークのメンテナンス

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

走行距離を重ねてきた時にフロントフォークをメンテナンスいたしますと、乗り心地が良くなるように感じます。サスペンション・ショックアブソーバーは徐々にへたってくるので意外に気にしない方も多いのですが、できればフロントフォークは2万キロおきにオーバーホールしてメンテナンスしたいですね。

Dscf4342

このタイプは普通のテレスコピックタイプで構造は簡単です。最新型のアップサイドダウン(倒立)タイプはもう少し複雑な構造ですが、同じようにメンテナンスが必要です。

Dscf4343

フォークにはスライディングブッシュやピストンと呼ばれるパーツがあります。インナーチューブとアウターチューブとがスライドする部分のパーツで、一般的にスライド面はテフロン加工してありますが、例外なくこのパーツも摩耗いたしますので、定期的に交換してくださいね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

フューエルコックについて・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日、お客様からお電話にてフューエルコックについてのお問い合わせがありましたので、今回は以前書いた記事を再度投稿させていただきます。

フューエルコックのONで走行していてガス欠になったので、RESに切り替えてまだ少しガソリンが残っているはずなので、とりあえずガソリンスタンドまで走れるはず・・・えっ?・・・ガソリンが一滴も入っていない?なぜ?

信じられないのですが、こんな事があります。

Imgp8501

ゼファーやZRXに多いのですが、ストレーナーが長いほうが ON で短いほうが RES のガソリン吸い込み口です。この長いものと短いものとの差の分がリザーブ分のガソリンの残る分なんですよ。しかし・・・この長いストレーナーが根本から脱落してしまう場合があります。そうなってしまうと、フューエルタンクの底部分から全部ガソリンが流れ出てしまうので、完全にガソリンは無くなってしまいます。

Imgp8499

とうぜんフューエルタンクの底にたまっているゴミやサビがキャブレーターにまわってしまい、とってもマズイですよね。ちなみに上の写真の左側はそうゆう事にならない為の対策されたパーツでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

ローラーベアリング

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

60,000km走行しましたZZR1400の足回りのメンテナンスです。フロントサスペンションのオーバーホールやリヤサスペンションアブソーバーのオーバーホールはもちろんですが、ステアリングステムのベアリングの交換やリヤサスのリンク部分のベアリングもチェックいたします。リヤサスリンクのベアリングは、ホイールベアリングなどと違い、すごいスピードで回転するものではありませんが、常に大きな加重がかかる部品ですからよくチェックしないといけません。

Imgp8253

ローラーベアリングが採用されていますが、最近のベアリングは細かいピン状のローラーが樹脂の枠に組み込まれていて、とても繊細な構造になっております。シャフトを抜くときにピンローラーが「バラバラ・・・」と出てきちゃったら有無を言わさず新品交換ですね。交換の際は古い物を抜くのは気を使わなくてもいいですが、新しい物を入れる時に本当に気を使ってくださいね。

ガタや破損がなければ古いグリスをぬぐい取り新しいグリスを塗布いたします。洗い油などの中で、ブラシでゴシゴシやっちゃうだけで簡単に破損しますから・・・

Imgp8255

もう一つ大切なのは、カラーです。キズやサビがある場合が多いのでそんな場合は交換です。それと・・・ベアリングサイドにありますダストシールも交換しましょうね。ベアリング関係をリフレッシュいたしますと乗り心地が格段によくなります。ライディングが楽しくなりますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

テレビニュースを観て・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨夜、自宅でテレビのニュースを観ておりました。安倍総理が2年ほど前から構想をねっていた国立研究開発法人「日本医療研究開発機構」が発足いたしました。今まで文部科学省、厚生労働省、経済産業省でバラバラに持っていた、医薬品や医療機器の分野で基礎研究のための予算1400億円超をまとめて管理する法人で、世界トップ水準の治療技術の実現を図るために発足したのです。

150403iryo01_1

ニュースでは設立式典の除幕式の様子が流されていました。その映像を観ていたら・・・なんと私の2歳上の姉が映っていてビックリしました。そう言えば「私、4月から職場が変わるからね。」って連絡はありましたが、同機構の役職員になったとはびっくりしました。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150403-00000024-jnn-soci

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金)

大切なエア通路なんです。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ブレーキマスターシリンダーの蓋には大切なエア通路が確保してあるんですよ。

Dscf4222

マスターシリンダーの蓋を開けるとブレーキフリュードのシールを兼ねてゴム製のダイヤフラムが入っています。ダイヤフラムの役目としては、ブレーキパッドがすり減ってきたときにブレーキフリュードはマスターシリンダーからキャリパー側に移動します。いわゆるマスターシリンダー内のブレーキフリュードの油面は下がります。ブレーキフリュードが漏れないようにタンク内を完全密閉してしまうと、油面が下がった時にタンク内が負圧になってしまいます。そこでダイヤフラムが伸縮してタンク内を大気圧に保ちます。

Dscf4223

さらにダイヤフラムの上側の空間も大気圧に保たせるためにエアが通る大切な通路が確保されているんです。この通路が汚れなどで詰まってしまうと、ブレーキの効きが悪くなります。なんだか最近ブレーキタッチがフワフワするなぁ~~って時は一度点検してみてくださいね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

隠れた「フライングK」

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

カワサキの2015年ウエアー&グッズ、アクセサリーカタログが届きました。とっても魅力的な商品が満載で、頭の上からつま先まで、カワサキグッズに身を固めてくださいね。

Dscf4193

実は、この表紙に「フライングK」が隠されています。

Dscf4194

小指の爪ぐらいの大きさなんで探すのにしっかりと目を凝らしてくださいね(笑)。

Dscf4195

カワサキフリークな方ならすぐに見えてくると思いますよ。お手元にカタログがある方は探してみてくださいね。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »