« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

4ヶ月間 動かさなかっただけなのに・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

4ヶ月間動かしていなかった車両が入庫いたしました。エンジンは始動できて、アイドリングもするのですが、エンジンが吹け上がらないのです。これでは走れません!

Dscf3408

キャブレータを分解して確認いたしますと、いわゆる腐ったガソリンでジェット類が詰まっています。一般的にスロージェットが詰まってしまうと、アイドリングできなくなる場合が多いのです。

Dscf3415

メインジェットとニードルジェットを取り外してみると・・・詰まってますね!ニードルジェットの筒にたくさんの穴が開いていて、メインジェットで計量されたガソリンと、この穴を通ってきた空気を混ぜて、霧化しやすくしている大切なパーツなのです。お客様は4ヶ月間動かしていなかっただけ・・・と言われましたが、長期間乗らない時が何度もあったのではないでしょうか。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

中古車のメンテナンス

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

中古車をメンテナンスして、新しいオーナー様に納車させていただくのですが、消耗パーツなど今現在どんな状態なのか、という事を正確にお伝えいたします。

Dscf3427

タイヤの残り溝などは外観で確認できますが、ブレーキパッドの残量などはこうして写真を残しておきます。

Dscf3375

エアエレメントの状態なども写真に残しておきます。

Dscf3425

ブレーキフリュードなども交換した際に写真を撮っておいて、納車時に写真でご説明させていただきます。実はこんな当然の事が喜ばれるんです。今はデジカメで簡単に撮影できてすぐに映像を確認できるので良いですね。良い時代になりました(笑)。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

大切な溝なんです。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

上下分割式のクランクケースの合わせ面ですが、組み付ける際にはシールパッキンを塗ってから組み付けます。

Dscf8409

シールパッキンは薄く塗るのですが、ケースの上下を合わせて締め付けるとシールパッキンは「ぶちゅ~~」っとはみ出てきます。

Dscf8411

エンジンの外側に、はみ出てくるものは良いのですが、内側の重要なオイルラインなどに流れ込むと大変な事になりますから、あえて溝が作ってあり、その溝で、はみ出たシールパッキンを塞き止めているんですよ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

大切なカタログに・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

大切なカタログにコーヒーをこぼしてしまいました・・・。

Dscf3376

慌てていてもしょうがないので、まずは「パチリ!」

Dscf3377

実は食品サンプルなんですよ!昨日はお店のイベントで、お客様とスキーに出かけたのですが、あいにくの雨で楽しく滑られそうにないのでスキー場の駐車場で引き返してきました。その代りに岐阜県郡上市で食品サンプルの製作体験をしてきました。その工房でおみやげ用で販売されていたものなんですよ。こんどツーリングでみんなで行こっと!!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

ちょっと・・・聞きたいんですけど・・・。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日、遠方のお客様からお電話いただきました。「エンジンの異音について、ちょっと聞きたいのですが・・・」お話をお伺いいたしますと、エンジン回転をレッドゾーンまで入れるぐらい(レッドゾーンに入れたまま長い時間回し続けた)にブン回したらエンジンからカタカタ異音がするようになったそうです。

Dscf8333

お話の内容から、たぶんコンロッド大端部のメタルが焼きついたのではないかと推測いたします。この写真は、以前メンテナンスいたしましたZZR1400です。ウイリーの練習をしていて調子こいてレッドゾーンまでぶち込んだ結果メタルが焼きついた物です。とくにウイリー走行はオイルパンに溜まったオイルがウイリーによって油面変化してしまいオイルポンプがエアをかんでしまい、正規量のオイルを潤滑できなくなります。

Dscf8418

当然クランクシャフトのクランクピン部分も摩耗してしまい新品交換しないといけませんので、高価な修理費用になりました。エンジン回転のレッドゾーンの設定は、この回転数でエンジンを回すと壊れますよ!という回転域ですので、無理はしないでくださいね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

カモメがいる駅

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

今の時期に浜名湖方面へツーリング行くなら、「ゆりかもめ」がたくさんいる駅があり、おすすめですよ。

Epl11303

天竜浜名湖鉄道の「浜名湖佐久米駅」です。小さな無人駅ですが、駅舎が喫茶店になっています。その喫茶店で「かもめの餌・・・パンの耳」を売ってます。

Epl11260

浜名湖畔にあるこの駅には、今の時期は毎年たくさんの「ゆりかもめ」が来るんだって!

Epl11269

パンの耳を手で持っていると飛んできてくわえてもっていきます。目の前まで飛んできて直接手から餌を食べていきますので、けっこうおもしろいですよ!

Epl11265

時おり駅に入ってくるディーゼル車がいても、かもめは関係ありません。「キーキィー」鳴きながら先を争うように餌にむらがります。できれば午前中に行ったほうが楽しめると思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

Ninja H2 専用メンテナンススタンド

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

今話題沸騰中の Ninja H2 の専用リヤメンテナンススタンドが届きました。

Dscf3329

車両のデリバリーが遅れておりますが、先行して片持ち専用スタンドだけ届きました。Ninja H2をご注文されましたお客様においては待ち遠しいとは思いますが、スタンドだけ眺めて気分を盛り上げてくださいませ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

B11のメンテナンス

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

先日、九州の大分から運ばれてきましたB11(1966年式)のメンテナンスを始めます。

Dscf2905

まずは、オイル・フューエルホースがカチカチに変質してしまってますので交換いたします。

Dscf3251

純正パーツは手に入りませんので、それぞれ用途に合わせて耐油・耐燃性のホースを用意いたします。ホースクリップではなく、針金で縛ってあるだけなので、すべて見直していきます。エンジンカバーなどを取り外す際は、ガスケットを破らないように慎重に行い、必要であればガスケットも作らないといけません。キャブレーターのチャンバーガスケットはシール剤で固めてある状態ですので、ガスケットを作らないといけません・・・。意外と時間かかりそうですね。でも楽しいですよ!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

H2Rサービスマニュアル

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Ninja H2Rのサービスマニュアルを手に入れました。

Dscf3287

な~~んてね・・・。実は手のひらサイズのメモ帳です。神戸の海洋博物館のカワサキワールドで販売しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

クラッチが滑るんですけど・・・。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

クラッチが滑るという事で入庫いたしました車両ですが、オーナー様にお伺いすると、1000kmぐらい前にクラッチが滑るという事でメンテナンスして、その際にクラッチ板などは交換されたそうなのです。

Imgp3967

手に持っているパーツはオペレーションプレートという物で、クラッチスプリングの力でクラッチフリクションプレートやクラッチプレートを押さえこむパーツでとても重要なパーツです。

Imgp3970

よ~~く観てみますと・・・摩耗していて、これがクラッチのすべる原因ですね。メンテナンスの際は各パーツの良否の判定は慎重にいたしましょう。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

外装を取り外すと・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

オールペイントのために外装をすべて取り外します。ZX-14Rも外装が装着されていないと意外と小さいんですよね。

Dscf3208

1ヶ月以上かかりますカスタムオールペイントですので、しばらくこの状態で保管いたします。保管中に傷付けないようにできるだけ養生たり、ビニール被せたり、バッテリー取り外したり、フューエルタンクのガソリン抜いたり、外装を取り外した際のボルトなどを分解箇所ごとに小分けして保管しますが、ペイントの為の分解作業で朝から初めて夕方までかかる仕事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

W800ロケットカウル その2

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

W800にロケットカウルを取り付けていますが、バックミラーとフロントウインカーをどのように取り付けましょうか?せっかくワンオフで作成していますので、凝った造りにしたいので、オーナー様と打ち合わせを繰り返します。

Dscf3175

フロントウインカーはメッキの古いデザインなのですが、カウルに少し埋め込む感じにいたしました。バックミラーもさりげなく取り付けて一見してどうやって付いているの?って感じが良いですね。

Dscf3173

こんな造形は得意です。カッコいいと思いませんか(笑)。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

観るだけなら・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日の出来事でございます。ちょっと古い年式のH車にお乗りのお客様がご来店です。エンジンの調子も悪いみたいで、インターネットオークションで手に入れたそうなんですが、「エンジンが吹け上がらないんだよね・・・何処が悪いか観てくれる?観るだけならタダだよね!」って言われてしまいました。たしかに観るだけならタダです。しかし何処が悪いのかコメントしたらそれは診る事になりそれなりに料金が発生しますよ・・・(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

W800にロケットカウル

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

W800にレトロなイメージでロケットカウルを取り付けます。一歩間違うと珍走車みたいになってしまいますので、オーナー様と何度も造形の打ち合わせをいたします。

Dscf3095

イノウエタイプのロケットカウルを取り寄せましたが、サイズが合わないので切った貼ったで作り直します。

Dscf3144

なんとか形になってきましたがフロントウインカーやバックミラーをどうやってデザインしましょうか?またまたオーナー様と打ち合わせいたします。車体に固定するステーも作らないといけないので、まだまだ時間かかりそうです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

ガラスコーティング

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ホイールにガラスコーティングを施工しておくと汚れが付きずらくなり、汚れた際には軽くウエスで拭き取るだけで綺麗になります。

Dscf3128

入り組んだ形状のホイールはディスクローターを取り外した状態の方が施工しやすくて、細かいところまでコーティングできます。車体全体ににコーティングするのはもちろんですが、ホイールに施工すると驚くほど効果がみられますよ。汚れた状態のホイールに施工するのではなく、新車時やホイールを新規交換する際にすると良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

砂ぼこり

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

只今、お店のお隣さんが駐車場工事をしておりまして、地面をほじくっています・・・。アスファルト舗装の工事が終わるまでは砂ぼこりがすごいんです。

Dscf3127

外に置いてあるオートバイは1日に3回ほどエアブローしてやるのですが、2時間ほどでこんな感じになってしまいます。濡れたウエスなどで拭いたら傷まるけになってしまいますので慎重にエアで吹き飛ばすんですが、ここで雨でも降ってきたらもう大変です。あと1週間ほどの我慢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

拓本(たくほん)

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

このところ逆輸入車の登録が多くて忙しくしております。登録のために「並行輸入自動車届出書」を作成して、陸運支局に提出いたします。陸運支局で書類審査を終えてから実車を持っていき1台1台日本の道路運送車両法に合っているか検査してもらい、合格すると始めてナンバープレートが交付されるんです、いわゆる登録完了です。

Dscf3109

並行輸入自動車届出書に添付いたしますのは、車台番号(フレームナンバー)と原動機打刻の拓本です。拓本とは凸凹のある打刻に紙テープなどを貼り付けて、鉛筆などで写し取る方法なんです。

Dscf3110

書類提出時点で「現車はちゃんとありますよ」と言う意味もあるのでしょうね。この拓本と写真を添えて提出いたします。狭い場所にあります原動機打刻などを写し取るのは大変ですね。その他に、ブレーキ制動試験の合格ステッカーの添付されている写真・排気ガス試験成績表書類・三面図・諸元表・排気量計算書・フレームナンバーの説明書・打刻届出書・通関証明書・・・などなどたくさんの書類を作成するんですよ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

サーボモーターの不具合

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

マフラーに装備されています排気デバイスで、サイレンサーとエキゾーストパイプの間にバタフライバルブが付いているモデルも多くなりました。そのバタフライバルブを動かす為のサーボモーターがシート下に付いている場合が多いのですが・・・

Imgp8820

後から付けたETCの配線などがこのモーターに絡まると大変な事になります。配線を傷つける事もありますし、サーボモーターが絡まった配線で動けずにFIにエラーが出てしまいます。(この写真のものは、社外品の車検対応のマフラーを装備していますので、駆動ワイヤーは取り外してあります)ひどい場合は、サーボモーターが焼きついてしまう場合もありますので、後付の配線などは気をつけてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

オイルにじみが止まらない

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

オルタネーターのハーネス取り出し部分のゴムブッシュからのオイルにじみが止まりません。という事で取り外して確認いたします。

Dscf3009

何度もメンテナンスしたんでしょうね。何種類かのシールパッキン剤で塗り固められています。

Dscf3015

その前に・・・ゴムブッシュがずれてしまってます。ブローバイガスの俳圧がかかりますのでこれではオイルが漏れてきてもしょうがないですね。変形してしまったゴムブッシュを交換しないと直らないでしょうが、さてさてどうしましょうかね・・・。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »