« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

カスタムペイント最新情報

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

カスタムペイントの納品です。部品点数も多くて、各パーツがつながったデザインですので結構手間もかかり約2カ月の大がかりなペイントでした。

Dscf3026

遠方のお客様で、パーツだけをお預かりしてのペイントでした。本日、お車で取りにみえるのですが、一つずつ傷が付かないように包んでいきます。

Dscf3027

今流行りの迷彩柄も取り入れました。レインボーフレーク、メタリック、ラメを多用してあり直射日光の下ではキラキラしてます。

Dscf3028

写真で観ると太陽がキラキラ星のように反射しています(キラキラ星マークはペイントではないんですよ)。今回もフィニッシュクリヤにはこだわりましたので、このように写るんですよ。お客様がご自分で組み上げるのだそうですが、手が震える~~って言ってましたよ(笑)。組み上がったらガラスコーティングして完成です。組み付け完了するまで傷付けないように気を付けてくださいね。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月30日 (金)

最近燃費が悪いんですが・・・。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

最近燃費が極端に悪くなってきたんですが・・・と持ち込まれました2003年式のインジェクション車両です。特にエンジンの調子が悪いという訳でなく、燃費が悪いというだけですので、どこのお店に修理を出しても観てもらえない・・・という事で、遠方のお客様ですがわざわざ弊社におみえになったのです。

Imgp6840

まずは、KDS「インジェクション診断システム」でECUの故障履歴を確認いたしますと、センサーの故障履歴がたくさん残っています。今現在はFIランプも点灯していないし、エンジンも始動できますので、センサー本体が故障しているとは考えられません。このセンサーが故障しますとバックアップ機能としてエンジンは停止するようになっているからです。よくよく車両を点検いたしますと、センサーのハーネスに傷がありました。なぜ?こんなにハーネスに傷があるのかオーナー様に聞いてみますと、燃費が悪いという事でバイク屋さんでプラグ交換してもらったそうで、その作業中に無理やりハーネスやカプラを引っ張ったんですね。とりあえずハーネスを修理いたしますが、燃費とは関係なさそうです。

Imgp6850

スロットルボディーを洗浄しようと思い取り外してみますと・・・。1本だけカーボンで真っ黒です。結果的にインジェクターの不良でした。ガソリンを噴霧するインジェクターの閉まりが悪くてガソリンがダラダラ垂れ流しだったんでしょうね。念のためインジェクターを4本交換しましょうね。たぶんこれで燃費が悪いのは改善されるでしょうね。乗ってみて燃費計算して、それでもまだ悪いようなら再度持ってきてくださいね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月29日 (木)

シールテープ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ネジ山にはバックラッシュというものがあり、らせん状につながるネジ山の隙間です。オイルや冷却水はこの隙間を通って漏れたりもします。

Dscf2950

オイルパンにはたくさんのオイル通路が作られており、製造過程でオイル通路を外側から穴あけ加工して、さらにその部分の蓋をする意味でネジのめくらフタをしている箇所もあります。

Dscf2955

こんな時は、シールテープをネジ山に巻いてから穴にねじ込んでやります。とっても薄く伸びるテープなのですが、このテープがネジ山のバックラッシュを埋めてくれるんです。ネジロック剤を塗ったり、シーラントペースト剤を塗ったりもしますが、シールテープも有効的ですよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

おっさんと「どデカプリン」

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日は、お店のイベントで初乗りツーリングでした。静岡県の焼津で美味い海鮮物を食べに行きました。わたくし店長はお店でお留守番で18人の腹ペコライダーたちを見送ります。今は便利な時代ですね。参加者さまがフェイスブックで常に情報を送ってくれますので、お店にいてもツーリングに参加しているような親近感がありますね。

Cimg0743

フェイスブックで海鮮丼なんかの写真が送られてくるのかと思いきや、どデカプリンの写真がアップされてきました。どうやら焼津おさかなセンターで昼食を終えてから近くの喫茶店でデザートを食べているらしいんです。18人のうちほとんどが「おっさん」なんですが、白髪・ライトヘアーのおっさんがみんなしてプリンを食べている画は笑えますね(大爆笑)!

Cimg0770

フェイスブックでさらに、猫の写真もアップされてきます。どうやら喫茶店の看板ネコちゃんらしく、人なつっこくて、おっさんはみんなかわいい猫にメロメロらしいんですよ。今度は私も連れてってね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

やられちゃいまた・・・。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

先日、初めてのお客様からお電話いただきました。「○○市の○○○○っていうバイク屋さんってご存知ですか?」聞いたことの無いバイク屋さんの名前でした。お話をお伺いしますと、オートバイを修理に預けてあるのですが、連絡取れなくなったらしいんです。困った様子で「失礼があったら申し訳ないのですが、ちょっと聞きたいことがあるんです」とご質問されました。

Guts1

お話によると、そこのバイク屋さんの店主は、「日進市のプレジャーの社長とは仲が良くて飲み仲間なんだよね!だから安心してカワサキ車の修理を預けてね」って言われたそうなんです。わたくし・・・そのような人はまったく知らないんですが、お電話いただいたお客様にしてみたら、私の事も疑っていてもしょうがないですよね。

とりあえず、ご来店いただいて詳しいお話を伺うことにいたしました。ちなみに私はこんな顔してますから・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

カワサキ B11 1966年式

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

九州のお客様から古いオートバイのメンテナンスのご依頼です。1966年式のB11というカワサキの輸出仕様の2サイクルエンジンのオートバイで、ご依頼いただいたお客様の祖父が大切に乗っていたもので、そのお孫さんであるお客様がメンテナンスして乗り続けたい!との事でございます。

Dscf2905

なにせ50年ぐらい前に製造されたオートバイでして、どうやらB1(125cc)のエンジンを175ccにボアアップしたもので、輸出モデルではF2と言い、国内販売のものはB11と言われていたらしいのです。今回この車両は輸出モデルではないかと思いますが、詳しく知る方誰かいませんか?いろいろ教えていただきたいのですが・・・。

Dscf2906

すごくコンディションが良いのですが、安心して乗り続けるためにすべて点検・修理していきます。ご依頼いただきましたお客様と二人三脚で直していこうと思います。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)

コレな~んだ?

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

チョコレート味のスポンジケーキの食べカスではありません。

Dscf2836

実はエアクリーナーのスポンジなんですよ。手で触ると「ボロボロッ・・・」っと形がくずれてしまいます。これがエアクリーナーボックス内にたくさんある事を想像してください。当然キャブレーターにまで吸い込まれています。

Dscf2837

本当はこんな形をしているんですが、スポンジタイプのエアクリーナーが汚れたからといってガソリンなどで洗浄してしまうと、すぐにこんな感じでボロボロに変質してしまいます。汚れていたら洗浄して再使用するのではなく交換しましょうね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

たった1年で・・・。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

1年前にエンジン不調で入庫いたしました車両が再度メンテナンスで入庫いたしました。あまり乗ってらっしゃらないオートバイで、1年前にもキャブレーターをオーバーホールしたのですが、走行距離を見ますと1年で500kmも動いていません。今回もエンジンが吹け上がらないのです。

Dscf2742

キャブレータを分解して確認いたしますと、またまたメインジェットやスロージェットなどが詰まっています。ガソリンの添加物が変質した物で浸透性が高いガソリンはキャブレータの細い通路まで入り込んで詰まっています。常に新しいガソリンがキャブレータ内にあればいいのですが、やはり乗らないとこんな事になってしまうんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

オイル漏れ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

オイル漏れで困ってます。と入庫しましたY車のVツインです。集合住宅の指定された駐車スペースにはオートバイから垂れてきたオイルでベタベタになっていて苦情が出ているそうなんです。まずは全体的にオイルでベタベタになっている車両を綺麗に洗車いたしましょう。

Dscf2714

洗車後にエンジンを始動して、何処からオイルが漏れてくるのか確認いたしますと、リヤシリンダーのシリンダーベースパッキン部からにじんできますね・・・。う~~んこれを修理しようとするなら、エンジン下して腰上のオーバーホールになりますので、結構費用がかかります。今回修理にかけられるご予算が限られているので、とりあえず・・・シールパッキンをすりこんでおきました。こんなんではオイル漏れは直りませんけどね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

ブレーキフリュードは定期交換しましょう。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ブレーキフリュードにはいろんな種類がありますが、一般車に使用されている物のほとんどは、ポリエチレングリコールモノエーテルが主成分です。粘度が低く、圧力による体積変化が小さく、低温で凝固せず、高温でも沸騰しない性質の液体です。
Dscf2656

ブレーキフリュードには沸点特性(沸騰しにくさ)が要求されます。その性能ランクを表記したものが、
”DOT4”なるものです。オートバイではDOT3・DOT4・DOT5あたりが使用されますが、DOT4では
ドライ沸点230℃以上・ウエット沸点155℃以上の性能が必要です。外車やレース用には
DOT5(ドライ260℃ ウエット180℃)というものが使用されますが、主成分の違いにより絶対に
混ぜてはいけない物もありますので、DOT5をご使用される場合は、よく確認ください。
(混ぜるな!危険!)ですよ!!

Dscf2659

峠なんかやサーキット走行をしてブレーキを多用すると、ブレーキが発熱してしまいますよね。
こんなときにブレーキフュリュードはどれ位の温度になると思いますか?耐久レースの夜のシーンを
みるとディスクローターが真っ赤になっているのを見ますよね。

最高200℃ぐらいまで温度があがってしまうといわれます・・・・・ふつうのお水では沸騰してしまいますね。
もし、ブレーキフリュードが沸騰したら”ベーパーロック”という現象でフリュードの沸騰が原因でできた気泡で
液体の伝達能力は落ちてしまい、スポンジを踏んでいるような感覚になります。これではブレーキは効きませんよね。

ブレーキフリュードはとっても重要なパーツの一つで、経時劣化により沸点が低下するため2年~3年ごと定期的に交換しましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

洗車ブラシ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

今日は朝から天気が良いので、修理車の洗車をいたします。洗剤を使いブラシでゴシゴシ油汚れを落とすのですが、うちで使っているブラシは特注品です。

Dscf2665

ブラシの毛の長さ・硬さが、ちょうどいい物を見つけられなくて、ブラシ屋さんで特注で作ってもらいました。頻繁に使用しますので結構速いペースで使えなくなるので、たくさん作ってもらったのですが、残り数が少なくなってきました。先日、ブラシ屋さんへ行ったら、職人の親父さんが体を壊して今は作ってないそうなんです・・・。後を継ぐ職人さんがいないので「ワシの代で終わりだな・・・」って、こうやって職人さんがいなくなってしまうんですかね。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

中学生職場体験2日目

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

中学生職場体験2日目の今日はエンジンの分解に挑戦です!解体車のエンジンですからどうにでもしてください(笑)。

Dscf2631

2人で力を合わせてお互いの作業を確認しながらの共同作業になります。一人がエンジンを押さえていて、もう一人がボルトを緩めていきます。工具の選択、工具の使い方、ボルトを緩める力の入れ方・・・苦労しています。エンジンの構造は説明しても理解はできないのですが、ヘッドカバーを取り外して中からカムシャフトが出てくると「わ~~カッコいい!」って言ってました。良いですねメカに興味があるってことですね。

さて、お昼からはうちのスタッフに付いていき、三河陸運支局へ行ってオートバイの車検を通してきます。頑張ってきてね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

中学生の職場体験

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

今年も近くの中学校から職場体験で2名の学生さんが来ています。2名共オートバイに興味があり、整備も体験したい!っと言う事で、解体車両の分解をやってもらってます。

Dscf2616

慣れない手つきで工具を使って2名で協力しながらの作業です。中学校では、こんな体験絶対にできないでしょ・・・って事なので2名共目がギラギラしていますね(笑)。楽しいですか?って聞くと、めちゃくちゃ楽しいですって答えが返ってきます。がんばれ中学生!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

充電不良

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

バッテリー上がりで入庫しました車両です。まずはバッテリーを補充電してから、エンジンを始動してバッテリー電圧を測定いたします。正常であれば、エンジン回転3,000rpmぐらいで14.5Vぐらいまで電圧が上がるはずなんですが、測定結果はそれよりもずっと低い値です。

Dscf2501

発電した交流電気を直流に変換して12V~14.5Vに制御いたしますレギュレーターのカプラが接触不良が原因で溶けてしまってます。こうなってしまった原因は心当たりあるのでその部分を点検いたしますが、これだけ溶けちゃっているという事はそうとう熱がかかったって事でしょうね。怖い怖い・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

タッチアップペイント

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

立ちゴケしてちょっと傷が入ってしまった!って事ありますよね。黒系のパーツをちょっとタッチアップしたいけど・・・何が良いかな?

Dscf2560

ツヤ消しのブラックのサイレンサーカバーなんかだと塗料を選ぶのが大変ですよね。

Dscf2561

そんな時、私はプラモデル用のタミヤカラーを使用します。エナメル塗料で乾燥が早いし、なによりカラーバリエーションも豊富ですし、安いし、重宝してますよ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

スタータークラッチ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

エンジン始動困難で入庫いたしましたWです。スターターボタンを押してエンジンを始動しようとしてもスターターモーターが空回りいたします。10回に1度ぐらいの頻度で症状がでます。

Dscf2539

スターターモーターはアイドラギヤを介して直接クランクシャフトを回します。しかしそこにはワンウエイクラッチという物が装備されており、正回転方向だけに動力を伝えます。エンジンが始動すると逆回転方向に力がかかるので、ワンウエイクラッチがすべりスターターモーターがつられて回転しないようにしているのです。

Dscf2527

今回はこのワンウエイクラッチのカップリング部分の摩耗により、正回転時にロックできずに空回りしてしまうのです。

Dscf2528

カップリングは見た目ではほんの少し摩耗痕がありますが、こんな程度でもクラッチがすべってしまうんですね。なかなか良否の判定が難しいですね。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

今年のイベントスケジュール

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

今年も仕事に遊びに忙しくなりそうです。2015年のイベントスケジュールです。

Dscf2522

今年も走り回りますよ~~!うまいもん探して走るのが良いんです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

接点不良

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

スターターボタンを押してもエンジンが始動しません!バッテリーは新品に交換したんですが・・・。と入庫いたしました車両です。スターターボタンを押すとリレーが「カチカチッ・・・」と音はするのですが、スターターモーターが回ってくれません。よくある事はバッテリー上がりでこんな症状が出るのですが、今回はバッテリーを交換したばかりだという事ですので、その他を点検していきましょう。

Dscf2499

テスターで点検していきますとスターターボタンがあやしいです。ボタンを押した時の接点に異常に抵抗があります。接点がすこし焼けているので、分解して軽くペーパーで接触面を磨いてやります。ほんのすこしの接点不良でトラブルになります。初めに弊社に持ち込んでいただければ、ひょっとしてバッテリー新品に交換しなくても良かったかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

あけましておめでとうございます。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。年末年始のお休みの間にはご迷惑をおかけいたしましたが、本日より通常営業になります。

Dscf2478

お正月休みの間は野沢温泉でまったりしてきまして、温泉でふやけた手は指紋の奥深くまで浸み込んだ油汚れが取れてとっても綺麗になりました(笑)。でもすぐに油で真っ黒になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »