« スーパージャンボ | トップページ | カスタムペイント最新情報 »

2014年10月17日 (金)

KR250メンテナンス

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

KR250のフューエルタンクの錆取りを終えまして、ロータリーバルブとキャブレータの調整に入ります。

Dscf1607

前後のシリンダーの回転は各ギヤでセンターの大きなギヤに伝わります。エンジン始動時・低回転時・高回転時に、回転しますロータリーバルブのタイミングを微妙に変えているんですが、その調整をいたします。調整方法はまたの機会にご紹介いたしますが、非常にシビアで手間のかかる作業なんです。

Dscf1609

錆のまわってしまったキャブレータをオーバーホール洗浄いたしまして、前後の同調を取ります。同時にスロットルバルブが動き始めるようにして、さらにスロットルグリップを開けた時に同じ量動くように調整します。ついでにオイルポンプの吐出量の調整をして作業完了です。久しぶりにタンデムツインの2サイクルエンジンをメンテナンスいたしましたが、昔やった事は体が覚えているんですね。作業中は楽しかったですよ。




|

« スーパージャンボ | トップページ | カスタムペイント最新情報 »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040297/57702844

この記事へのトラックバック一覧です: KR250メンテナンス:

« スーパージャンボ | トップページ | カスタムペイント最新情報 »