« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

ビクトリー バガースタイル完成

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

永いことビクトリーというアメリカ製のオートバイをカスタムしてきましたが、やっとペイントも終わり完成いたしました。

Dscf1030

蛍光オレンジで、天気の良い日には目が痛いほどです(笑)。

Dscf1027

バガースタイルでリヤのサイドボックスはリヤフェンダーと一体化したデザインに作り変えました。これでもサイドボックスは脱着できるんですよ。

Dscf1035

燃料タンクは大きく作り変えて、アンダーカウルからつながるように造形しております。

Dscf1047

シートも作りまして、サイドカバーも作りました。じつはすごく手間をかけてFRPで造形したんですよ。

Dscf9494

ちなみにカスタム前はこんなオートバイだったんですよ。













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

2014 Ninja1000にトリプルボックスを付ける その4

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Ninja1000の2014MODELに、パニアケースを装着したままリヤキャリヤを装着してトリプルボックスにしますが、キャリヤの取付けをタンデムシート部分から取り付けているので、タンデムシートの代わりのカバーをFRPで作ります。

Dscf0985

上からかぶせる形になりました。鍵はかかりませんが、マジックテープを利用して固定してあります。

Dscf0984

先日、九州弾丸ツーリングの際に撮ったスナップ写真です。両サイドのパニアケースで28リッターX2、リヤボックスで47リッターの収納量で合計103リッターです。これだけ収納量があれば、たくさんお土産買ってこれますね(笑)。

Cimg9717

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

2014 Ninja1000にトリプルボックスを付ける その3

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

2014MODELのNinja1000のリヤキャリヤは、形も出来上がりパウダーコーティングもいたしました。

Dscf0983

タンデムシートを取り外して、そこからキャリヤのステーを取り付けるようになっておりますので、とうぜんフタがなくなってしまいます。無いなら作りましょう!

Dscf0974

FRPをペタペタ張り付けてワンオフで作ります。ワンオフ品の難しい所は・・・ゼロから1を創り出すことなんですよね!すでにできている1を2や3にすることは簡単なんですけどね。

さてさて出来上がりは、明日ご紹介いたします。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

2014 Ninja1000にトリプルボックスを付ける その2

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

2014MODELのNinja1000のリヤキャリヤ作成のつづきです。形が決まりサイドのパニアケースやりやボックスの装着確認をいたしまして、問題がなさそうなのでステンレスで実際のキャリヤを作っていきます。

Dscf0877

強度を考えて、タンデムシートをとりはずして、そこにブラケットを取り付ける形になりました。

Dscf0876

この位置ですとリヤのボックスを取り付けた際に、あまり後ろに出すぎずにいい感じになります。あとは、作成したキャリヤのパウダーコーティングとシングルシートカバーをFRPで作成します。その作業はまた明日。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

2014 Ninja1000にトリプルボックスを付ける その1

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

2014MODELのNinja1000はオプションでサイドのパニアケースを装着できます。しかし、そうなるとリヤのボックスはステーの取り出しができなくなり、同時に装着できなくなるんです。できないなら・・・できるようにいたしましょう!

Dscf0829

まずは、オーナー様と一緒に加工しやすい木材で、使い勝手の良い形のリヤキャリヤのイメージを具体的に造形していきます。

Dscf0838

「あまり後ろに出すぎるのは嫌だ!」という事と「タンデムしませんから!」と言う事でタンデムシートをつぶしてリヤキャリヤのステーを作りました。強度重視に考えていきます。この続きはまた明日。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

位置決めのノックピン

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

転倒などしてエンジンカバーを破損!って事よくありますね。破損したカバーだけを交換するのですが、位置決めのためのノックピンも確認してくださいね。

Dscf1198

Ninja ZX-14Rで左側に転倒してしまい、ゼネレーターカバーを大きく破損して穴が開いてしまいオイルをぶちまけてしまいました。

Dscf1199

クランクシャフトに付いていますローターとエンジンカバーに付いていますコイルは微妙なクリアランスで位置決めされております。その位置はノックピンで正確に決められています。

Dscf1200

ノックピンをよく点検いたしますと・・・ほ~~ら歪んでいます。このまま組み付けると、ひどい場合はローターとコイルが接触してしまい充電不良という2次的なトラブルを起こしかねませんね。こんな場合はしっかり点検してくださいね。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

ヘルメットのペイント最新情報

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ヘルメットをご自分好みにペイントをするお客様が増えております。そんなペイント例の最新情報でございます。

Dscf1203

オーナー様の大好きなアイドルグループのマークを大きくデザインペイントいたしました。

Dscf1202

色やZのデザインなど、何度も打ち合わせをしてペイントしていきました。出来上がりましたよ!ってご連絡しましたら・・・コンサートなどで着る半被を着て、両手には光る棒を持って踊りながらやってきました・・・。どんだけ好きなんでしょうね(笑)。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

知っていました?その26 オーバーヒート?

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

最近、新型車(FIモデル)でオーバーヒートして、冷却水が噴出した方が続けて3人おみえになりました。どうやら電動ファンが回らないみたいです。いずれも当店で販売した車両ではなく、どこへ修理に出したら良いか悩んだあげくのご来店でした。そして”保証期間なので、メーカークレームで修理してほしい”とのことです・・・。しかし、この3台には共通点がありました・・・。最近ETCを用品屋さんで安く取り付けたそうです・・・。

Imgp7330

ETCの取り付けに際して、電源の取り方に問題がありました。”ここから電源取ったらだめでしょう!”ってところからほんとにいいかげんに配線がしてあるんです。

一昔前のモデルは、ラジエータに電動ファンのスイッチがあり、ある一定の温度になると電動ファンが回ります。しかし、最新モデルは、水温センサーのデーターを元にECUが判断して電動ファンを回す信号を出します。いいかげんな配線ですとECU電圧に狂いが生じて、結果的に電動ファンが回らなくなりオーバーヒートして、冷却水がリザーブタンクから噴出すんですよ。

みなさま、しっかりとしたメカニックがいるお店でメンテナンスしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

知っていました?その24 オイルライン

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日は、オイルラインの穴は微妙に大きさが違うんですよ!のお話です。

Imgp1386 Imgp1388

これはZZR1100のシリンダーヘッドのありますロッカーアームのピボット部にありますシャフトです。中からオイルが出てきてロッカーアームとカムシャフトのフェイス部を潤滑しているんですよ。よく見てみると左側の写真はオイルはにじみ出る穴が左側の写真のものより小さいですよね。

Imgp1389

このシャフトはエンジンの右側からオイルが入ってきます。(写真でいうと手前からです)右側から順番に潤滑していき左側にオイルが流れます。そのときにはじめに潤滑する右側のオイルラインの穴を小さくして、左側に順番にオイルラインの穴を大きくしてあります。これによってオイルの油圧・吐出量をそろえているんですよ。間違えてシャフトの向きを変えて組み付けるとカムシャフトのかじりなどのトラブルになりますので・・・・・ご注意を!

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

知っていました?その23 ブレーキキャリパーシール

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日は、ブレーキのキャリパーメンテナンスのお話です。ブレーキパッドが磨り減ったので新しいパッドを装着する際に、飛び出したピストンを押し込まなければなりませんね。そんな時に汚れをしっかり落としてから、飛び出したピストンを押し戻しましょうね。写真の様にダストシール部分がはみ出ている物もよくみかけますが、そんな時はオーバーホール(完全分解)しなくちゃね・・・!大切で重要な箇所ですので、しっかりメンテナンスしておきましょうねImgp8489 Imgp8491 Imgp8492

シールも新品に交換して、ピストンも錆びやキズがある物は交換してください。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

知っていました?その22 バルブコッター

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

先日の続きでいよいよバルブの組付けでございます。バルブスプリングコンプレッサーという専用工具を使用して組み付けますが、小さなパーツでバルブコッターというものがあります。くさび状の物でこれで固定するのですが小さなパーツですからピンセットを使用します。Imgp9583

この小さなバルブコッターは2個で1セットなのですが、正確にセットする事が大切です。なんといっても外れてしまうと大変な事になってしまいますからね。Imgp7924

ちがう車種の写真ですが、このように2個のコッターの隙間は空けてください・・・片方にかたよっているとしっかりはまってない事もありますから。それから、最後にかるくプレスチックハンマーで頭を”コツンッ”とたたいてやり落ち着かせて終了でございます。

これがZZR1100の場合は16個あります・・・けっこう大変な作業で、気を使う作業なんですよ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

知っていました?その21 バルブスプリング

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日のつづきでございます。バルブとヘッドをきれいに洗浄して組み付けていきます。その時にステムガイドのオイルシールは新品に交換いたしましょう。シリンダーヘッドを分解したときしかできませんからね。

Imgp9577

ZZR1100の場合はバルブスプリングは一つのバルブに2本づづあります。ダブルスプリングで大小2重になってます。大きいほうのスプリングの中に小さいほうが入るのですが・・・スプリングの巻き方が大きいほうが右巻きで小さいほうが左巻きになっているんですよ。作動時にスプリングどうしが噛み込まないように考えてあるんですよ。Imgp0542

それから、プログレッシブスプリングで巻き方に変化を付けてあります。下のほうが密巻きで上のほうが粗巻きになっているでしょ。これは、スプリングのサージング現象をおさえる役目があるんですよ。サージング現象とは一定のスピードでスプリングが伸縮をつづけると、共振しはじめて正確に動かなくなり、踊りだすことなんです。ピストンの上下運動に合わせて正確にバルブを動かさないと・・・ピストンとバルブが干渉してしまいますからね。

明日から3日間は九州弾丸ツーリングなので、ブログもお休みさせていただきます。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

知っていました?その20 光明たん

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日のつづきでございます。バルブのすり合わせが終わりましたら、あたり面の確認です。バルブのフェイス面に赤い色の「光明たん」を塗布してバルブシートリングに押し当てます。このときはバルブを回さないようにそっと押すだけです。バルブを抜いてみると・・・シートリングに赤いしるしが残りますので、全面に均一に当たっているかを点検をいたします。Imgp0531 Imgp0535

シリンダーヘッドのシートリングに赤いスジがついているのがわかりますか?とうぜんそれぞれのバルブの位置が決められますので、組み付け時には間違えないように注意います。ここで・・・理想的にあたり面が付かないときは、バルブシート面の修正(ダイヤモンドカッターで削って修正)をいたしますが、そんな時はバルブの磨耗もありますので、バルブを新品に交換する事が大前提になりますね。

そのあとの作業はまたあした・・・

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

知っていました?その19 バルブのすり合わせ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日のつづきです。さて本題のバルブのすり合わせでございます。バルブのフェイス面とシリンダーヘッドに鋳込んであるシートリングのシート面のあたりをつけていきます。いわゆる 「すり合わせ」 というものです。カーボンを噛み込んだりしていると気密性が落ちてしまいます。今回は特に磨耗がありませんのですり合わせだけ行います。Imgp9574

バルブコンパウンドというガラスの細かい粉が混ぜてある「ねっとりしたペースト状のもの」をすり合わせする面に塗布して、バルブタコ棒という吸盤のついた工具にバルブをくっつけて、たたくようにさらに微妙に回しながらすり合わせいたします。タンタンタンッ・・・て感じです。コンパウンドは荒目・中目・細目とありますが、今回は中目を使用します。一つのバルブに要する時間は約45秒ぐらいですかね・・・それ以上やると磨耗しすぎてしまいます。

Imgp9572

この写真はわかりやすく新品バルブでご説明いたしますが、左側のバルブはすり合わせ前で右側のバルブはすり合わせ済みのものです。バルブフェイス面にスジが入ってますね。これがシートの当りなんですよ。シート当り幅が広すぎてもダメだし、フェイス面の真ん中あたりにきているのがベストですね。

さてこの後の作業はまたあした・・・・・

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

知っていました?その18 バルブステムのガタ

こんにちは、プレジャーの店長です。

本日はシリンダーヘッドのバルブのメンテナンスです。30,000kmぐらい走行いたしますとバルブにカーボンも堆積しますし、ステムガイドが磨耗してバルブにガタができて、バルブのシール性が悪くなりエンジンの性能低下になります。バルブフェイス面やシートリングの磨耗やカーボンのかみ込みなども確認いたしますが、今回はステムのガタのお話です。

Imgp0520 Imgp0519

まずは、シリンダーヘッドのカーボン落としとバルブ本体のカーボンを取り除きます。バルブ本体のカーボンは意外に固くこびり付いていますので、バルブをボール盤にセットしてペーパーで丁寧に削り落としていきます。その後に、まずはバルブとガイドのクリアランス測定(振れ測定)をします。簡単な方法ではありますが、このデータで良否の判定をいたします。ダイヤルゲージにてガタつき寸法をとり、規定値以外はステムガイドの打ち替え・バルブの新品交換をいたします。

Imgp0538

車種によって測定値は違いますが、ZZR1100の場合のガタ付きは インテーク0.02~0.07mm エキゾースト0.06~0.11mmです。いままで何十台もオーバーホールしてきましたが、普通は30,000kmぐらいでは問題ありません。そうは言っても測定してみて必要があれがメンテナンスが必要ですね。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

知っていました?その17 ヒートリペア

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

みなさん、ヒートリペアってご存知ですか?プラスチック製品をリペアするのに持ってこいのアイテムです。たとえば、ヘッドライトの取り付け部なんかが破損した場合や、ABS樹脂のカウリングが割れてしまった時なんかに最適です。

Imgp7518 Imgp7521 Imgp7522

特殊な形の専用のもので、簡単に言えば針金を熱を加えながら溶かしてくっ付けちゃうんです。その後から はんだごて なんかで表面を溶かして慣らしてしまいます。ただ単に割れたパーツを溶かしてくっつけてもすぐにまた割れてしまいますが、このリペア法ですと針金で補強されていますので、ばっちりなおってしまいます。すんばらすぃ・・・・・!

せん風機のプラスチックの羽根が割れた時なんかにもOKでした。カウリングが割れてしまって困った時は カワサキSHOPプレジャー までご相談くださいませ!

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

知っていました?その16 ダイアグ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ダイアグノーシスってご存知ですか?EFI(電子噴射装置)のトラブル診断装置の事なんですよ。いまのECU(コンピューター)はとっても頭がいいんですが、このシステムがないとトラブルは発見できません。オートバイにこのダイアグノーシスシステムを接続するだけで、今現在のトラブルが発見できる事はもちろん、ECUが最大99個まで記憶しているトラブルを確認することができるんです。99以上のトラブルは古い物が消去されて、どんどん新しいトラブルが記憶されていきます。

Imgp9549 Imgp9536

このオートバイの場合は、マフラーの排気バタフライバルブが固着してしまい、そのバルブを動かしているサーボモーターが破損しました。症状といたしましては、排気バルブは全開時で固着しており、低速時になんだかトルクが無いような気がする・・・という微妙なもので、オーナーさんにしかわからない程度のトラブルでした。しかし・・・そんなときでもこのダイアグノーシスシステムのおかげで簡単にトラブルシュートできます。

余談ですが、イモビアンプ故障回数が30回も入っておりますが、これはイグニッションキーを速いスピードでON・OFFを繰り返すと、イモビライザーにエラーがでてしまいECUにトラブルとして記憶されてしまうんです。そんなに重要はトラブルではありませんのでご安心を・・・イモビアンプとは、キーシリンダーの周りにあるアンテナで拾った信号を増幅・変換してECUに信号を送る物なんですが、コレが壊れてしまうと電源が入ってもエンジンがかかりません。イグニッションキーも丁寧に扱ってくださいね。それから・・・キーホルダーに他の電波を発信するようなもの(たとえば、乗用車のキーやエンジンスターターなど)を付けていてもトラブルの元になりますので、ご注意を!!

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

知っていました?その15 ピストンスピード

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

みなさん!ピストンってどれくらいのスピードで動いているんでしょうか?考えたことありますか?Imgp1926 以前にも書いた事あるんですが・・・もう一度ご紹介いたします。

ちなみに、ZZR1400の場合で考えますと・・・あくまでも計算上の平均スピードですが、ストローク61mmの場合で10,000rpmの回転数の場合ですが・・・

61mm=0.000061km 往復で 0.000122km  / 10,000rpm=1時間で600,000回転 とういことは・・・単純計算すると73.2km/h(時速73.2km)なんですよ!ピストンは上支点・下支点付近ではゆっくり動きますから瞬間的にはもっと速いスピードで動いているんですね! 73.2Km/hとは約1秒間に20mということですよ!すごいですね!!

Imgp1919  

すごい熱に影響されながら、このスピードで動きつづけているんですね。それよりもオイルってもっとすごいと思いませんか?このスピードで動く金属を熱・圧力もかかり、それを油膜で保持するんですから・・・どちらにしても、すごい事なんですよ!

オイル交換はこまめに行いましょう!

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

知っていました?その14 窒素ガス

こんにちはプレジャーの店長でございます。

本日は窒素ガスのお話です。

窒素ガスとは?どんなものなのでしょう・・・
実は大気中(空気中)の78%が窒素で21%が酸素なんですよ。この事を忘れずに次のご説明を・・・。この窒素ガスは不活性ガスなので燃えずらい性質のもので、水分を吸収しづらく、熱の影響により体積の膨張率が低いというメリットがあります。さらに分子がタイヤのゴムの分子より大きいので、透過率が酸素の約3分の1と言われております。

窒素ガスをタイヤに入れる効果とは・・・
タイヤの空気圧の変動が少ない(タイヤが温まった時の空気圧の上昇が少ない・タイヤの空気圧が抜けずらい)ので安定した乗り心地や走行性能を安定させます。また不活性ガスなので、他の物質と化合しずらいので、タイヤ本体や特にマグネシウムホイールの酸化を防ぎます。また水分をあまり含まないのでタイヤ内部に水分が浸透せずにタイヤ接合部の剥離を防ぎます。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上のようにタイヤに窒素ガスを入れるとたくさんのメリットはあります。実際に私も20年ほど前にドラッグレースをやっていた時に、マシンのエアシフターを動かすための圧縮ガス(大気を圧縮して使うとエアシフターを動かした後に放出された空気に引火して炎上する恐れもありました)やタイヤに入れていましたよ。しかし・・・タイヤにガスを充填するのは大変な作業なんですよ!15インチで太くて大きなドラッグスリックと言われるリヤタイヤの空気圧は大きな体積に対して0.2~0.3Kg/cm2ぐらいでしたし、スタートラインにつく前に行うバーンナウト(ホイールスピンしてタイヤをあたためる)で一気にタイヤ表面温度は100度近くにまで温めます。そんなリヤタイヤに窒素ガスを充てんするのは大変な作業でして・・・

一度エアを抜いただけで窒素ガスを充填しても、タイヤ内部の窒素ガスは約50%しか入らないんです。(というより入れる意味がありません)レース用のホイールはホイールバルブが2個あり、片方から空気を吸い出しながら、もう片方から窒素ガスを入れてこそ正確に入るんです。

それではエアバルブ1個の場合は・・・一度入れて、抜いて、また入れて、また抜いて、またまた入れて、またまた抜いて・・・・・を10回ぐらい繰り返してはじめて効果がでてきます。だからボンベで買うと安いはずの窒素ガスですが、大量に使用しますので、逆にとっても高価な物になっていましたもんね・・・。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

知っていました?その13 ホイールバルブ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日はホイールバルブのあれこれでございます。一般的にチューブレスタイヤの場合ゴム製のホイールバルブが採用されていますね。しかし・・・これも劣化してしまうものなのですよ。Imgp5774

タイヤに空気を入れようとしたら・・・あらら?亀裂がありエア漏れを起こしてしまう・・・なんて事よくあります。このバルブを交換しようとすると、タイヤを外さないといけませんのでぜひタイヤ交換時にチェックしておいてくださいませ。そして必要であれば新品に交換しておきましょうね。

Imgp0567

ホイールバルブのキャップなんですが、やはり少しでも軽いほうがいいでしょうね。加速・減速時にホイールバルブにはとんでもない力がかかり、歪んでしまいます。それが原因でホイールバルブ取り付け部(根元部分)からエアが漏れてしまいます。一見チープに見えますがプラスチック製のものも方が断然いいですよ。特にスピード狂の方には・・・

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

知っていました?その12 ホイールバランス

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日は、ホイールバランスのお話です。ホイールバランスとは、タイヤ・ホイールなど回転部分の重量バランスの事をいいます。重量バランスには、スタチックバランス(静的バランス)とダイナミックバランス(動的バランス)の2通りあります。一般的にオートバイの場合はスタチックバランスの調整だけでOKです。

Imgp0558

バランサー台の上に乗せると重たいところが下になるように回転して止まりImgp0560 ます。簡単に言えばその反対側(軽いところ)にウエイト(おもり)を取り付けて、重量バランスをとります。このバランスがくるっていると一般的に回転時に縦方向の振動がでますので、ハンドルがこまかく振動したりタイヤの接地感がなくなったりします。

ウエイトはできればホイールの幅のセンターに近いところに取り付けた方がいいですね。今のタイヤやホイールは精度がいいので多くても30gまででバランスが取れますよ。それ以上にバランスがくるっているなら・・・一度思い切ってホイールとタイヤの位置を180度変えてみてくださいね。タイヤには軽い位置にマーキングしてあり、そこにホイールバルブを持ってくるのが一般的ですが、このときはそれを無視してくださいね。

Imgp0564

バランサー(おもり)は一般的に鉛でできており、いろいろな形があります。測定時はディスクローターやリヤスプロケットやエアバルブキャップも装着されている状態で測定してくださいね。

さて、ダイナミックバランスとは回転時に横方向にぶれるのを抑えるものですが専用の測定機で回転させながら測定します。車のホイールの様に幅が広くて片面で支持しているものとちがいオートバイは左右のベアリングで支持していますので、あまり影響がありません。

今までいろいろ整備してきましたが・・・ホイールバランスがおかしくてハンドルがぶれるというより・・・タイヤのエア圧の不良やタイヤの変磨耗が原因でトラブルが起きている方が断然多いように思いますので、ホイールバランスがどうのこうの言う前にタイヤ本体のメンテナンスをしっかりやってくださいね。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »