« クラッチレバーのフィーリング | トップページ | ZZR1400のプラグ交換 »

2014年7月 6日 (日)

ダイレクトイグニション

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

最近のフューエルインジェクションモデルに採用しております点火装置の一部では、ダイレクトイグニッションというものを採用しております。これはスパークプラグに火花を飛ばす為に電圧を増幅させるイグニッションコイルというものがプラグキャップに取り付けられている物なんですよ。

Imgp2829

写真の左側にあるのがプラグキャップなのですが、普通のものより大きいです。上部にイグニションコイルの機能が組み込まれております。通常はイグニッションコイルからプラグキャップまでをハイテンションコード(一般的にプラグコードという)でつなぐのですが、これがなくなり構成パーツの簡素化と電圧降下がなくなるという利点があります。どんどん進化していきますね・・・。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

|

« クラッチレバーのフィーリング | トップページ | ZZR1400のプラグ交換 »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040297/56708423

この記事へのトラックバック一覧です: ダイレクトイグニション:

« クラッチレバーのフィーリング | トップページ | ZZR1400のプラグ交換 »