« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

モスキート音

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

みなさん「モスキート音」ってご存知ですよね。高周波数の音は、年齢とともに徐々に聞こえ難くなるというものです。蚊が飛ぶ甲高い音で「ぷ~~ん」って音を想像してください。

昨日ご来店いただいたお客様で私よりお若い方で「エンジンを回していくと、何処からか金属をすり合わせたような振動しているような異音がするんですが・・・」との事です。

さっそく試運転いたしますが、音が聞き取れません!お客様はしっかり音出てますよ!と言われるのですが、何度試運転してきても私には聞こえません・・・。

結局・・・原因が解らずにもう少し様子を観ていただくことに・・・。年は取りたくないですね(笑い)。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

Ninja250Rの顔面整形

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Ninja250Rのお乗りのお客様でガンダムファンの方から、顔面整形のご依頼です。あーでもない・・・こーでもない・・・って言いながらどんな形にするかオーナー様と打ち合わせして形を決めていきます。この時間が楽しいんですよね。

Dscf0381

フロントカウルのヘッドライト脇にダクトを作りました。ノーマルのカウリングに穴を開けてFRPで造形いたします。

Dscf0433

弊社で販売しております「フェイスパネル Type-2」も装着してペイントいたします。ガラリと雰囲気が変わりますね。こんなカスタムは大得意です!なんでもご相談くださいね。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

2速だけが変なんですけど・・・。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

KSR110を通勤でご使用されてますお客様が「2速だけが変なんだけど・・・」とご来店です。試運転させていただきましたが、どこも悪いようなところは見当たりません。詳しくお聞きすると「2速だけがゴロゴロ異音がするんです」って事で再度試運転いたします。たしかに2速でトラクションをかけると微かに異音がします。スロットルを戻したりエンジンブレーキ時には異音がしません。これは間違いなくギヤの歯面が荒れているんでしょうね。

Dscf0423

ミッションギヤを取り外して点検です。これを取り出すにはエンジン全バラシになりますがしょうがないですね。ちなみに一番左側に位置しますギヤが2速になります。

Dscf0424

やはりギヤの歯面が破損しております。この2速のギヤはフリーギヤで内側にブッシュがはめ込んであります。今回このブッシュが異常摩耗してギヤ本体が振り出して破損したと思われます。摩耗や傷があるパーツを交換して作業終了です。このまま気が付かずに乗り続けたら間違いなくギヤが割れてエンジン全損でしたね。良かったですね早めに気が付いて。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

Z2のキャブレータチャンバーガスケット

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Z系(Z1やZ2)のキャブレータのオーバーホールです。キャブのフロートチャンバーのガスケットからガソリンがにじみ、黒ずんでよごれている物をよくみますが、キャブをオーバーホールする際に新品のガスケットに交換しても、やっぱりガソリンはにじむんですよ・・・

Imgp4668

新品のガスケットに交換してから、実際にご使用いただいてから、2回から3回はチャンバーを押さえているビスを増し締めしてやっとにじみが止まるんですよ。

Imgp6255

ある程度ガスケットがふやけてなじまないとダメなんでしょうかね・・・。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

スタータークラッチの破損

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

エンジンを始動するためには、スターターモーターでエンジンをクランキングしないといけませんが、スターターモーターの動力をスタータークラッチをかえしてクランクシャフトへ伝えます。このクラッチはスターターモーターからの動力をクランクシャフトへ伝えますが、エンジンが始動すると逆に空回りする構造になっております。そうしないとエンジンがかかっている時にモーターもまわり続けてしまうからです。このクラッチが破損するとエンジンがかけられなくなったり、スターターモーターがエンジンにつられて回り続けたり・・・いろいろなトラブルを引き起こします!

Imgp4299 Imgp4300

今回の車両はこのワンウエイクラッチ(一方向には動力を伝えますが、逆方向ではすべって動力を伝えないもの)が破損しておりエンジンが始動できなくなりました。この部分はそう簡単には壊れないのですが、古い車両ではちょくちょくありますね!古くてもパーツがデリバリされるものは良いのですが、パーツが販売中止されているぐらい古い車種だとリペアするのが大変なんですよ!

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

フューエルタンクのホース

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

フューエルタンクにはタンクキャップ付近に溜まってしまった水を外へ流しだすためのホースが取り付けてあります。フューエルタンクを脱着する際にはこのホースが折れ曲がっていたり、フレームとタンクの間に挟まってつぶれたりすると・・・タンクキャップ付近の雨水などが、流れ出なくなりタンク内にあるパイプが錆びたり、タンクの中に雨水が入ったりして大変な事になりますよ。Imgp0969 Imgp0968

コレはゼファー1100なのですが、タンクキャップ付近に溜まった水をタンク内のパイプを通りタンク下側に逃がすようになっています。そこからゴムチューブで外にたれ流すのですが、このバイクはゴムチューブが折れ曲がり、つぶれていたので、水がタンクキャップ付近に溜まってしまいます。ガソリンを入れようとキャップを開けると・・・そうです!水がタンクの中に入ってしまいますよね!結果的にタンク内が錆びてしまい、キャブレーターにゴミがまわり、オーバーフローしてしまいました。

みなさん、ご自分でメンテナンスする際はホースのつぶれや折れ曲がりに気をつけてくださいね!

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

ヴィクトリーカスタム

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

先日から少しづつ作業が進んでおりますヴィクトリーのバガースタイルカスタムですが、オーナー様のお希望でフューエルタンクも造形することになりました。

Dscf0351

フロントフォークやステム部分をいじったらフレームがむき出しになりフューエルタンクが小さく見えます。タンクの前方を伸ばしてエンジン前に位置しますアンダーカウルにつながるデザインにしてほしいとの事で、オーナー様と厚紙貼って形を決めていきます。

Dscf0352

こんな感じになりました。あとはFRPで型を作って製品を作っていきます。まだまだ時間がかかります・・・。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

ブレーキパッドの交換

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

今日はブレーキパッドの交換のお話です。パッドを交換する際にキャリパーのピストンはしっかりと洗浄しましょうね。汚れたままピストンを押し込むとシールを痛めたり、ピストンの動きが悪くなります。

Dscf0247

キャリパーのピストンが汚れているまま押し込む訳にはいきませんよね。古いパッドを取り外したら、レバーをにぎってやりピストンをすこし飛び出さしてやります。

Dscf0248

その状態でピストンに付着している埃や汚れを綺麗に洗浄いたします。すこしピストンを出してやった方が作業しやすいですね。

Dscf0249

洗浄後は新しいパッドを入れるためにピストンを押し込みます。

Dscf0250

新しいパッドはなじみを良くする為に、ディスクローターとの当たり面の角を少し面取りをしておきます。こうすると初期の引きずりも無くなりますよ。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

ヴィクトリーカスタム

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

先日から取り組んでおりますヴィクトリーのバガースタイルカスタムですが、どうしてもサイドボックスの車体への一体感がありません。

Dscf9494

サイドボックスとサイドカバーを流れるデザインでつなげたいので、まずは厚紙で造形してみてオーナー様に観てもらいます。

Dscf0365

そのまえにシートをすこし加工しておきサイドカバーの上から厚紙をぺたぺた張っていきます。サイドボックスは脱着式ですので、そこんところが難しいんです・・・(笑)。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

7mmのボルト

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

カワサキのオートバイの場合は使用しておりますボルトはほとんどが6mmXP1.0か8mmXP1.25か多いんですが、ほんのまれに7mmXP1.0のボルトを使用している場所があるんですよ。

Imgp1142 ZZR1100のエンジンですがクランクケースの下からの合わせ部の1箇所に7mmのボルトが使用されております。右側が6mmで左側が7mmです。パッと見は気がつきませんね。

Imgp1140 しかし取り外してみてよく比べるとわかります。右から6-7-8-10mmのボルトです。

この7mmボルトのところだけ締め付けトルクが大きいのでやはりそれなりの理由があるんでしょうね。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

VN2000のアイドリング不調

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

先日からVN2000のメンテナンスでアイドリングが不安定でエンストするというトラブルがあり悩んでいました。走行中にスロットルを全閉にして惰性で走っている時にいわゆるエンジンブレーキ時に突然「バスッン・・・」ってエンジンが止まってしまいます。KDS「カワサキダイアグノーシスシステム」で確認してもECUには何もトラブルは記録されていません。

Dscf0325

フューエルタンクを取り外したところに「吸気圧センサー」があります。スロットルボディーの負圧「吸気圧」をこのセンサーで拾っているのですが、そのホースがつぶれていました。

Dscf0322

これを見つけた時にはガッツポーズが久々に出ましたよ!通常時の燃料噴射量はスロットル開度とエンジン回転速度に基づいて計算をECUが行いますが、エンジン負荷がアイドリングまたは低回転時で少ない場合、いわゆるスロットル全閉時にはECUはスロットルバキュームとエンジン回転速度に基づき計算して燃料噴射量を決定しています。

簡単に言うと、スロットルが開いている場合は正常に燃料噴射しているのですが、スロットル全閉時のみ、吸気圧データーが正確にECUに送られないのでエンジン不調になったのでしょうね。これを見つけるのに丸2日かかりました。あ~~また白髪が増えましたよ(笑)。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

ヴィクトリーカスタム

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ヴィクトリーをバガースタイルでカスタムを進めています。ノーマルでも十分カッコいいのですが、まずはリヤのサイドバック部分を造形していきます。

Dscf9495

リヤフェンダーとサイドバックの間の隙間が気になります。サイドバックは脱着式なのですがなんだか一体感がありません。

Dscf0070

ファイバーで隙間を埋めるような形で造形していきます。さらにサイドバック下部もファイバーで継ぎ足していき低くて長いイメージのデザインにしていきます。

Dscf0349

こんな感じになりました。サイドバックは脱着式ですから造形が大変でしたよ・・・。本日オーナー様に見てもらい形の最終打ち合わせをいたします。ローダウンもしてさらに低くなります。まだまだ時間がかかりますね。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

クラッチのトラブル

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

クラッチがすべる・・・といってもいろいろな原因がありますが、今回はクラッチプレートの歪についてお話します。ゼファー400でクラッチワイヤーの取り回しが悪くて、またワイヤーにあそびがない状態で、クラッチレバーの操作が硬いままで走行されていたお客様のトラブルです。

Imgp4323

見た目はなんともないのですが、クラッチの切れが悪く、さらにすべります。クラッチをつないでいるつもりでも、クラッチが常に少しだけすべっていたのでしょうね・・・。走行中に常にすべっているので、異常なほど熱を持ち焼けてしまい、歪んでしまってます。バラして点検いたしますと、やはりクラッチプレートが熱で歪んでおり、左側のようになっていました。

Imgp4328

当然フリクションプレートも交換して、クラッチを押さえていますスプリングも交換です。

Imgp4326

左側が新品です。右側に比べて自然長が0.8mmほど短くなっております。当然スプリング張力が落ちておりますので交換です。みなさん、クラッチレバーの適度なあそびは必要なものなんですよ。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

3年連続でいただきました。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

カワサキ正規取扱店サービス協力店表彰というものがありまして、株式会社カワサキモータースジャパン様がカワサキ正規取扱店に対して[正規取扱店契約における「顧客の商品の所有と使用に関する満足度を向上させる」事によって販売を拡大させる観点から、契約内容のサービス関係部分を一定基準の基に評価させていただき、基準以上の正規取扱店様に対して、表彰状を発行いたします。]という目的で毎年全国の販売店の中から選ばれたお店が表彰されます。

Dscf0329

3年連続で今年も「優秀店」をいただきました。愛知・三重・岐阜県の中部3県のなかで、実は弊社だけなんですよ。簡単に言えば・・・カワサキのオートバイに乗っていらっしゃるお客様のメンテナンスをがんばってやってくれて、お客様を満足させてくれたので表彰しますよ!というものです。これからもがんばってみなさんのバイクライフを「楽しく・安心・安全にするお手伝い」をさせていただければ幸いに思います。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

ゼファー750 ワンウエイクラッチ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日は、ゼファー750のスターターワンウエイクラッチの交換のお話です。

Imgp4512

スターターのワンウエイクラッチとは、セルモーターでエンジンを始動するために大切な役目があり、セルモーターの動力をクランク軸に伝えて、さらにクランク軸からの動力はセルモーターに伝えないように滑らせる役目をしています。簡単に言えば一方向には動力を伝え、反対方向には動力を伝えないもので、ワンウエイといいます。今回の不具合は、このワンウエイクラッチがすべってしまいセルモーターが空回りしてエンジンが始動できません。写真の上の組み立てられたパーツは、不具合のあるパーツでとりはずした物です。今回は各部新品に交換いたします。

Imgp4517

ゼファー750はエンジンをフレームに搭載した状態で、マフラーを外してオイルパンを外してエンジン下から交換することができます。GPZ900R系のエンジンはエンジン全バラシしないといけないのでエンジンを下ろして作業しなくてはいけないのですが、今回は比較的簡単に作業ができます。・・・・・しかーーーし・・・・・エンジンの下にもぐりこんで、エンジン内部からたれてくるオイルと格闘しながらの作業は大変なんですよ!!

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

タイヤの編摩耗

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

スピード出すとフロントがブルブル震えだすんですが・・・と入庫しました車両ですが、よく見るとフロントタイヤが編摩耗しています。

Dscf0213

タイヤの溝は十分にありますが、おおきなウロコを張り付けたように特に中央部が編摩耗しています。タイヤの空気圧が異常に低かったので正規の空気圧に調整しましたが、編摩耗していますのでこのままではハンドルの振れは止まらないでしょうね。タイヤの空気圧の点検は最低2週間に1度は行ってくださいね。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

越前海岸 「浜茶屋 多来福」

こんにちは、プレジャーの店長ございます。

先日の日曜日はお客様みんなでツーリングに行ってきました。福井県の越前海岸で美味いものを食べに行きました。梅雨入りして降水確率40%という天気予報にもかかわらず、ピーカン天気で本当に気持ちよくライドできましたよ。

Imgp6334

タンデムで参加のお客様も含めて35人の大所帯で越前海岸のほとんど信号機の無い海岸線をの~~んびりと流します。そして海岸線の道路脇にあります「浜茶屋 多来福」さんで昼食です。

Imgp6331

前もって予約がしてあるのですが、小さなお店に35人も入れませんので野外になります(笑)。外の駐車場スペースにゴザを敷いてテーブルを並べての食事です。海岸線を走る車やオートバイが何事か?と駐車場に入ってきます!「えっ?ココでごはん食べられるんですか?」って・・・オヤジさんと女将さんが特別に美味い海鮮を用意してくれて参加者全員大満足です!波の打ち寄せる音を聞きながら野外で食べるからさらに美味いんでしょうね。毎年恒例のイベントになりそうですね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

ダイヤフラムの破損

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

エンジン不調で入庫いたしましたオートバイをメンテナンスいたします。アイドリング不調で止まってしまうし、エンジンが8,000rpm以上吹けあがらないのです。

エンジンの圧縮圧力を測定して異常がありませんので、キャブレーターを点検いたします。

Imgp5721

オーナー様にお話を伺うと・・・しばらく動かしていなかったのでエンジン不動の状態で他店に持ち込み、キャブレーターをオーバーホールしてもらったそうです。キャブオーバーホール後も調子は悪いままで、改善されずに、さらにエンジンオーバーホールを勧められたそうです。

弊社で点検いたしますと、キャブレーターのオーバーホールが不十分で、なおかつダイヤフラムの破損がありました。

Imgp5733

ダイヤフラムのゴム部分に穴が開いております。これではスロットルも正確に作動しません。なんでこんな事になっているのかは不明ですが、今までに15万円ほどかけてメンテナンスされたそうなのです。今回もう一度きっちりキャブをオーバーホールしてすべて改善されました。はじめに弊社に持ち込んでいただければ・・・・・と思う出来事でした。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

古いバイクのメンテはこれがあるから・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

S社のちょっと古い型の2サイクルエンジンのメンテナンスで、シリンダーから出ている冷却水ホースを取り外してみると・・・

Imgp6008

アルミシリンダー本体に鋳込んであるパイプが錆びてしまってボロボロになってます。へたに触ると崩れてしまいそうです。どうしよう・・・・・この錆びたパイプだけを切り取り、再生するのは不可能でしょうね。シリンダーを交換しないとダメでしょうね。思ったより高価なメンテナンス代になりそうです。トホホ・・・・・

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

フロントフォークのオーバーホール

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

「ここでフロントフォークをオーバーホールするとおいくらですか?」とY車に乗った初めてのお客様がご来店です。お客様によくお話をお伺いすると・・・つい最近、他店でオーバーホールをされたそうなんですが、オイル漏れが直らないそうです。1度オーバーホールをしたのですが、オイル漏れが直らずに再度作業をしてもらったのですが、やはり直らないそうです。

Imgp7524

分解して点検いたします。どうやらスライダーメタルは再使用してあるので、今回は新品に交換です。当然もう一度オイルシールは交換いたしますが・・・インナーチューブにサビやキズは無いのに、なぜ?ということでよく点検いたしましたら・・・

Imgp7525

60,000kmぐらい走行しております車両ですが、オイルシールの当たっている部分のインナーチューブが磨耗しております。これではオイルシールを新品に再度交換してもまたオイル漏れをおこしてしまうでしょうね。インナーチューブも新品に交換して一件落着です!思ったより高価なメンテナンスになりましたが、安心して乗っていただくにはしょうがないですね。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

エンジン暖まると・・・調子悪くなる・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

このところ、Z1やZ2のメンテナンスが特に多いですね。今回の修理は、エンジンが暖まると調子が悪くなります。エンジンをかけて30分ぐらいはいいのですが、だんだん調子が悪くなり最終的には4,000rpm以上回らなくなります。まずは、エンジンのコンディションを診るためにコンプレッション(圧縮圧力)を測定いたします。

Imgp6882

1番シリンダーから4番シリンダーまで全部測定いたします。4本ともプラグを取り外して、1シリンダーずつプラグ穴にコンプレッションゲージを装着して、セルモーターでクランキングいたします、このときはスロットルは全開状態ですよ!エンジンが冷えている時と暖気運転後の暖まった状態の時とそれぞれ2回測定してエンジンのコンディションを判定いたします。エンジンが冷えている時にコンプレッションが低く、エンジンが暖まっている時にコンプレッションが高くなる場合は、シリンダーの磨耗がみられます。冷えていても暖まっていても低い場合は、バルブフェイス面の異常磨耗やカーボンのかみ込みによる圧縮圧力低下が原因の場合が多いですね。今回の車両は特に異常はありませんでした。キャブレーターはオーバーホール済みとのことですので・・・・・点火系をチェックいたします。

Imgp7020

ピックアップはDYNA-Sにコンバートされていますが・・・よく観てみると・・・なにか溶け出しているみたいです。

Imgp7021

中の半導体パーツを保護しているもの?が熱で溶け出しているみたいです。これはイカンでしょう。とっ言う事で新品に交換です。どうやら、熱をもってくると火花が間引きされるみたいに失火するようです。ちょうどリミッターが効いたみたいに・・・。

Imgp7022

Imgp7008

進角ガバナを点検後、タイミングライトで微調整して点火タイミングを合わせていきます。さあ!これでOKですよ!!テストライドを50kmほどして不具合の無い事を確認してお客様にオートバイをお返しします!またおかしくなったらもってきてね。

バイクブロスさんに弊社の記事が載っています。よろしければご覧くださいませ。

http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/pleasureshop/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »