« バルブの組み付け | トップページ | ヴィクトリーカスタム »

2014年4月 2日 (水)

バルブクリアランス調整

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Z400FXのエンジンメンテナンスもいよいよ大詰めでございます。バルブクリアランスの調整をいたします。バルブを正確に開閉させるために必要なクリアランスを調整いたします。熱膨張を考えてインテークよりエキゾースト側のほうをすこし大目に取ります。

Dscf9599

カム山がバルブを押していないところをシクネスゲージという隙間を測定する工具で確認していきます。車種によって基準値は変わりますが、空冷エンジンのこの場合は、INは0.10mm~0.20mm・EXは0.15mm~0.25mmになるように調整していきます。今後のバルブの磨耗を考えて基準値の大きいほうに合わせていきます。

Dscf9594

このタイプはインナーシムタイプなので、もう一度カムシャフトを取り外して、リフターの下にセットしてあるシムの厚みを調整していきます。

Dscf9593

小指のつめほどの大きさのシムをマイクロメーターで厚みを測定して、0.05mm単位で用意されているシムに入れ替えながら調整していきます。なんども組んだり・ばらしたり・・・けっこう時間掛かります(笑)。

|

« バルブの組み付け | トップページ | ヴィクトリーカスタム »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルブクリアランス調整:

« バルブの組み付け | トップページ | ヴィクトリーカスタム »