« 四日市の「とんてき」 | トップページ | プラスチゲージ »

2014年3月26日 (水)

ピストンリング合口すきま

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Z400FXのエンジンメンテナンスでピストンリングの合口隙間を測定します。前回のシリンダー内径の測定とピストン外径の測定の結果で、シリンダーとピストンは再使用することにして、ピストンリングだけ新品交換する事にいたします。

Dscf9420

シリンダースリーブの一番磨耗していない下部にリングをはめ込み、その合口すきまをシクネスゲージで測定いたします。このすきまが広すぎる場合はブローバイガスが上がり過ぎたり、適正な油膜保持ができなくなりますのでシビアな確認が必要になります。

Dscf9418

今回は新品を入れるのですが、トップリング・セカンドリングは基準値に入っていました。しかしオイルリングの合口すきまが基準値より狭いので修正いたします。オイルストーンを使い時間はかかりますが丁寧に削っていきます。このひと手間が大切なんですよね。

|

« 四日市の「とんてき」 | トップページ | プラスチゲージ »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピストンリング合口すきま:

« 四日市の「とんてき」 | トップページ | プラスチゲージ »