« バルブステムガイドの交換 | トップページ | バルブの組み付け »

2014年3月30日 (日)

バルブのすり合わせ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Z400FXのエンジンメンテナンスでシリンダーヘッドのステムガイド入れ替え、シート面の修正が終わりましたので、バルブのすり合わせをいたします。

Dscf9567

タコ棒という吸盤がついた専用の工具にバルブをくってけて、バルブフェイス部にバルブコンパウンドを塗布いたします。荒・中・細目と3種類ありますコンパウンドのうち今回は中目を使います。

Dscf9569

タコ棒を使い軽く回転させながらたたいていきます。スクリューパンチをすごいスピードで繰り返し送り出す感じで「タッタッタッ・・・・タッ!」って細かく動かします。すり合わせが良い感じになってくると音が変わってきます。初めは高い音で「カンカンカン・・・」って音ですが、すり合わせが良い感じになってくると「コンコンコン・・・」になります。やりすぎると磨耗しすぎてしまいますので、1本のバルブで15秒~20秒ぐらいです。

Dscf9582

コンパウンドを拭き取り確認いたします。バルブフェイスの真ん中あたりに0.8mm~1.0mmほどの幅ですり合わせの跡が残ります。当たる位置や幅はヘッドのシート面の修正のときに微調整しながら光明丹で確認しながら削りましたので理想的な当たりになってますね。

|

« バルブステムガイドの交換 | トップページ | バルブの組み付け »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルブのすり合わせ:

« バルブステムガイドの交換 | トップページ | バルブの組み付け »