« エンジン乗っけて作業終了です。 | トップページ | Ninja250R ワンオフカウルの作成 その1 »

2014年2月24日 (月)

キャブレータ装着時のSST

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ゼファー750などのホリゾンタルキャブを装着する際は、狭い隙間にはめ込むのに難儀いたします。無理やり押し込むとゴムのインシュレーターなどをゆがめてしまったり、傷つけたりします。そこで手作りSST(スペシャルサービスツール)を使うと簡単に作業ができますのでご紹介いたします。

Dscf9148

まずはホームセンターで塩ビの薄い板を買ってきて適当なサイズに切ったものを2枚用意します。柔らかい材質で割れないものが良いですね。

Dscf9150

2枚のプレートをエンジンとエアクリーナーボックスの間に入れて準備いたします。

Dscf9152

2枚のプレートの間にキャブレーターを滑りこませます。ゴムのインシュレーターなどは変形いたしますが、傷つけることなく押し込めます。

Dscf9155

キャブレーターを各インシュレーターの位置まで持っていったら、エンジン側のプレートを抜き取ります。

Dscf9156

エンジン側は意外に簡単にポコッっと入りますので、次にエアクリーナー側のプレートを抜き取ります。

Dscf9157

エアクリーナー側のゴムのダクトのゆがみを修正しながらはめ込みます。これで作業時間は約4分の1で済みますし、正確な作業ができますね。キャブの脱着する機会あったら、やってみてね!驚くほど作業がしやすいのですよ。

|

« エンジン乗っけて作業終了です。 | トップページ | Ninja250R ワンオフカウルの作成 その1 »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャブレータ装着時のSST:

« エンジン乗っけて作業終了です。 | トップページ | Ninja250R ワンオフカウルの作成 その1 »