« バルブのすり合わせ | トップページ | シリンダーの組み込み »

2014年2月17日 (月)

バルブの組み込み

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

シリンダーヘッドのカーボンも綺麗に洗浄いたしましたし、バルブのすり合わせも完了いたしましたので、バルブの組付けをしていきます。

Dscf8958

バルブステムシールは全部新品に交換していきます。このシールが古く物は硬くなってしまい シール性が悪くなると、ステムシャフトを伝ってオイルが垂れてきます。いわゆるオイル下がりですね。

Dscf8959

上から指で押さえ込んではめ込みますが、硬いもので押さえ込むと上部のシールリップ部を変形させてしまいますので、慎重に作業いたします。

Dscf8964

バルブスプリングを取り付けて各バルブを半月状のコッタを使い固定していきます。この時に2個のコッタをそれぞれ両脇に隙間を開けるようにいたします。そこしでもストレスのかからないように取り付けるのです。最後に軽く頭をプラスチックハンマーなどでたたいてやりコッタの位置を落ち着かせてやります。この両脇に隙間を作る事がとっても重要なのですが、サービスマニュアルなどには記載されていない隠れワザなんですよ。

|

« バルブのすり合わせ | トップページ | シリンダーの組み込み »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルブの組み込み:

« バルブのすり合わせ | トップページ | シリンダーの組み込み »