« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

ちぎれたドライブベルト

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

先日、ちょうどお店の前で原付スクーターが壊れてしまって立ち往生しているお客様がみえました。「エンジンはかかるのですが、走っていかないんです。」走行中に大きな音で「ガチャン!ガラガラ・・・」ってなったそうです。

普段はあまり原付スクーターは触らないのですが、とりあえず駆動系を分解点検しようと思いドライブベルト付近のカバーを外してみました。

Imgp4067

みごとにベルトがちぎれております。遠心クラッチもズルズルに磨耗しており、変速ウエイトローラーもバラバラになっております。正直・・・修理するのに費用かかりますけど・・・修理見積りを出してみると、修理するより乗り換えたほうがいいかもって感じですね。どうします?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

次期主力戦闘機?飛来!!

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

めっきり秋っぽくなってきましたね。この時期になりますといろいろな虫たちも御来店いただきます。夕べお店の明かりに吸い寄せられるように一匹の虫が飛んできました。それがとってもカッコいいんですよ。

Imgp0849

戦闘機にそっくりなんです。色といい、形といい・・・。

Imgp0852

垂直尾翼もちゃんとありますし、コックピットらしい物も見えます。何ていう種類の蛾なんでしょうね?ひょっとして・・・次期主力戦闘機の試作機だったりして(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

ねんどで確認

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Z400FXにハイコンプピストンとハイカムを組み込みます。ピストンとシリンダーヘッドのクリアランスやバルブとのクリアランスは十分とれているのでしょうか?確認いたしましょう。

Imgp1250

まずは、ピストンヘッドの上にねんどを乗っけます。バルブのリセスあたりや、ピストンの淵のスキッシュエリヤあたりにもねんどを乗せます。

Imgp1251

ヘッドを仮組みいたします。このとき前もってバルブクリアランスは合わせておかないといけませんよ。組み終わったら、ぐるぐるとクランキングします。このときピストンが頭を振りやすくする為にわざとピストンリングは組み込んでいません。

Imgp1258

もう一度ヘッドを分解してねんどのつぶれ具合をノギスで確認いたします。バルブのリセスあたりは十分にクリアランスはあるようです。スキッシュエリアも2mmありますので、これも十分ですね。安心して本組み立てできますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

なつかしい~~あったな・・・むかし・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Z400FXの修理車が入庫いたしました。先日ツーリング中にエンジンが止まってしまい、エンジンが再始動できない!という事です。お客様が軽トラックに乗っけてきました。ややっ!なつかしい物が付いていますね~~。

Imgp5616

正式な名前は解かりませんが・・・たしか・・・エレキサイトって言ったかな?エンジンかけるとプラグキャップがビカビカッって光るんですよ!

Imgp5617

どこのお店か知りませんが、長野県方面へツーリング行ったときにトラブルにみまわれ、たまたま修理してもらった「おじいさん一人でやってる古いお店」お店のほこりまみれのガラスケースの隅に新品であったそうです。1個1,000円ぐらいだったそうで、ちょうど4個あったそうです。お宝発見!ですね。

ところで、今回のトラブルは充電不良でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月26日 (木)

ギヤチェンジがうまくできないんですけど・・・。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Dトラッカー125を通勤で御使用いただいてますお客様から「ギヤチェンジがうまくできなくなったんだけど・・・」と連絡いただき、すぐに引取り・点検いたします。毎日往復約120kmの通勤ルートで約1年で50,000km走ってらっしゃいます。試運転してすぐに原因は解かりましたので分解してチェックいたします。

Imgp0789

クラッチカバーを取り外してすぐに確認できますパーツで、ギヤチェンジした時にシフトドラムを動かすアーム部分のリターンスプリングが破損しておりました。

Imgp0791

写真の右側に見えます「かえでの葉っぱ」みたいな形のものが、シフトドラムを動かす部分になります。

Imgp0793

チェンジペダルを踏み込むと爪の付いたアームがシフトドラムを一定の位置まで回転させてギヤチェンジしてくれます。チェンジペダルから足を離すとペダルは元の位置に戻ります。このときにさっきの破損したスプリングが縮 んでアームを元の位置に待機させます。このスプリングが破損するとうまくドラムを一定の位置に送れなくなってしまうのです。

この説明・・・むつかしいですね。

とにかく、たいした事になってなくて良かったです。でもお客様にはご迷惑をお掛けしてしまいましたね。すいませんでした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

カスタムペイント最新情報

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ZX-10Rのオールペイントでございます。オーナー様はサーキット走行専用にして、毎週末に地元のサーキットで楽しんでらっしゃいます。カウリングはクレバーウルフ製のFRPカウルでございます。

Imgp0435

サーキットで走っている映像も観せていただきましたが、スリックタイヤを履いてトラクションコントロールをフルに効かせてとんでもないスピードで走っていらっしゃるご様子です。

Imgp0437

FRP製のカウルにヘッドライトレンズの絵を描いてあります。手間をかけたペイントですが一発クラッシュでバラバラになってしまわないようにしてくださいね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

チョークとスターターバルブの違い

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

キャブ車では、エンジンが冷えているときに始動する際に「チョーク」を作動させますが、いったいチョークとは何でしょうか?

Imgp3647

アクセルワイヤーで動くスロットルバタフライバルブとは別に、もう一つチョークレバーで動くバタフライバルブがあります。写真では手前の開いているのがチョークバルブで、その奥で閉じて見えるのがスロットルバルブです。チョークバルブはエアクリーナー側に近いほうにあります。

Imgp3646

スロットルバルブは、アクセルをあけると開きます。しかしチョークバルブは通常は開いたままになっています。そこでチョークレバーを動かすと、写真のように閉じるのです。ではどんな仕事をするのでしょうか?

エンジンが動いて、ピストンが上下すればインテークマニホールドには負圧が発生します。その時に強制的にこのチョークバルブを閉じてやり、より大きな負圧にしてやります。すると、キャブレータのチャンバー室のガソリンがたくさん吸いだされて結果的に濃い燃料をエンジンに送る事になるのです。

Imgp3645

チョークを引いたまま、アクセルを開けてエンジン回転を上げると、チョークアンローダー機能があり、チョークバルブは開きますが、やはりチョークはエンジン始動時だけ作動させたほうが良いですね。

そこで、スターターバルブと言われるものがあります。キャブレーターに直接付いているプランジャーを引っ張るタイプは、ほとんどのものはスターターバルブタイプです。これは、スターターを引いて、通常とは別の通路を開けてやり、開いたときだけ一時的に濃い燃料を送るようにしています。コノ機能にはアンローダー機能がなく、スターターを開いたままで走行すると、常に濃い燃料を 送り続けているのでだんだん調子が悪くなります。走行時はスターターバルブが全閉になるように戻っている事を確認してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

出雲そば

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

九州ツーリングの最終日はちょっとハードスケジュールです。広島県の江田島のお宿を朝9:00に出発してから島根県の出雲大社へ行きます。その後名古屋まで帰って約780kmの道のりです。長い道のりのんびり行きましょうって事で、出雲大社までいく途中で天気も良いのでちょっとパーキングエリヤでのんびりいたします。

Imgp0718

芝生の上でゴロンと横になると自然に目を閉じてしまいます。このころ名古屋は台風の影響でとんでもない事になっているらしいのですが・・・。

Imgp0748

お昼すぎに出雲大社に到着いたしました。連休中という事もあり 観光客でにぎわいます。

Imgp0766

昼食は出雲そばをいただきました。小さな器に盛られた蕎麦に出汁をかけていただきます。小分けされた器ごとにいろんな味が楽しめますね。食べ終わってからお店の方に聞いたら、おいしくいただく順番があったそうなのですが、腹が減っていたので順番なんか関係なく食べちゃいました(笑)。

この後、名古屋に向けて帰路につくのですが、台風の影響で高速道路が各地で通行止めをくらって、渋滞でとんでもない事になるなんて誰も想像していませんでしたよ。

今年で連続15年目の「九州ラーメンツーリング」略してKRTですが、博多の中洲の屋台「呑龍」にラーメンを食べに行くためだけの企画です。毎年参加者様も増えており、もうすでに来年の計画に入ってますよ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

国民宿舎 能美海上ロッジ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

九州ツーリングの2泊目は広島の江田島にあります「国民宿舎 能美海上ロッジ」でございます。ほぼ海の上に建っているお宿で、すべての部屋はオーシャンビューというより、窓の下は海です。ここの温泉は海水?ってぐらいしょっぱいお湯でした。お風呂に入ったのが晩い時間でしたので景色は楽しめませんでしたがとっても良いお風呂でした。

Imgp0663

夕食の宴会を終えて、もうひとっ風呂あびて、一つの部屋に集まり2次会で盛り上がります。ほんとにたのしい時間をすごしましたよ。おなじ趣味を持って集まった奴らには、職業・年齢なんてものは関係ないんですね(笑)。

Imgp0686

夕べはあんなに飲んで食って騒いだので、翌朝は腹が減って目がさめます。お宿で食べる朝食ってなんでこんなに美味しいんでしょうかね?

Imgp0704_2

波の音を聞きながら、気持ちよい潮風にふかれながらの朝食は最高ですね。

Imgp0701

朝食は一人前普通に食卓に並んでいるのですが、それとは別にビュッフェスタイルでサラダやカレーなどが食べ放題です。江田島の海軍カレーって書いてありましたが、この付近ではカレーはみんな「海軍カレー」って言うんですかね(笑)。朝からガッツリ食べさせていただきました。ごちそうさまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

広島風お好み焼き

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

今年の九州ラーメンツーリングの2日目は広島まで戻ってきました。広島と言えば呉の「大和ミュージアム」とそのとなりにある「てつのくじら館」です。連休中という事もあり、駐車場に入りきれない車で街中は大渋滞です。オートバイですり抜けしながらやっとの思いで大和ミュージアムのオートバイ用のパーキングに到着しました。時間はお昼をまわってPM2:00です。

Imgp0621

どうしても広島風お好み焼きが食べたくて・・・お店に駆け込みます!私的には初めて食べるお好み焼きです。麺2倍でも同じ料金と言う事で、もちろん麺2倍で注文します。美味いですね!麺がふわふわでソースの味がきいてて最高です。って!大和とくじらを見学する時間がなくなってしまうのであわてて腹に収めます。

Imgp0641

今回は2時間ほどしか時間が取れないので足早に見学いたします。じっくり観て回るには6時間ぐらいはかかるかな(笑)。さて今夜の宿泊先の江田島にある「国民宿舎 能美海上ロッジ」で急いで行きましょうかね。このお宿はほとんど海の上にあると言ってもいいぐらいの建物ですべての部屋のベランダの下は海だそうです。たのしみですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

久留米の大砲ラーメン

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

九州ツーリングで博多に一泊した時に、天神にあります「久留米 大砲ラーメン」を食べてきました。昔ラーメンというメニューがあり、歴史ある屋台時代のこってり味で手づくりの昔ラードから生まれる豚脂の揚玉(通称カリカリ)が懐かしい風味を加えます。こってり系「呼び戻し」の王様だそうです。

Imgp0553

予想どうり美味しいです。個人的な好みはあると思いますが、九州で食べるラーメンはどれも美味しいですね。名古屋では出会わない味に感動しながらいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

辛子蓮根

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

九州ツーリングで博多駅前のお土産屋さんで「辛子蓮根」を買いました。熊本県の郷土料理ですが、あまり日持ちする物ではないようで「できればその日の内に食べて欲しいわ~~」という事で今夜宿泊するビジネスホテルで食べる用に買いました。もちろんクール便で真空パックもお土産で買いましたけどね。

Imgp0573

蓮根の穴の中に辛子味噌を詰め込んで、小麦粉・ターメリックなどを混ぜた揚衣を付けて油で揚げてあります。すぐに食べられるようにお店で切ってもらいました。初めは「すごく辛いのでは・・・」と思っていましたが、ほどよい辛子味噌のからみが病みつきになります。

Imgp0572

蓮根の穴の中に辛子明太子を詰めた物です。どちらも美味しいですね。お酒のつまみには最高ですね!名古屋ではほとんど食べることができないので、今回はコレも楽しみの一つだったんですよね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

屋台「呑龍」の新メニュー

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

9月14日(土)~16日(月・祝)の3日間で、九州(博多)・広島・島根を旅してきました。総勢17名でのツーリングでございます。初日に博多の中洲にあります屋台「呑龍」を襲撃いたします(笑)。今年で連続15回目の襲撃で腹いっぱい食べさせてくれて飲ませてくれます。

Imgp0586

ラーメンと串焼きの屋台ですが、襲撃人数が多いので特別におでんも用意していただきました。おでんは博多どんたくの時にしか出さないそうですが、今回は特別みたいです。牛スジを串から抜いておろしポン酢で食べるのがメチャメチャうまいんです。

Imgp0600

これが地鶏焼きです。歯ごたえある肉質で一般的な物とはまったく旨みが違います。屋台のオヤジさんや女将さんが「腹いっぱい食えよ!」ってマジすごい量の料理が屋台特有な狭いカウンターに並びます。これ以上食べたら、メインのラーメンが食えなくなっちゃうよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

Z250にディライトを取り付けます。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

新型のZ250(マッドブラック)を走行中に目立たせるためにデイライトを装着いたします。一般的にLEDのユニットを取り付けるのですが、カッコよく取り付けるためには・・・

Imgp9108

前方からみてシュラウドの内側に取り付ける事にしました。LEDが入るようにリューターで一つずつ穴を開けていき、そこにはめ込んでいきます。

Imgp9109

光らせるとこんな感じになります。

Imgp9116

デイライトのON/OFFスイッチは、Ninja400Rの左側ハンドルスイッチを流用してハザードのスイッチを使用いたします。

Imgp9119

正面からみると結構目立ちます。通勤スペシャルでご使用になるオーナー様が、黒いオートバイは目立たないから少しでも目立つようにしたいので・・・というご依頼でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

シリンダーベースガスケット

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

エンジンをオーバーホールする時、特に4気筒のシリンダーなどを組み込むときにはシリンダーとクランクケースの間にガスケットを入れるのですが、ピストンをシリンダーに入る作業をしている時にガスケットを傷つけてしまう可能性があります。そんなときは・・・私はこうしています。

Imgp5507

前もってガスケットをシリンダー側に輪ゴムで固定しておきます。

Imgp5508

こうしておけば、作業中にガスケットをキズつけずにできます。最後に輪ゴムを切ってやれば良いですから簡単に正確に作業ができますよ。普通はみなさんはこんな事する機会はそうないでしょうが参考にしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月11日 (水)

臨時休業のお知らせ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

9月14日(土)~16日(月・祝)の3日間は恒例になりました「九州ラーメンツーリング(KRT)」のためにお店は臨時休業させていただきます。お休みの間は皆様にご迷惑をお掛けいたしますがご承知おきくださいませ。そのかわりに翌17日(火)は営業いたします。

Imgp7267

今年で15年連続の恒例ツーリングになります。今年は17名の腹ペコライダーがチャレンジいたします。

Imgp7499

初日は名古屋からひたすら高速道路で福岡の博多に向かいます。約850kmを一気に移動して、夜は中州の屋台ではじけ飛びます。

Imgp7521

毎年お世話になっている春吉橋付近の屋台「呑龍」さんです。毎年私たちが来るのを楽しみにしてもらってまして、腹いっぱい食わせて・飲ませてくれます。私たちが行くときはキンキンに冷えたビールがケース単位で酒屋さんから運ばれてきますよ(笑)。

Imgp7539

これまた毎年楽しませてくれる「鰻つり」です。水槽の外まで釣り上げるとバァちゃんが炭火で焼いてくれます。酔っ払った状態でファイトすると・・・目が回ってぶっ倒れそうになりますよ(笑)。ここのバァちゃんも冷えたチューハイを用意してくれてるので、いつの間にか水槽の周りで宴会が始まります(笑)。

今年は、2日目に広島まで戻り呉の「大和ミュージアム」を見てきます。広島で一泊してから3日目は出雲大社を経由して帰路につきます。3日間全工程で2,000kmです。がんばれおっさんライダー達!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

アイドリング回転が3,000rpm・・・?

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ZZR250が「ヴゥウォ~~」ってやってきました。どうやら・・・エンジンの調子が悪く、アイドリング回転が安定せず止まってしまうので3,000rpmぐらいまで上げて走っているみたいです。それでは乗りづらいでしょ!っていうより危険です!!中古でご購入されたそうで買った時からこんな感じだったそうです。買ったお店に修理に持って行ったら「古いからこんなもんですよ!」って言われたそうなのですが・・・。

Imgp5546

しばらく動かしていなかった車両らしく、キャブレータのオーバーホールが必要だと思います。とりあえずパイロットスクリューを取り外してみると、汚れていますね!これではダメでしょ!

Imgp5545

キャブを分解してキャブクリーナーにドブ漬けして洗浄いたします。

Imgp5548

この小さなパーツの特に先っぽはとっても重要な部分です。細かいピッチのスクリューを4分の1回転動かしただけ(テーパ状の先っぽが0.0何mm動くだけ)でエンジンの調子が変わってしまいます。キレイにヨゴレを落として、フロートレベル合わせて、同調とって完成です。どうです?乗りやすくなったでしょ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

カスタムペイント最新情報

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

今日はカスタムペイント最新情報のご紹介です。NinjaZX-14Rのオールペイントでございます。

Imgp0374

お客様と細かいデザインを検討しはじめてから・・・完成までに3ヶ月かかりました。

Imgp0434

赤のキャンディーカラーがベースになり、少しづつ違う赤を幾層にも重ねてラインデザインしてあります。

Imgp0432

部分的にレインボーフレークを上から重ねて「キラキラ」感が出ている箇所もあります。

Imgp0433

車体センターには手芸センターで買ってきた「レーステープ」を利用して模様を入れてあります。

Imgp0431

テールレンズやウインカーレンズにもデザインペイントしてあります。光らせるとステキなんですよ。1色塗ってはマスキングして重ね塗りして、また1色塗っては・・・を何十回繰り返して、最後にオーバークリヤを塗るのですが、各塗装ラインの段差をペーパーで研いで無くし、またオーバークリヤを塗りペーパー研ぎをして・・・も繰り返して指で触っても段差が解からないようになってます。マスキングテープは2ケースぐらいは使ったかな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

キャブレータ油面調整

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

5万kmを走ってきた250TRです。毎日乗っているのですが最近調子が悪くて・・・と持ち込まれてきました。まずはバルブクリアランスの調整をして、それから・・・

Imgp4908

キャブレータを分解点検いたしますと、フロートバルブの当たっているところが「ポチッ」っと磨耗しております。これが原因でガソリンの油面が上がってしまいエンジンの調子が悪いんですね。

Imgp4912

フロートの高さを測定いたしますと、正規な値より2mmも狂っています。ほんのすこし磨耗しているだけなのにね~~・・・。ということで、フロートの高さ調整のためのツメ部分をすこし曲げて調整いたします。まだまだ乗れますよ!めざせ10万km!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

カメラを向けられると照れますね。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日は「ロードライダー誌」の取材で、編集の方とカメラマンさんが御来店でした。ZZR1400・ZX-14Rの特集記事のため朝から夕方までみっちりと写真取り・取材でした。

Imgp0387

プロのカメラマンさんに写真を撮ってもらうのですが、レンズを向けられて「にこやかに普段どおりで良いですよ!」って言われるのですが、照れくさくて顔が引きつってしまいます(笑)。どんな顔で写っているのか楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

大切なオートバイが水没したら・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

名古屋は昨日の夕方から豪雨が続きまして、各地で洪水の被害が出ております。今朝から水没したオートバイの対応に追われております。

みなさま、大雨での水害はありませんでしょうか?被災された方には、何と言って慰めたらいいか言葉を失います。また、心からお悔やみ申し上げます。今回は水害で大切なオートバイが水没したら・・・のお話です。

Imgp9724

水没すると、イグニッションキー(電源)を入れてないのに、ヘッドライトやテールランプがかってに点灯したり、急にホーンがなったりします・・・電気ショートしている場合が多いですから、注意が必要です。水が退いたら、電気ショートして燃えてしまうことも、多いに考えられますよ。

大切なオートバイが水没したら・・・どこまで、水没したのかケースバイケースですが、水が退いたらすぐにでも対処しましょう。まず最初にバッテリー端子をはずしてください。そして次は、たいがいの場合は泥水や汚水ですので、いたるところがドロドロ・ベタベタ・ネチネチになっています。みるみるうちに錆びてきますので、すぐに洗車です。この時絶対にエンジンをかけようとしないでください。絶対ですよ!!

Imgp9721

エンジンオイルを抜いてみて、水が混入している場合は重症です。マフラー出口より上に水が来た場合はエンジン内部に水が入ってしまいます。エアクリーナーを取り外して、マフラーを取り外して、それぞれ点検して必要であれば、洗浄してください。キャブレーター、燃料タンク内も点検してください。タンクは”あっ!”という間に錆びますから、要注意です。

オイルの中に少量の水の混入であれば、エンジンをオーバーホールしなくてもいいでしょうが、たっぷり入っている場合はすぐにでも、分解洗浄します。速攻ですよ!!

メーターやECU・スターターモーター・電動ファンなどは水に沈むとまず修復不可能ですので、思い切って新品交換が必要です。FI車はハーネスも交換です。あと・・・シートのスポンジも水がしみこんでいますので、しっかり乾かさないとカビが生えます・・・言い出したらきりがありません。

とにかく、メンテナンススピードが大切です。4サイクルエンジンは再生率が高いですが、残念ながら2サイクルエンジンはあきらめていただく場合が多いですね。

とにかく水害にあわぬように、できるだけ高いところに駐車するようにしてください。としか言えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

スパークプラグのオイル漬け

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ZZR1100・ZRX1200R・GPZ900R・・・などスパークプラグを交換しようとして取り外してみたら・・・あらら・・・プラグがオイルまみれになってる?ってことよくありますね。

Imgp9950

なんだか始動性も悪いし、なんだかエンジン回転にストレス感じるし、なんだか燃費が悪いし・・・・・って症状がでます。

Imgp9955 Imgp9954

それは、ヘッドカバーのスパークプラグホールのガスケットがへたってくるとなっちゃいますよ。ゴム製のある程度厚みがあるガスケットなんですが、古くなってくるとカチカチに硬化してしまい、オイルリークしてしまいます。交換にはヘッドカバーを取り外さなければならないので、ついでにバルブクリアランスの調整をするといいかもね。

プラグ交換時に気がついたら、はやめに修理したほうがいいですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

アクスルシャフトの腐食

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日は、アクスルシャフトのお話です。タイヤ交換をしようと思い、アクスルシャフトを抜こうとしたら・・・固着してかたくて抜けない・・・!なんて事があります。無理やりたたいて抜いてみると、腐食しているんです。

Imgp2810

これは、サビというより・・・腐食なんです。なぜ?こうなるのでしょう?実は・・・シャフトと接触している、ベアリングやカラーの材質の違いからおきる電位差が原因なんです。ちがう材質の金属が接触すると、その間には微電流が流れます、この電位差で腐食していまうんですよ。自転車なんかのサドルの高さを変えようとしたら、シャフトが動かない?アルミフレームにステンレスのシャフトなので、錆びないハズなのに・・・っと同じです。

Imgp2812     

 

ここで問題なのは・・・シャフトをたたいて抜くという事です。ホイールベアリングはものすごいスピードで回転する精密なパーツです。たたくという事はベアリングの芯がずれてしまったり、ベアリングの玉にキズがついたり、破損したりします。こうなれば新品交換しかありませんね。ベアリングにガタがあると、乗り心地が悪くなりますし、ブレーキの引きずりなんかもありとっても危険ですからね。

組み付ける際は腐食をサンドペーパーなどで磨いて取り除くことは絶対必要ですが、シャフト全体に薄くグリスを塗布いたします。接触面に微電流が流れないようにします。こうしておけば、今度シャフトを抜くときは、「スルスルッ・・・」と抜けるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

Wシリーズのヘッドライトケースのビビリ音

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

W800/W650/W400などで、ヘッドライトケースから「ビビビッ・・・ッ・・・」とビビリ音がしている車両をよくみかけます。すべての車両ではありませんが、あるエンジンの回転数に共振して、ヘッドライトケースとヘッドライトリムの間で擦れ合って異音になっている事が多いのです。

Imgp8839_2

当店では新車を納車させていただく時に対策させていただいております。ホームセンターなどで手に入るスポンジタイプのすきまテープが大活躍です。

Imgp8842

ヘッドライトケースの内側のふちにこのスポンジテープを貼るだけです。ほんのコレだけの作業でビビリ音は無くなり、快適にライドできますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »