« 30年前に作られた物なのです。 | トップページ | お盆の連休のお知らせ »

2013年8月11日 (日)

エンジンが暖まると調子が悪い・・・。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

このところ、Z1やZ2のメンテナンスが特に多いですね。今回の修理はエンジンが暖まると調子が悪くなるという車両です。エンジンをかけて30分ぐらいはいいのですが、だんだん調子が悪くなり最終的には4,000rpm以上回らなくなります。まずは、エンジンのコンディションを診るためにコンプレッション(圧縮圧力)を測定いたします。

Imgp6882

1番シリンダーから4番シリンダーまで全部測定いたします。4本ともプラグを取り外して、1シリンダーずつプラグ穴にコンプレッションゲージを装着して、セルモーターでクランキングいたします、このときはスロットルは全開状態にしてくださいね。エンジンが冷えている時と暖気運転後の暖まった状態の時とそれぞれ2回測定してエンジンのコンディションを判定いたします。エンジンが冷えている時にコンプレッションが低く、エンジンが暖まっている時にコンプレッションが高くなる場合は、シリンダーの磨耗がみられます。冷えていても暖まっていても低い場合は、バルブフェイス面の異常磨耗やカーボンのかみ込みによる圧縮圧力低下が原因の場合が多いですね。今回の車両は特に異常はありませんでした。キャブレーターはオーバーホール済みとのことですので・・・・・点火系をチェックいたします。

Imgp7020

ピックアップはDYNA-Sにコンバートされていますが・・・よく観てみると・・・なにか溶け出しているみたいです。

Imgp7021

中の半導体パーツを保護しているもの?が熱で溶け出しているみたいです。これはイカンでしょう。とっ言う事で新品に交換です。どうやら、熱をもってくると火花が間引きされるみたいに失火するようです。ちょうどリミッターが効いたみたいに・・・。

Imgp7022

Imgp7008

進角ガバナを点検後、タイミングライトで微調整して点火タイミングを合わせていきます。テストライドを50kmほどの走行を2回行って不具合の無い事を確認してお客様にオートバイをお返しします!またおかしくなったらもってきてね。

|

« 30年前に作られた物なのです。 | トップページ | お盆の連休のお知らせ »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンジンが暖まると調子が悪い・・・。:

« 30年前に作られた物なのです。 | トップページ | お盆の連休のお知らせ »