« W650ワンオフシート作成 | トップページ | キャブレータO/H その2 »

2013年6月30日 (日)

キャブレータO/H その1

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

12年間動かしていないバイクのキャブレータオーバーホール編を数回に分けてお伝えいたします。

Imgp2965

まずは、メインジェットやスロージェットやニードルホルダーなどの分解できますパーツをキャブレータ本体から取り外します。見ての通りコテコテになってます!・・・すごい臭いです!ファクトリー中この臭いが充満いたします・・・

Imgp5755

ゴムパーツは除き、すべてキャブクリーナーの液に漬け込みます。キャブレータ本体の細かい通路にまでキャブクリーナー液が浸透するように何度もひっくりかえしながら、じっくり漬け込みます。よごれの具合によりますが・・・今回は・・・約1時間です。市販で売っているスプレータイプではぜんぜん効果がありませんので、やはりこの漬け込みタイプでないといけません。あまり長い時間漬け込むと・・・アルミをボロボロにしてしまいますので、状態をよく見ながら漬け込みます。

さて後は・・・また今度・・・

|

« W650ワンオフシート作成 | トップページ | キャブレータO/H その2 »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャブレータO/H その1:

« W650ワンオフシート作成 | トップページ | キャブレータO/H その2 »