« ZZR1100Dエンジンメンテ その6 | トップページ | ZZR1100Dエンジンメンテ その8 »

2013年6月26日 (水)

ZZR1100Dエンジンメンテ その7

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ZZR1100Dエンジンメンテの続きでございます。カムシャフトを組み付けて、いよいよバルブクリアランスの調整です。

Imgp1624

バルブステムの上部に位置しますシムとロッカーアームの隙間にシクネスゲージという隙間を測定する工具を使い確認していきます。

Imgp1629

このシムは0.05mm単位で厚みが違う物が用意してありこのシムを交換しながら隙間を調整していきます。クランクを回転させながら各気筒のインテーク・エキゾーストバルブが閉じている箇所のバルブクリアランスを調整していきます。

Imgp0230_2

使用しますシムには厚みがマーキングしてありますが、必ずマイクロメーターで確認しながら適正なシムを入れていきます。

Imgp0231

場合によっては、オイルストーンで微調整のため削りながら適正なシムを作る事もあります。この後、バルブタイミングを確認して作業終了です。この後はまた、あした!

|

« ZZR1100Dエンジンメンテ その6 | トップページ | ZZR1100Dエンジンメンテ その8 »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ZZR1100Dエンジンメンテ その7:

« ZZR1100Dエンジンメンテ その6 | トップページ | ZZR1100Dエンジンメンテ その8 »