« 寸又峡の吊橋 | トップページ | タイヤチューブのよじれ »

2013年5月31日 (金)

カートリッジタイプのトランスミッション

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

アプリリヤ250RSのトランスミッションでございます。

Imgp7146

なにげないミッションアッセンブリの写真ですが・・・カートリッジタイプなんですよ!普通はクランクケースを全バラシしないとミッションギヤは取り出せないのですが、このタイプですとエンジンを車体に載せたまま作業ができて、クランクケースのミッションカバーにギヤとシフトドラム・シフトフォーク等が全部くっついた状態で取り出せます。

Imgp7151

今回は5速でギヤ抜けしてしまう・・・という事で点検がてらカートリッジで取り外しました。

主にレーシングマシンに採用されており、市販車でも採用されているオートバイもあります。ミッションギヤ比の交換が簡単に行えるという利点がありますね。

|

« 寸又峡の吊橋 | トップページ | タイヤチューブのよじれ »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カートリッジタイプのトランスミッション:

« 寸又峡の吊橋 | トップページ | タイヤチューブのよじれ »