« ブレーキキャリパーの洗浄 | トップページ | バルブスプリングの話 »

2013年5月20日 (月)

ラッピング加工

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

W800のベベルギヤ(シリンダーヘッド側のみ)にはギヤの精度を上げる為に「ラッピング加工」なるものが施されております。すこしでもノイズを少なくする為の加工です。

Imgp8972

コレが実際のW800ヘッド側のベベルギヤです。たしかにW650の物よりギヤの歯面がスベスベしております。では「ラッピング加工」とは・・・

一般的にラッピング加工とは、ラップ定盤と呼ばれる平面の台上に工作物を置き、ラップ定盤と工作物下面間に、砥粒としてラップ剤(ダイヤモンドスラリー)を挟み、工作物に上から圧力を加え摺動させて行う研磨方法です。 そのため、高性能な加工面、寸法が得られます。

ベベルギヤの場合はどのように施工するのかは解かりませんが、ようするに・・・圧力をかけて研磨してあるという事なんですね。けっこう費用がかかる加工法なのですよ。

|

« ブレーキキャリパーの洗浄 | トップページ | バルブスプリングの話 »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラッピング加工:

« ブレーキキャリパーの洗浄 | トップページ | バルブスプリングの話 »