« バルブスプリングの話 | トップページ | プラグキャップにも向きがあります。 »

2013年5月23日 (木)

バルブタイミングのお話

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日はバルブタイミングのお話です。レース用のカムシャフトなんかを購入すると、BTDCとかABDCとか書いてありますよね。あれはバルブが開き始めるタイミングや閉まりきるタイミングのことなんですよ。

例えば、BTDC30°というのはビフォアートップデットセンタ30°と言って上支点前30°と言う意味です。ABDC60°はアフターボトムデットセンタで下支点後60°と言う意味なんですよ。

それでは問題です・・・BBDC45°とATDC55°はどうでしょうか?答えは最後に・・・・・

Imgp2697

それから、バルブタイミングに補足して1mmなんて書いてある場合がありますが、バルブが動き始めるタイミングを正確に読めないので、バルブが1mm動いた(リフトした位置)状態で測定してくださいという意味なんです。

またDURATION(デュレーション)といってバルブが開いている角度を示しています。ハイカムと一言にいっても、ハイデュレーションカム(一般的にTYPE1)長い時間バルブが開いているものと、ハイリフトカム(一般的にTYPE2)バルブの開く量が大きいものがあります。TYPE2はバルブの動く量(リフト量)が大きいので、必ずバルブスプリングも強化しないといけないんですよ。なぜバルブスプリングを強化しないといけないかは、通常より多く開いているバルブをすばやくカムフィールに沿って戻すには、強いスプリングが必要なんです。

Imgp2699

せっかく良いカムシャフトでも指定のタイミングで動いてなければ意味ないですから、時間はかかりますが丁寧に調整していきます。

答えです↓ 

BBDC45°・・・下支点前45°/ ATDC55°・・・上支点後55°

|

« バルブスプリングの話 | トップページ | プラグキャップにも向きがあります。 »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルブタイミングのお話:

« バルブスプリングの話 | トップページ | プラグキャップにも向きがあります。 »