« フロートレベルの調整 | トップページ | 有害ガス等発散防止装置の性能 »

2013年3月 1日 (金)

スロットルケーブルの曲がり

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

スロットルの戻りが悪いのですが・・・と入庫いたしました。すぐに右側ハンドルスイッチのスロットルホルダーを分解点検いたします。

Imgp8732

あららっ・・・やっぱり!ケーブルの先が曲がっています。以前メンテナンスした際に無理やり取り付けたのでしょうね。この曲がった部分がホルダー内部にひっかかるので、スロットルの動きが悪いのでしょうね。

Imgp8733

一度曲がってしまったケーブルをまっすぐに戻してやると、ほとんどの場合は曲がった部分がちぎれかかっている物が多いのです。数本のワイヤーでより線で作ってあるのですが、その半分ぐらいのワイヤーが切れています。

走行中に切れたらその時点で走行不能になりますのでご注意を!

|

« フロートレベルの調整 | トップページ | 有害ガス等発散防止装置の性能 »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スロットルケーブルの曲がり:

« フロートレベルの調整 | トップページ | 有害ガス等発散防止装置の性能 »