« オイルポンプの不良 | トップページ | 2013 Ninja250 試乗車ご用意できました! »

2013年1月21日 (月)

変質してしまったガソリン

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

2年ほど動かしていないオートバイのキャブレーターです。ガソリンが変質してタール状になっています。ガソリンは浸透性が高いので細かい部分まで染み込んで、ガソリンの添加物だけがこのように変質してしまうんでしょうね。Imgp2962

Imgp2965

こうなってしまうと小さなパーツの細かい穴や通路が詰まってしまってますので、キャブレーターをバラバラに分解して、キャブクリーナーの原液につけこんで、このタール状になったよごれをキレイに溶かし洗浄しなくてはいけません。結構手間のかかる作業になります。

Imgp3034

分解洗浄後に組み立てて、キャブレーターの同調を取り、複数気筒が同時に作動するように調整も必要になります。最新型のインジェクションモデルは燃料が空気にふれずにフューエルパイプに待機しておりますので、5年ほど放置しておいても、こんな事にならないのですがね・・・・・。燃料タンクの中の燃料はダメになってしまいますが、とりあえずバッテリーが元気でセルモーターさえ正常に回せればエンジンかかる場合が多いですから・・・・。

|

« オイルポンプの不良 | トップページ | 2013 Ninja250 試乗車ご用意できました! »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変質してしまったガソリン:

« オイルポンプの不良 | トップページ | 2013 Ninja250 試乗車ご用意できました! »