« セカンドギヤの秘密 | トップページ | チェンジペダルが戻らない・・・! »

2012年9月 8日 (土)

ギヤ抜け

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

走行中にうまくセカンドギヤに入りません。ローギヤからシフトアップしてセカンドギヤに入れても、トラクションをかけるとセカンドから抜けてしまい、まともに走る事ができません!いつもの事でシフトフォークが曲がっているのでしょう・・・という事で分解・点検いたします。

Imgp2479

やはり、セカンドギヤを動かすシフトフォーク(写真の真ん中のシフトフォークで傷だらけのものです。)が曲がってしまい、セカンドギヤのかみ合いのドック部分も磨耗しています。

Imgp2687

右側が新品部品です。見比べてみると磨耗具合がよく解かります。

Imgp2679

フリーギヤの内側にあるメタル部分も異常に磨耗しています。っと言う事でせっかくここまで分解したので、すこしでも編磨耗している箇所とミッションベアリングもすべて新品交換していきます。

Imgp2720

ラフなクラッチ操作や無理なシフトダウンなどが原因でこのようにシフトフォークが曲がってしまいます。シフトフォークが曲がると・・・スライドするギヤが動く量が少なくなりドック部分のかみ合いが浅くなり抜けやすくなります。すると・・・シフトフォークをさらに曲げてでも抜けてしまいます。すると・・・またまたかみ合いが浅くなり抜けてしまいます。悪循環ですね。ギヤチェンジの時は正確にクラッチを切ってから確実に操作してくださいね。あと・・・オイル交換も定期的にしてくださいね。当店では、3,000km毎または3ヶ月毎での交換をお勧めしています。

|

« セカンドギヤの秘密 | トップページ | チェンジペダルが戻らない・・・! »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギヤ抜け:

« セカンドギヤの秘密 | トップページ | チェンジペダルが戻らない・・・! »