« カスタムペイント最新情報 | トップページ | ペイントの打ち合わせ »

2012年7月15日 (日)

GM-8300

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

GPZ750Fのフューエルタンクからガソリンが漏れてしまいます。古い物なのでしょうがないのですが、どうやらタンクの裏側のステーがスポット溶接してある部分からにじんでくるみたいです。

Imgp6472

塗装をはがして確認いたしますと、どうやらスポット溶接で付いているプレートの内側からにじんできます。タンクの内部をコーティングする手もありますが、まずは初挑戦ですが外側から接着剤で固めてみましょう。

Imgp6475

使用いたしますのは、「GM-8300」という先進エポキシ樹脂の接着剤です。耐ガソリン性もあり、タンクローリーの穴の開いたガソリンタンクの修理もできるという物です。硬化するとカッチカチになるようです。

Imgp6476

取り扱い説明書を熟読してから施工いたします。今のところ・・・ガソリンの漏れも止まり良い感じですね。

|

« カスタムペイント最新情報 | トップページ | ペイントの打ち合わせ »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GM-8300:

« カスタムペイント最新情報 | トップページ | ペイントの打ち合わせ »