« みそ汁の自販機 | トップページ | 小さな部屋に・・・想像してみてください。 »

2012年1月 8日 (日)

チョークとスターターの違いは・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

キャブ車では、エンジンが冷えているときに始動する際に「チョーク」を作動させますが、いったいチョークとは何でしょうか?

Imgp3647

アクセルワイヤーで動くスロットルバタフライバルブとは別に、もう一つチョークレバーで動くバタフライバルブがあります。写真では手前の開いているのがチョークバルブで、その奥で閉じて見えるのがスロットルバルブです。チョークバルブはエアクリーナー側に近いほうにあります。

Imgp3646

スロットルバルブは、アクセルをあけると開きます。しかしチョークバルブは通常は開いたままになっています。そこでチョークレバーを動かすと、写真のように閉じるのです。ではどんな仕事をするのでしょうか?

エンジンが動いて、ピストンが上下すればインテークマニホールドには負圧が発生します。その時に強制的にこのチョークバルブを閉じてやり、より大きな負圧にしてやります。すると、キャブレータのチャンバー室のガソリンがたくさん吸いだされて結果的に濃い燃料をエンジンに送る事になるのです。

Imgp3645

チョークを引いたまま、アクセルを開けてエンジン回転を上げると、チョークアンローダー機能があり、チョークバルブは開きますが、やはりチョークはエンジン始動時だけ作動させたほうが良いですね。

そこで、スターターバルブと言われるものがあります。キャブレーターに直接付いているプランジャーを引っ張るタイプは、ほとんどのものはスターターバルブタイプです。これは、スターターを引いて、通常とは別の通路を開けてやり、開いたときだけ一時的に濃い燃料を送るようにしています。コノ機能にはアンローダー機能がなく、スターターを開いたままで走行すると、常に濃い燃料を 送り続けているのでだんだん調子が悪くなります。走行時はスターターバルブがキチンと戻っている事を確認してくださいね。

|

« みそ汁の自販機 | トップページ | 小さな部屋に・・・想像してみてください。 »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョークとスターターの違いは・・・:

« みそ汁の自販機 | トップページ | 小さな部屋に・・・想像してみてください。 »