« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

なんだ?これ!・・・すごい・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

これはなんだと思いますか?

Imgp1815

フロントホイールのサイドカラーです。それにしても・・・この溝は?正常な物にはこんな溝はありません。

Imgp1814

この溝は、ホイールのオイルシールのリップ部分で削れてしまった物なのです。とうぜんオイルシールはこの金属製のカラーより柔らかいゴム製なのですが・・・フリクションロスはゼロって感じですね。このオートバイ・・・いったい何キロ走行しているのかな?

Imgp1818

メインキーを入れて走行距離を確認すると・・・納得!!

14万キロだって・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

KAZE X-11

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

みなさん、KAZE X-11 ってご存知ですか?Kaze_x11

1990年に カワサキ と三重県にある WEST RACING CARS CO,LTD. で共同開発が始まり、1993年までに12台製作されました。エンジンは直列4気筒DOHC16バルブ・160ps/10500rpmでZZR1100のエンジンをモデファイして搭載していました。シャーシーはセミモノコックを採用して、本格的なフォーミラーマシンの性能をもっていました。

実は・・・ちょうど開発時期に何度かWEST RACINGさんにあそびに行っていましたが、見かけなかったですね・・・極秘で開発だったんですかね。当時の発売価格はいくらだったかな?バブルのころですからね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

W800 カスタムシート作成

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

W800のシートをワンオフで作成いたしました。モコモコタックロールをいかして、W1SA風の形状にしてみました。

Imgp1784

ノーマルに比べて、着座位置の幅をすこし広げて若干厚みも増やしました。タンデム部分との段差もつけました。

Imgp1775

サイドモールののラインでとても立体感が出たと思います。タンデムベルトも追加いたしました。

一番後ろは盛り上げました。微妙なテールライン がセクシーでしょ!(笑)気にいってます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

KZ360 まぼろしのカワサキ4輪車

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昔、川崎重工が4輪車を作った事があるんですよ!知っていましたか?

開発者の方の熱い想いは・・・エンジンを活用した仕事というなら、何といっても花形は乗用車です。やがて道路網が整備されるだろう時、そこにカワサキのエンブレムをつけた車を走らせたい!

B4bf2a9c14f291e89a6357365fdc80f4

この開発プロジェクトは当時の川崎重工役員会での受けもよく、直ぐ試作の予算が認められ、当時の砂野社長の発案でこのプロジェクトは「KZプロジェクト」と命名された。カワサキのZ旗であるという意味を込められていました。

岐阜の工場で車体を、明石の工場でエンジンを試作・テストを繰り返しました。ところが事業化の検討に入ったときに、三菱500とマツダクーペ360の販売開始が発表され、これから設備投資という段階のカワサキが一歩出遅れたことは明白でした。

軽自動車を販売するディーラーなど一切持っていない川崎重工にとって、この出遅れは致命的となり、首脳部は一転事業の中止を決定しました。昭和34年(1955年)のことである。

もし本当に実現していたら、今頃はどうなっていたのでしょう。すごいスーパーカーを作るメーカーになっていたかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

サークリップには表と裏があります。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

KSR110のフロントスプロケットの取り付けは、スプラインの切ってあるシャフトにスプロケットを入れて、サークリップで止めます。

Imgp7276

このサークリップはいろいろなところに採用されています。トランスミッションのギヤを止めたりチェンジペダルを止めたり・・・でも・・・このサークリップには表と裏があるのをご存知でしたか?

Imgp7274

このパーツは打ち抜きで作られるので、端の形状が片面は丸く、片面はエッジの効いた角が立っているんですよ。主に固定したい物が飛び出してこないように取り付けるものなので、取り付け方向があるんです。

Imgp7278

解かりやすく絵を描いてみました。左側のようにサークリップを取り付けるのが正解ですよ!絵でも解かる様に左側のように取り付ければ、サークリップがはずれづらいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

カワサキ730会 サマーキャンプ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

9月3日(土)・4日(日)の日程で中部地区の有志で集まったカワサキ正規取扱店のネットワーク「カワサキ730会」のサマーキャンプが開催されます。

長野県下伊那郡売木村「うるぎ星の森オートキャンプ場」で参加店10店舗ほど約120名のお客様で盛り上がろうと思います。そこで各店舗で模擬店をやります。カレー・やきそば・フランクフルト・焼き鳥・スウィーツ・豚汁・カキ氷・ビール・ジュース・・・・・などの屋台風(?)のお店が出ます。ちなみに私共プレジャーではお客様に手伝っていただき 「炎の焼き鳥!生焼け注意!!」のお店を開きます。

Imgp1726

参加者されますお客さますべてに食事券「ミールチケット」10枚綴りをお配りいたします。このチケットで好きな物を引き換えてお食事していただきます。たとえば・・・ビールやチューハイなら 2チケット・・・焼き鳥なら 1チケット・・・カレーなら 2チケット・・・カキ氷なら 1チケット・・・みたいな感じで、みなさんに楽しんでもらおうと思います。

Imgp1727

参加店は今から模擬店の準備がいそがしく、とっても楽しみにしております。夕べたまたまご来店いただいた常連のお客様に手伝っていただき、このチケットを作っている間中・・・「にやにや・・・」含み笑いをしながら楽しんで作りました。チョーたのしみです!

このイベントに参加ご希望のお客様は、今すぐプレジャーにてエントリーしてくださいね。締め切りせまる!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

W800 サイドバックステーの作成

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

W800のシート両サイドに本皮製のバックを装着するために、ステーを作成いたしました。ノーマルのタンデムグリップにステンレス製のパイプを溶接します。

Imgp1307

こんな感じです。パイプの向きはすこし前下がりです。

Imgp1699

黒くパウダーコーティングするとほとんど目立ちません。この両サイドのパイプにぶらさげる本皮製のバックをバック専門の職人さんに依頼して特注で製作中でございます。

Imgp1701

このパイプの角度や向きを左右合わせるのは大変でした。そのために治具まで作りましたから・・・バックの出来上がりがたのしみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

ヘッドライトが点灯しないんですけど・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ER-6nにお乗りのお客様から・・・「ヘッドライトが点灯しないんですが・・・」と連絡をいただきました。すぐに車両を引き取りにお伺いして点検いたします。ヘッドライトバルブもフューズも切れていません。さてさて・・・

Imgp1428

バッテリー電圧をチェックいたしますと、エンジンを始動して3000rpmぐらい回しても電圧が上がってきません。充電不良ですね。ヘッドライトを点灯させるためにはヘッドライトリレーというものがあり、このリレーが動かないとヘッドライトは点灯しません。メインスイッチをONにしたときはまだヘッドライトは点灯しませんが、セルモーターが回りエンジンを始動するとエンジンに装備されている発電装置からの電源でリレーが働きヘッドライトが始めて点灯するようになっているのです。だから、発電装置が異常ですとヘッドライトが点灯しないんですよ。

Imgp8192

発電不良の原因を探りますと、エンジン右側にある発電用のコイルがショートしていました。このコイルは交流発電するものです。

Imgp8200

さらに原因を探っていると、ボルテージレギュレーターの不良も見つかりました。これは先ほどのコイルで発電された交流電気を直流電気に変換してさらに、12V~14Vぐらいに電圧を制御してくれている大切なパーツです。

Imgp8195

ステーターコイルとボルテージレギュレーターを交換します。

Imgp1430

エンジンを始動して3000rpmまで回してバッテリー電圧をチェックいたします。正常な電圧になりました。これでヘッドライトも正常に点灯いたします。12Vバッテリーですが、エンジンが回っていると14Vぐらいまで電圧は上がります。これが正常な電圧なんですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

ヘルメットペイント最新情報

こんにちは、プレジャーのチーフでございます。

ヘルメットのペイント最新情報でございます。お客様がお持込いただきましたヘルメットはGIVI製の物で始めて見ました。こんなモデルあるんだ・・・?!

Imgp1656

あごの部分が夏用?冬用?で取替えができます。ヘルメット横のレバーを動かすと透明のシールドの内側にスモークのバイザーが出てきます。

Imgp1655

って・・・ヘルメットの説明ではなく・・・ヘルメット上部にはレースを利用して細かい柄を入れて「どうやってこんな細かい模様を入れたの?」って不思議な感じのデザインです。ラップ塗装よりおもしろいデザインになりますよ!後部にはオーナー様の名前も入りました。ヘルメットペイントの事ならおまかせくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

アルカンターラのシート

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

VN2000のカスタムシートです。ベース部分からすべてワンオフになります。表面には2色のアルカンターラを使用いたします。そのアルカンターラに細かいパンチングで穴を開けてその下にシルバーの合成皮革を入れてみました。角度を変えてよ~~く見ると・・・シルバーの下地がキラキラしています。

Imgp1608

アルカンターラという素材は合成皮革ではないのですが(もちろん本皮でもなく)、バックスキン風の肌ざわりのものです。フェラーリやポルシェなどのシートやステアリングに使用してありますね。

防水性はまったくありませんので、雨天時にご使用される方や雨水のあたる駐車場のかたにはおすすめできません。カビてくさってしまうそうです。万が一ぬれてしまった場合はしっかり乾かせばいいのですが・・・。ひじょうに高価な素材ですが、見た目には高級感がありチョーかっこいいですよ!

加工をご希望の方は カワサキSHOPプレジャー までお問い合わせくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

カスタムペイント最新情報

こんにちは、プレジャーのチーフでございます。

カスタムペイント最新情報でございます。VN2000にオレンジ系のローライダー塗装でございます。ラップやレースを使い模様を入れます。

Imgp1658

オレンジ・イエロー・レッドなどのキャンディーカラーもふんだんに使います。

Imgp1657

メタリック・ラメ・フレークも使いたおします。

Imgp1632

デザインも複雑でマスキングの時には頭がこんがらがってきます。オーバークリアも細心の注意でフィニッシュいたしましたので塗装の段差はなく自信作です。

Imgp1639

ペイントだけで約2か月の大仕事でした・・・!なんども組んだりバラしたり・・・大変でしたがやっと完成いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

フロントブレーキの異音の原因は・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

フロントブレーキをかけると・・・「クククッ・・・ククッ・・・」って変な音がします。ホイールが回転していてブレーキをかけていない時にもなんだか変な音「コツッ・・・コツッ・・・」とホイールの回転に合わせて音がします。

Imgp1591

ブレーキパッドを確認いたしますと、回転方向に大きなエグレた溝があります。って事はディスクローターに原因があるに違いありません!

Imgp1592

やっぱりありました!何か硬い物を噛み込んだのでしょうローターに傷が付いております。さらに その傷の先にはエグレたローター の小さな破片が溶着された様にこびり付いています。手で触って解かる程度の出っぱりです。この出っぱりを削り取って、試運転して異常がないか確認して一件落着でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

ブレーキキャリパーの洗浄

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ブレーキがひきずる・・・ブレーキを軽くかけると異音がする・・・などのトラブルの際は一度ブレーキキャリパーの洗浄をしてみるというのも一つの手ですよ。

Imgp1581

ブレーキパッドの削れカスやほこりなどがキャリパーピストンやブレーキパッド周辺にびっしりこびり付いています。

Imgp1584_2

パーツクリーナーや中性洗剤を使い、ブラシでゴシゴシ洗います。ブレーキピストンはパッドを取り外してからブレーキレバーをにぎって少しだけピストンを飛び出させてから洗浄すると良いでしょう。

Imgp1585

飛び出したピストンを洗浄しますが、サビなどがあれば800番ぐらいのペーパーでサビを磨ききってから、また同じように押し込んでパッドを付けて組み込みます。

Imgp1590

これだけの事でブレーキのトラブルが解消する場合もありますので、定期的にメンテナンスすると良いでしょうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

ツヤ消し

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ツヤ消しペイントは一歩間違うと、ただ汚れているようにみえてしまいカッコ悪くなるのですが・・・デザイン次第でチョーカッコよくなります。こんなデザインはいかがでしょうか?

Imgp1376

バックミラーやフロントフォークガードまで統一したカラーでペイントいたしました。わざと剥げかけた感じにしてあります。

Imgp1375

でも・・・ワックスがかけられないのが弱点ですね(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

日本のマチュピチュ・・・竹田城跡

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日はみんなでナイトツーリングでした!兵庫県朝来郡の竹田城跡にご来光を拝みに行きましたよ。

Imgp1479

山の頂上にお城の石垣が残っています。ふもとの駐車場まで 単車で行き、暗い中約30分の登山で城跡までヒーヒーいいながら登ります。ぎりぎりご来光に間に合いました!

Imgp1459

日が昇るにつれて全貌が見えてきます!すばらしい景色です!!

Imgp1500 Imgp1521

それにしても昔の人はすごいですね!こんなところに城を建てたなんて・・・こんどは家の家族で来ようかな?時期的に9月~11月上旬は雲海が広がりとっても幻想的な景色になるらしいですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

我武者羅に汗びっしょりで・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

2日間の日程で、近所の中学校の職場体験学習が終了いたしました。1名の中学2年生の生徒さんがお店に来ていろいろと勉強してもらいました。・・・といっても何かできる訳でもなく、本人に興味のある事はと聞くと、「メカに興味があります!」との事で、とりあえず解体車を分解してもらいました。

Imgp14441

慣れない手つきで工具を使い一生懸命です。汗びっしょりに頑張る姿を見て・・・俺も最初はこうだったかな・・・って初心にもどります。我武者羅って感じです!!

Imgp1449

お昼からは、オートバイのタンデムで三河に新車の登録についていってもらいました。収入印紙を買ったり、ナンバープレートを買ったり・・・いろいろと体験してもらいました。譲渡証は再交付できない物で、コレを無くしちまったら、そのオートバイは新車であっても二度と登録できない部品取り車になるんだよ!の言葉に緊張しながら窓口に書類を提出する姿が初々しいです。

整備に興味がある様子ですので、ゆくゆくは整備士の免許を取ってくれると良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

EPL オイル添加剤 「PL-500」

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

EPL オイル添加剤 「PL-500」 のご紹介でございます。Imgp1676

エンジンが本来持っている性能をフルに引き出すためのオイル添加タイプの金属表面処理剤です。エンジンのみならず、ミッション、デフ、フロントフォークなどの金属摩擦の起きている全ての部分に使用でき、フリクションロスを大幅に低減することで、さまざまな効果がえられます。

エンジンオイルに添加する場合は、はじめオイルの量の5%ほど添加いたします。その後オイル交換する場合は、3~8%ほどの割合でリピートして添加する事ををおすすめいたします。エンジンの始動性はよくなり、レスポンスもよく、燃費があがりますのですぐに体感していただきますよ! フロントフォークのオイルに添加すると驚くほど、しなやかにサスが動きますので、効果は絶大でございます。

価格は500ccで15,750円(税込み)で、4Lほどのオイル容量のエンジンなら約3回分でございます。お試しで1回分での小分け販売もいたしますので、ご相談くださいませ。 実際に当店では、みなさまにボトルで販売させていただき、ボトルキープしていただいておりますよ! 一度入れたら次も絶対に入れないと安心できないからなんだって・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

フロントフォークの簡単ゆがみ点検方法

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

オートバイで転倒してしまい・・・なんだかまっすぐ走れない・・・?って事ありますよね!フロントフォークが歪んでいるかどうか見た目では解からないのだが・・・という時の簡単な点検方法をお教えいたしましょうか。

Imgp4239

まずは2本の長い真っすぐな棒を用意してください。その2本の棒をインナーチューブの上の方と下の方に写真の様に合わせてみてください。

Imgp4240

まずは右側の端っこを合わせる様にしてみてください。そして今度は左側の端っこを合わせる様にしてみて、同じように合わさればいいのですが・・・。

Imgp4241

この写真のように、左右の合わさり方が違う場合は、左右のインナーチューブが平行でないという事になりますよね!本当はインナーチューブを車体から外して1本づつ曲がりがないか点検して、ステムの歪みなども個別に点検するのがいいのですが・・・とりあえず簡単な点検方法です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »