« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

金目鯛&船盛り

こんにちは、プレジャーの店長です。

土日で静岡県の伊豆 雲見温泉へツーリングで行って来ました。天気もよく、意外に暖かくてたのしくライドできました。外国人の参加者さまも数人あり、とっても国際交流?できて宴会や温泉もたのしかったです。なんといっても金目鯛や船盛りが最高でした。

Imgp8107

今回お世話になりましたお宿は、食べる温泉宿 民宿「大漁」さんです。

http://www7.ocn.ne.jp/~tairyou/

夕食は美味しい物ばかりで、みんな大満足です。たくさんいろいろな種類の柄の浴衣が用意してあり、露天風呂も最高です!宿の方みなさん良い方ばかりです。

Img_1974

外国人の参加者さまも、みなさん大満足です。うまいことチョップスティックを使っておりました。ジャパニーズスタイル「ENKAI」のセカンドステージ・サードステージまで大盛り上がりで、日本語・名古屋弁・片言の英語・片言のドイツ語・片言のフランス語・・・もうめちゃくちゃでしたが、たのしく夜はふけていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

フューエルホースの劣化

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

古いオートバイをメンテナンスする際に気をつけることはたくさんありますが、その一つにフューエルホースのチェックがあります。ホースが劣化してしまい、ひどい場合は穴が開いたり、裂けたり、ちぎれたりしてそこからガソリンが漏れてしまいます。

Imgp8071

20年ほど前のオートバイですが、キャブレーターオーバーホールと一緒に、フューエルフイルターも交換いたします。あらあら・・・やっぱり・・・フューエルホースにも亀裂が・・・まだガソリンは漏れてきませんが、これでは時間の問題ですね!今回はすべてのフューエルホースを新品交換ですね!

明日の27日(土)とあさっての28日(日)は、伊豆一泊ツーリングのためお店は時休業いたします。みなさんにご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。参加されます方は、朝8:00にお店を出発いたしますので、遅れないようにね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

オフロードキャリヤ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

KLX250にオフロードキャリヤを装着いたしました。アルファスリー社のアルミです。

Imgp8084

アルミにアルマイト加工してあり、なんといってもデザインがいいですね!カッコいいです!!大きすぎずにちょうど良いサイズだと思いますよ。ラゲッジフック(荷かけフック)は削りだしでとってもデザイン性に優れていると思います。

Imgp8081

取り付けも簡単で、丈夫に設計されています! その他の車種もご用意できます。

http://www.alphathree.co.jp/carrier.htm

お問い合わせくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

こんなのいかがですか?

こんにちは、プレジャーのチーフでございます。

お客様のご依頼でこんな物を作ってみました。

Imgp8077

1988年のGSX-R1100です。お客様がご自分でカウルを作ってきました。なにかのアニメに出てきそうなデザインです。ヘッドライト縦2灯でデイライトのプロジェクターが左上にあります。右側にレクサスのホーンが装着されています。全部ご自分でデザインして作ったそうです。すごいですね!!

今回は、このカウルにすこしだけ手を加えました。左右のナックルカバーをFRPで製作いたしました。特に右側のナックルカバーはホーン部分をスリットデザインで隠すようにした大きなものです。こんなワンオフ品は作っていてたのしいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

なに?これ?

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日、ドリフター1500のエンジンオーバーホールのお話をしましたが、フロントシリンダーの圧縮がありません・・・。とりあえずエンジンを降ろしてヘッドを取り外してみました。エキゾーストバルブが開いたままで、燃焼室やピストンヘッドがボロボロです。

Imgp8063

Imgp8062

シリンダーにも深い傷が入っています。なぜ?こんな事になってしまったの?

オーナー様によく話を聞いてみますと・・・ご自分でマフラー交換をしてから調子が悪くなったと言う事です。インテークマニホールドやインテークバルブは無傷ですし、どうみても異物がシリンダーの中に入りシリンダーの中で踊りまくった様にしかみえません。原因が解からず修理をしても不安が残ります。よ~~く観察してみると、エキゾーストパイプのスタッドボルトが一本新しい事に気がつきました。

オーナー様によ~~く聞いてみると・・・マフラー交換した時にスタットボルトが一本折れたので、修正をしたそうです・・・。そう!それです!!その時にエキゾースト側から何か入ったのでは?結局の話は、折れたスタッドボルトは抜けたのは抜けたのですが・・・どうやらその破片を失ってしまい、あまり気にせずにそのまま新しいマフラーを組み付けてエンジンをかけたそうです。一瞬エンジンがロックしたけど、とりあえずクランキングしてエンジンはかかったけど、それから調子が悪くなったと言う事です。

原因は解かりましたので、これから修理にとりかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

VN1500エンジンオーバーホール

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

またまたVN1500のエンジンのオーバーホールでございます。今年3台目です。ちょうど今頃に走行距離が伸びてオーバーホール時期の方が多いって事でしょうね。

Imgp8044

今回の車両は、めずらしいドリフター1500です。フロントフェンダー・リヤフェンダーが大きくて場所を取りますので、預かっている時にキズを付けるといけないので、とりあえずフェンダーを取り外します。さあ~~てエンジン降ろしますか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

ブラックリム・・・カッコいいです!

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

250TRのリムをパウダーコーティングでブラックの半艶にいたしました。これにファイヤーストーンの極太タイヤがはまります。

Imgp8046

メッキのリムもちょっとサビがありましたので、磨いてキレイにするならブラックにしますか?という事でパウダーコーティングしました。普通の塗装と違い、塗膜が厚く丈夫ですので、飛び石などでリムのペイントが剥がれる事はありません。また、タイヤ交換などでもまずリムにはキズが入りません。黒の艶ありだとプラモデルチックになるので、半艶にいたしました。その他、7分艶消し・艶消しが選べます。色も赤・青・緑・・・などやキャンディーカラーもできます。ご相談下さいませ。

実は・・・リムの組み換えがけっこう大変な作業なんですがね・・・(笑)カッコよくするためには時間は惜しみません!

Imgp5928

この写真はKLX125です。リムは同じようにパウダーコーティングで、ついでにハブはライムグリーンにウレタン塗装したものです。カッコいいでしょ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

マジ!悩んでいます・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

マジ!悩んでいます!!夜も眠れません・・・

エプシロンに乗っているお客様からの修理依頼です。しばらく乗っていなかったのでバッテリーがあがってしまい、ご自分で新品に交換したのですが・・・新品交換後4日目にまたエンジンをかけようとしたら、またバッテリーがあがっているという事で入庫いたしました。

バッテリーを点検いたしますと、0.6Vしかなく(通常12Vですが・・・)とうぜんこれではインジケーターランプすら点灯いたしません。はじめは、新品のバッテリーの不良をうたがって、さらに電源を入れていないときに電気がリークしていないかのチェックをいたしました。とくに異常がないようなので、また新品のバッテリーに交換しました。修理完了のお電話をして、3日後にお客様が引き取りにいらっしゃいました。なんと!!朝はエンジンがかかったのに・・・夕方にはまたまたバッテリーがあがっているではありませんか・・・え?どうして??

Imgp8043

只今、外装パーツをすべて取り外して、リークテストを繰り返しています。今日で10日目ですが・・・異常がありません!というより症状がでません!!どうしようかな・・・マジ!悩んでます!!お客様に申し訳なくて・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

ツーリング動画

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

高山ラーメンの食べ放題のツーリングの動画をアップいたします。

Imgp7992

http://www.youtube.com/embed/kg6WuszDHtA?hd=1"

またみんなで行こうね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

高山ラーメンバイキング

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日は、お客様とツーリングで岐阜県の高山市へ行ってきました。目指すは「板蔵らーめんのラーメンバイキング」です。なんと!時間制限なしの食べ放題です。気温は寒いところでは9度でしたが・・・がんばって総勢39名の腹ペコライダーたち紅葉の山の中を走っていきました。

Imgp7984

Imgp7983

テーブルに着くと一人づつ小さな鍋とIHコンロが用意されています。全部で6種類ありますスープを取って、自分で作ります。トッピングも24種類ありますので、お好きなだけ入れられます。

Imgp7987

隣接しているラーメン工場から運ばれてくる麺は、細めんと普通の太さの麺があります。ゆで方も自分の好みで、かた麺・やわ麺・・・どうにでも調理できるのがおもしろいですね。スープもとんこつに醤油をまぜたりブレンドして楽しめます。

Imgp8006

みそスープにトッピング24種全部のせです!手前はこれまた食べ放題の炊き込みごはんです。

Imgp8011

お次は・・・とんこつ醤油のスープに、これでもかっ!ってぐらいチャーシューを乗っけました!(笑)

とりあえず・・・わたくしは7杯いっておきました!じゅうぶん元はとれたかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

ランチマスター

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

みなさん、ランチマスターってご存知ですか?ツーステージリミッターとも言うんですが・・・。これはクラッチレバーを握っている時に、いくらスロットルを開けても設定したエンジン回転までしか回らないようにするものなんです。たとえば6000rpmに設定すれば、クラッチレバーを握っているときは6000rpmまでしか回らず、クラッチレバーを離せばそれ以上に回るのです。この設定した回転数の事をランチ回転数というのです。

Imgp4187

今回はZZR1400に取り付けます。クラッチレバーを握り、ギヤをローギヤに入れて、スロットルを全開にしても設定したランチ回転までしかエンジンは回りません。そこでクラッチを「ポンッ」と離すとエンジンが吹けあがるのです。とっ・・・言う事は・・・半クラッチを使わなくてもベストなスタートが出来ると言う事なんですよ。設定するランチ回転が高すぎるとホイールスピンをするし、設定回転数が低すぎるとエンジンストール(エンジンが止まってしまう)してしまうのです。

Imgp4188

このMSD製のランチマスターは、ランチ回転数が100rpmごとに細かく設定できますし、クラッチレバーを離しているときのオーバーレヴ回転数も設定できる、すぐれものなんですよ。ドラッグスタイルのカスタムにいかかでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

クラッチのトラブル

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

クラッチがすべる・・・といってもいろいろな原因がありますが、今回はクラッチプレートの歪についてお話します。ゼファー400でクラッチワイヤーの取り回しが悪くて、またワイヤーにあそびがない状態で、クラッチレバーの操作が硬いままで走行されていたお客様のトラブルです。

Imgp4323

見た目はなんともないのですが、クラッチの切れが悪く、さらにすべります。クラッチをつないでいるつもりでも、クラッチが常に少しだけすべっていたのでしょうね・・・。走行中に常にすべっているので、異常なほど熱を持ち焼けてしまい、歪んでしまってます。バラして点検いたしますと、やはりクラッチプレートが熱で歪んでおり、左側のようになっていました。

Imgp4328

当然フリクションプレートも交換して、クラッチを押さえていますスプリングも交換です。

Imgp4326

左側が新品です。右側に比べて自然長が0.8mmほど短くなっております。当然スプリング張力が落ちておりますので交換です。みなさん、クラッチレバーの適度なあそびは必要なものなんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

ラジアン(弧度法)

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

みなさんラジアンってご存知ですか?とっても便利な方法で角度と距離を簡単にもとめることができるんですよ!

この方法ですと、何度角度が傾くと、何センチ先ではどれぐらいずれるのかを簡単に計算できます。フロントフォークの傾きのずれでタイヤの接地点のずれが解ります。フレームのアライメントの調整に一役かいますね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ラジアン(radian, 記号:rad)は、国際単位系(SI)における角度(平面角)の単位である。弧度(こど)とも言い、平面角の大きさをラジアンで測ることを弧度法と呼ぶ。あるいはラジアンで測った平面角を弧度法の角という呼び方をすることもある。ラジアンは、立体角ステラジアンに対応するものである。

ラジアンは、円周上でその円の半径と同じ長さの弧を切り取る2本の半径が成す角の値と定義される。度数法で測った360は、弧度法においては2πラジアンになる。よって、1ラジアンは(360/2π) = 約57.29578度となる。

ラジアンは本質的に、「弧と半径の長さの比」としての無次元数であり、その意味でしばしば単位radは省略されて書かれる。また、circularの略でcという記号が用いられることもあるが、度の記号である°と見誤り易いので注意が必要である。SIでは、ラジアンの記号はradのみを認めている。

かつてはステラジアンとともにSIの補助単位の一つとされていた。1995年に補助単位は廃止され、ラジアンは次元1(= m·m-1)、すなわち無次元の組立単位として分類されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

スポークホイールのチューブレス化 続き

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

きのうに引き続きスポークホイールのチューブレス化のお話しです。

Imgp3704

ホイールリムをキレイに洗浄・脱脂後にスポークニップル部に付属の丸いシールを貼っていきます。すこしでもヨゴレや油分が残っていると剥がれやすいので注意して確実に1つづつ貼っていきます。

Imgp3707

その後に、付属のシールテープをリム内側全体に貼っていきます。隙間にエアが入らないように慎重に貼っていきます。確実に貼らないとそこからエアが漏れてしまいます。Imgp3710

ドライヤーで暖めながらシールテープを貼り、緑色の保護テープをはがし、チューブレス用のホイールバルブを取り付けて作業は完了です。タイヤをはめた後に、水槽の中でエア漏れのチェックをしていただくと完璧ですね。しばらく走行後にエア漏れがないか再度チェックしてくださいね。チューブレス化したからといっても、最低1ヶ月に一度はタイヤのエア圧の点検はしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

スポークホイールのチューブレス化

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

スポークホイールはほとんどがチューブが入っており、走行中にくぎなんかを踏んでしまうとパンクしてしまいます。チューブレスタイヤですとすぐにはエアが抜けないのですが、チューブ入りの場合はすぐにエアが抜けてしまい走行できなくなりますね。そこで・・・スポークホイールをチューブレス化するキットがありますので、チャレンジしてみましょう。

Imgp3682

今回はW650に施工いたします。キット内容はこんな感じでございます。まずはホイールをキレイに洗浄するのですが・・・この作業が意外に時間がかかります。ヨゴレやサビがあると失敗してしまうので、しっかり洗浄いたします。Imgp3695

ワイヤブラシなどを使い「ゴシゴシ・・・」とくにニップル部分のヨゴレやサビを落とします。また、リムのタイヤビートが当たる部分もしっかりと・・・そのあとしっかり脱脂いたします。

この先はまた明日・・・あっ!それとタイヤはチューブレスタイヤに交換しないといけませんのでご注意を・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

アクスルシャフトの腐食

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日は、アクスルシャフトのお話です。タイヤ交換をしようと思い、アクスルシャフトを抜こうとしたら・・・固着してかたくて抜けない・・・!なんて事があります。無理やりたたいて抜いてみると、腐食しているんです。

Imgp2810

これは、錆びというより・・・腐食なんです。なぜ?こうなるのでしょう?実は・・・シャフトと接触している、ベアリングやカラーの材質の違いからおきる電位差が原因なんです。ちがう材質の金属が接触すると、その間には微電流が流れます、この電位差で腐食していまうんですよ。自転車なんかのサドルの高さを変えようとしたら、シャフトが動かない?アルミフレームにステンレスのシャフトなので、錆びないハズなのに・・・っと同じです。

Imgp2812     

 

ここで問題なのは・・・シャフトをたたいて抜くという事です。ホイールベアリングはものすごいスピードで回転する精密なパーツです。たたくということはベアリングの芯がずれてしまったり、ベアリングの玉にキズがついたり、破損したりします。こうなれば新品交換しかありませんね。ベアリングにガタがあると、乗り心地が悪くなりますし、ブレーキの引きずりなんかもありとっても危険ですからね。

組み付ける際は腐食をサンドペーパーなどで磨いて取り除くことは絶対必要ですが、シャフト全体に薄くグリスを塗布いたします。接触面に微電流が流れないようにします。こうしておけば、今度シャフトを抜くときは、「スルスルッ・・・」と抜けるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

ホイールベアリングのサビ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日は、ホイールベアリングのお話です。最近オートバイを押して歩くときに重く感じたことありませんか?なんだかブレーキがひきずっているみたいに・・・お年のせいではありませんよ(笑)!

ホイールベアリングの不具合かも知れませんよ!オイルシールを外してみると意外にさびていて、ゴロゴロしている場合もあります。水やヨゴレが浸入してベアリングがさびたりすると当然ガタができてホイールがガタつき、ブレーキがひきずることもあります。

Imgp2177

ホイールのベアリングは消耗部品として考えてください。せめて20,000kmで交換をお奨めしております。新品に交換するとほんとに軽くなりますよ。走りも変わるし燃費向上に一役かいますね。

Imgp2179

ベアリングを新品に交換するなら、それなりの専用工具が必要になります。古いベアリングを抜き取るのはなんとかなっても・・・新品ベアリングを正確に打ち込むのは、意外に難しいのですよ実は・・・!新品を打ち込んだ後に芯出しが必要ですが、その芯出しは経験とカンが必要ですので、ここではご紹介しずらいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

インナーチューブのキズ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

フロントフォークのオイル漏れのお話しです。オイルシールが劣化したりオイルシールにキズが入ったりするとオイルが漏れますが、それだけではなくインナーチューブがサビたりするとオイルシールが傷つきそれが原因でオイルが漏れますよ!この場合はオイルシールを交換しただけではダメでインナーチューブも交換しないといけませんね。

Imgp2499

フロントフォークのダストシールを外してみると中にオイルシールとそれを固定している金属製のクリップが見えます。今回の場合はこのクリップがサビており、そのサビがインナーチューブに噛み込みキズが入ってしまいました。

Imgp2502

インナーチューブをよく見てみると、爪でひっかかるぐらい深い傷が縦に”ビシッーッ”と入っていますので、新品に交換ですね。定期的にインナーチューブも磨いてやってくださいね。虫がつぶれてこびり付いている事がありますが、できるだけ乾いてしまう前にとってやれるといいのですが・・・意外にカチカチにかたまってしまい、オイルシールを傷めてしまいますからね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

カムチェーンからの異音

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

走行距離が伸びてくると、新車の時には無かった音がエンジンからしてきます。例えば・・・カムチェーンからの異音があります。このカムチェーンからの異音は一般的に、アイドリング時にカチャカチャ気になります。そして、ゆっくりエンジン回転を上げていくと気にならないぐらいになり、さらにアクセルを戻して急にエンジン回転が下がるときに、また異音が気になります。よくバルブクリアランスの音と勘違いしてしまいますが、ほとんどはカムチェーンの伸びからきている異音です。

Imgp5425

最近の物は「サイレントカムチェーン」というタイプが使われており、耐久性もあり、50,000kmぐらいでは伸びることは無いのですが、この写真のようにカムスプロケットの歯面が編磨耗してしまうと、異音がいたします。(ずっとチキチキ音がいたします)こうなると、カムスプロケットはもちろんクランクシャフトやカムチェーンも交換になりますので、エンジン全バラシになり大変な事ですよ!

やはりマメにオイル交換をしないといけませんね!オイルは必ず信頼できるお店で購入してくださいね・・・(意味ありげな言い方ですが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

Z系 フレーム修正

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Z系のフレームの修正でございます。はげしく転倒しますと、フレームのハンドルストッパー部を強く打ってしまい歪んでしまいます。実はコレが大変な事なんですよ!ステアリングステムのロアーべアリングのレース部分が歪んでしまうんです。

004

写真で見て解かりますように、レース部分が真円になってませんよね。こうなると・・・新しいベアリングレースを打ち込んでもガタが生じてしまい、ブレーキをかけたときなどにカタカタ動いて変な感覚になります。これはストッパーの突起部分がベアリングレース部分にくっついているから、ストッパー部に大きな力がかかると、レース部が歪んでしまうんです。さてこうなれば歪んだ部分を修正というより・・・作り変えないといけません。

Imgp8935

まずは、ベアリングレース・ハンドルストッパー・ハンドルロック部分を作ります。

Imgp7909

上下のレース部分を一度切り取り、溶接でくっつけます。けっこうコレが大変なんですよ!

Imgp7911

新たに製作した上下のレース部分を溶接で着けた後に、マシニングにてベアリングレースを入れるために内径を加工いたします。加工してから溶接しても精度が出ませんとっ言うより精度よく溶接する事は不可能で、熱で歪んでしまいますので、後からマシニングで加工しないといけないのです。

ここまでできれば、GMDコンピュートラックで細部まで測定して、そのほかに歪があれば修正いたします。あとはフレームのペイントで完璧です!(ちなみに、フレーム修正はエンジンが搭載されていないとできませんので、エンジンを載せたり降ろしたりを繰り返さないといけないので、大変なんですよ・・・実は・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

名古屋弁(ことば)かるた

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

先日、お客様におもしろい物を買ってきていただきました。テレビでやっていたので「ほしいなぁー何処で売っているのかなぁー」と思っていたら、ちょうどお客様も同じテレビを観ていて「店長ほしがるだろうな!店長の分も買ってくるか・・・」と買ってきてくれたんです。なんてツーカーなんでしょうかね(笑)。

58d4e4c1s

名古屋弁(ことば)かるた です。ひとつひとつ読んでいくと・・・えっ?これって名古屋弁なの?・・・普段我われが使っていることばは、共通語ではなく、方言だったなんて・・・って思い知らされます(笑)。

内容をすこしご紹介いたします。

『とろくしゃー、たーけたことを、言やーすな』
『馬鹿馬鹿しい、くだらないことを、言わないでください』

『めんぼだで、まぁじっきなおるで、なぶってかん』
『ものもらいですね、もうすぐ治りそうですから、触ってはいけません』

『つってちょう、ざら板あすこに、いざらかす』
『手で持ち上げてください、大型のすのこを向こうまで、移動させますから』

『のうなった、放課にB紙を、もらってこ』
『無くなったので、学校の休み時間に摸造紙を、もらって来ましょう』

『よー言わん、嫁の御付(おつけ)が、しゃびんしゃびん』
『そんなこと言えません、息子の嫁の味噌汁が、薄くてまずいなんて』

『けなるいわぁ、おみゃーのごっさま、だゃーつうさん』
『うらやましいです、あなたの奥様、お綺麗ですね』

『んみゃーでよ、あいさにはさんだ、小倉ネオ』
『大変美味しいです、パンの間にはさんだ、小倉あんとマーガリン』

『わやだがや、おうじょうこいた、すたこいた』
『大変です、死ぬほど困りました、非常に骨が折れました』

などなど…

ここまでの名古屋弁を普段使う事はありませんが…
名古屋生まれの私にも解読不能な言葉が盛り沢山…
標準語と思い込み使っている言葉(放課やB紙やざら板)も盛り沢山…

このかるたには発音が難しいのでCDも付いています。

解説には名古屋弁の特徴として江戸時代の共通語が一番沢山残っている、京言葉が伝わっている、あそばせ言葉、武家言葉がある。
本来の名古屋弁は滑らかで、優しくて、暖かみがあって、おおらかです。
この名古屋弁かるたを駆使する事によって本来の名古屋弁を大いに復活させたいと書いてありました

頑張れ名古屋弁

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

ネジ山修正 ヘリサート

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

雌ネジの修正でヘリサートというものがあります。主にアルミの雌ネジがなめてしまい、ズルズルになってしまった時の修正方法です。

Imgp7922

右側のネジ穴のネジ山が破損して抜けてしまっています。

Imgp7925

まず、ヘリサートというスプリング状になった物を入れるために、一回り大きな穴を開けてヘリサート専用サイズのタップ(雌ネジを切る工具)でネジを切ります。今回のネジのサイズは8mmの径で1.25mmのピッチのものです。

Imgp7926

下穴ができたらスプリング状のヘリサートを入れ込んでいきます。専用工具でくるくるっとねじ込んでいきます。

Imgp7929

仕上がりはこんな感じになります。もうこれで大丈夫ですよ!

ボルトを抜く際に、古くて錆びてしまったネジを外す時によくボルトを折ってしまいますよね・・・今までの経験で締めるときに折れてしまったボルトを取り外す事は、ほぼ100%できますが、抜くときに折れたボルトは、ほぼ100%抜くことは不可能ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »