« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

KLX125スペシャル(モンスターエナジーカラー)

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

KLX125スペシャルのご紹介でございます。カワサキSHOPプレジャーの特別コンプリート車です。Dトラッカー125ベースにモンスターエナジーバージョンにいたしました。

Imgp5943

Dトラッカーをベースにしておりますので、フロントフォークは倒立でございます。

Imgp5925

Imgp5939

ホイールは当然KLX125のオフロードタイプを採用しており、ハブはライムグリーンにペイントし、リムはKLX125のノーマル鉄リムをブラック半艶にパウダーコーティングしました。

Imgp5930

Imgp5932

ウインカーレンズとテールレンズはブラックスモーク仕様です。

Imgp5945

KLX125スペシャル(モンスターエナジーカラー)

Dトラッカー125をベースにカスタムいたしました。オフロードタイヤを履いた倒立フロントサスペンションです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

スペシャル仕様

●ベース車両・・・・・Dトラッカー125(エボニー)
●Fタイヤサイズ・・・70/100-19
●Rタイヤサイズ・・・90/100-16
●ホイールハブ・・・・ライムグリーンにペイント
●タイヤリム・・・鉄リム(KLX125純正品)をブラック半艶パウダーコーティング
●ウインカーレンズ・・・スモークペイント
●テールレンズ・・・・・スモークペイント
●エキゾーストパイプカバー・・・ブラックペイント
●サイドスタンドはKLX125の純正品です。
●モンスターエナジーステッカー・・・フロントフェンダー・両サイドシュラウド・ヘッドライトマスクにそれぞれ貼ってあります。
●二次減速比・・・・・3.142(44/14)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

車両本体価格(税込)・・・445,000円
登録手数料・・・・・・・・・・・8,400円(他府県の場合は要相談)
整備手数料・・・・・・・・・・・8,400円
自賠責保険(12か月)・・6,960円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
合計金額・・・・・・・・・・・・468,760円

自賠責保険はその他に24・36・48・60ヶ月を選んでいただく事もできます。

自賠責保険 12ヶ月・・・・・6,960円
        24ヶ月・・・・・8,790円
        36ヶ月・・・・・10,580円
        48ヶ月・・・・・12,340円
        60ヶ月・・・・・14,070円

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

只今、ご予約受付中でございます。

詳しくはこちらでもご覧になれます。↓

http://www.pleasure-mc.com/ps/qnl/guest/news/showbody.cgi?NCODE=134

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

林道ツーリング行きますよ!

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

7月4日(日)に林道へピクニックに行きますよ!只今12名のエントリーがございます。初心者さんでも楽しめるルートですよ!KSR110でエントリーの方もおみえになりますから・・・

Imgp5978

天気が不安定ですが、小雨程度なら行こうと思います。ある程度どろんこ遊びのつもりで行きましょうか?

Imgp5993

あくまでも・・・林道ピクニックですから、無理せずのんびり走るルート設定です。お昼ごはんは、おにぎりだけではなく、お湯を沸かしてコーヒーをパーコレーターで入れたりして、ちょっと豪勢にいきましょうかね。

Imgp5986

天気が良いと、こんな感じで景色も最高ですよ!さあ!楽しみですね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

エアエレメントがボロボロ・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

スポンジタイプのエアエレメントは古い物になるとボロボロ・ポロポロになります。手で触ると崩れてしまいます。こんなときに注意したいのは・・・

Imgp6430

エアクリーナーボックスの中も注意して見てみましょうね。ボロボロになったスポンジのカスが残っている場合が多いので、これもキレイに清掃いたしましょう。エアエレメントは当然新品交換ですよ!

Imgp0118

ライトで中を照らして見てみると・・・ほらっ・・・残ってます。

Imgp0120

さらに・・・キャブを見てみますと・・・スポンジのカスを吸い込んでます。細かいカスがあちらこちらにこびり付いていて、とくにスロットルバルブに付着して、ダイヤフラムバルブの動きが悪くなってしまい、アイドリング回転の不調や、スロットルを戻したときのエンジン回転の落ちが悪くなってしまいます。

やはり、日ごろからメンテナンスでチェックしないとね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

キャブレータO/H その5

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

キャブレータO/H最終回でございます。キャブレータを車体に装着してエンジンをかけながら最後の調整でございます。多気筒エンジンの場合は各気筒の同調を調整いたします。インテークマニホールドの負圧を測定しながら、スロットルバルブ(バタフライ)の開き具合を微調整いたします。

Imgp5796

各気筒の負圧を測定いたしますと・・・こんな感じでバラバラになっています。スロットルケーブルが3番キャブにつながっているならそれが基準になります。となりの2番キャブのスロットルバルブ開度を各キャブを連結している部分のアジャストスクリューで調整いたします。そして、2番から1番または3番から4番を順次合わせていきます。

Imgp5809

同調の調整中にアイドリング回転が変化する場合がありますので全体の吹け上がり方なども見ながら調整していきます。このとき、アジャストスクリューは締め込みながら調整するのではなく、緩める方向で調整していきましょう。なぜならアジャスト部分にスプリングが付いており、常にこのスプリングが伸びようとする力がかかっていますので、締めこんで(スプリングをちじめる方向)調整すると知らない間にすこし戻ってしまうからです。

Imgp5799

同調調整が終わりましたら、軽くスロットルを開け閉めしてみて、負圧のかかり方や調整が狂ってこないかをチェックしてから、最後にパイロットスクリューでアイドリング時のエアもしくは混合気の微調整をして、すべて完了です。おつかれさまでした・・・!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

キャブレータO/H その4

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

先日からの続きでキャブレータの組付け・調整でございます。フロートレベルの調整ですが、基本的にノギスで測定してサービスデータと比較して、必要であれば調整いたします。

Imgp6327_2

フロートバルブには小さなスプリングが付いていますが、このスプリングが縮んでいない所を測定いたします。イメージとしては・・・ふわっとフロートがバルブを閉じる瞬間の位置を測定いたします。

Imgp6324

フロートレベルを合わせるには、ちいさな爪を動かして調整いたします。当然多気筒モデルであれば、すべて調整して揃えなくてはいけません。このレベルはガソリンの油面の高さですので、すべての基本になってきますので、妥協はできませんよね!Imgp6325

さ~~て、明日は、組み付け後に実際にエンジンを始動して同調調整でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

キャブレータO/H その3

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

さて、キャブレータの組付けでございますが、車種によってはインナーパーツで気をつけなければいけない事があります。例えば・・・4気筒の場合は1・4シリンダーと2・3シリンダーのキャブでインナーパーツが違う事があるんですよ。2・3シリンダーは1・4シリンダーより熱の影響があるので、それを考慮してあるのです。

Imgp6319

この写真はバリオスⅡのメインジェットとホルダーですが、1・4と2・3の構成パーツが違うんですよ。一見してはわかりませんが、メインジェットの番手(穴の大きさ)が2・3のもうが若干小さかったり、ホルダーのエアブリードの穴の数が違っていたり、ニードルの番手(太さやテーパーの違い)が違っていたりします。間違えないように組み付けていきましょうね。

Imgp6323

また、この写真はフロートバルブの先端がフロートの高さ調整する為のアーム部分ですが、フロートバルブが当たっているところが、ポツッと磨耗しているのが解かりますのね。これでフロートレベル(ガソリンの油面高さ)が変わってしまいますので、微調整が必要になります。

このあとは、また今度・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

キャブレータO/H その2

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

さて、きのうの続きでございます。キャブクリーナーに漬け込んでヨゴレを取りました。

Imgp6422

Imgp6423

あんなにコテコテだったタール状になったヨゴレもこの通りキレイになりました。メインジェットやスロージェットなどの穴のつまりは、できるだけ硬い針金などで通すのではなく、クリーナーで溶かしこんでこださい。硬い物で穴の内部を傷つけないようにいたしましょう。

Imgp6424

ニードルやパイロットスクリューなどの先端は、コンパウンドで磨いてはいけませんよ!磨き粉(コンパウンド)が入っていないクリーナーで根気よく磨き上げましょう。

Imgp6421

キャブレーター本体のボア部分もキレイにしたら、各通路が正確に通っているかを点検して異常なければ、あとは慎重・正確に組み付けていくだけです。

組み付けはまた今度・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

キャブレータO/H その1

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

先日、12年間動かしていないバイクのメンテナンスのお話をしましたが、キャブレータオーバーホール編を数回に分けてお伝えいたします。

Imgp2965

まずは、メインジェットやスロージェットやニードルホルダーなどの分解できますパーツをキャブレータ本体から取り外します。見ての通りコテコテになってます!・・・すごい臭いです!ファクトリー中この臭いが充満いたします・・・

Imgp5755

ゴムパーツは除き、すべてキャブクリーナーの液に漬け込みます。キャブレータ本体の細かい通路にまでキャブクリーナー液が浸透するように何度もひっくりかえしながら、じっくり漬け込みます。よごれの具合によりますが・・・今回は・・・約1時間です。市販で売っているスプレータイプではぜんぜん効果がありませんので、やはりこの漬け込みタイプでないといけません。あまり長い時間漬け込むと・・・アルミをボロボロにしてしまいますので、状態をよく見ながら漬け込みます。

さて後は・・・また今度・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

Ninja250R カスタムパーツ

こんにちは、プレジャーのチーフでございます。

本日は、Ninja250Rのカスタムパーツのご紹介です。お客様のご依頼でノーマルスクリーンの替わりに装着いたしますFRP製のスクリーンを製作いたしました。「アーマードレリーフ」という商品で、いままではZZR1100やZZR1400の物がありましたが、今回はお客様の熱いご要望でNinja250R用を作りました。Imgp6451

FRP製のスクリーンで立体的なレリーフがほどこしてあります。通常はFRPの黒ゲルですが、お客様のご依頼でペイントをほどこしました。

Imgp6453

同じ物を3枚製作いたしましたので、1枚はご依頼いただいたお客様で、残り2枚ございます。これと同じ物をご希望のお客様はご連絡くださいませ。価格はペイント済みのもので、25,200円(税込み)でございます。ご連絡は下記までお願いいたします。↓

プレジャー 生駒チーフ  TEL 052-806-1930

Imgp6445

通常の物は、FRP製 黒ゲルになります。近日発売予定でございます。価格等はまた後日ご紹介させていただきます。デザインは下記の2種類をご用意させていただく予定でございます。この商品のお問い合わせもこちらでお願いいたします。→プレジャー 生駒チーフ  TEL 052-806-1930

Imgp6267

Imgp6270

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

12年間動かしていませんでした・・・。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

12年間動かしていないオートバイをメンテナンスいたします。カワサキのエリミネーター400で、納屋の中に保管されていましたので、雨にあたっていないとはいえ、あちらこちらサビが目につきます。当然バッテリーはダメ!ブレーキは固着しております。

Imgp6401

キャブレータを見てみますと・・・こんな感じです!ガソリンの添加物がタール状に変質して、各ジェット類や細かい通路を詰まらせています。ガソリンは浸透性が高いので、キャブ本体の細かい通路にまで入り込み、このタール状に変質してしっかり詰まってます。ガソリンは基本的に蒸発してますが、添加物だけがこんな感じで残ってしまうんですね。これが・・・ひじょうに臭いのです!作業服に付くと大変なことになります。洗濯機で洗うと、一緒に洗った物まで臭いがついてしまうほどの強烈さです!

Imgp6402

さてさて・・・オーバーホールしてキレイにしていきましょうかね。キャブレータのオーバーホールを数回に分けてレポートしていきます。お見逃しなく!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

セミオートマチックサイドスタンド

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

セミオートマチックサイドスタンド・・・?そうなんです。カワサキは以前こんな物も作っていたんです。AR125に採用されていました。

Imgp2280

サイドスタンドをよく見てみると、なにやらワイヤーがつながっております。実はこのワイヤーはクラッチワイヤーにつながっており、というよりクラッチワイヤーに連動して動き、クラッチレバーをにぎりますとこのワイヤーも一緒に引かれてサイドスタンドが収納する構造なんです。

Imgp2281

すごいです!この発想は・・・!格好いいです!でもこのあとのモデルには採用されていませんので、なんだか幻的なものがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

ドライブチェーン自動給油装置

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Z1に装備されておりました機能でドライブチェーン自動給油装置というものがあります。今では考えられませんが走行時に常にチェーンにオイルをさす為の装置です。当時はドライブチェーンの性能が今ほど良いものではなかったので、常にオイルをさしておかないといけなかったのでしょうね。Imgp4023

左のサイドカバーの内側にオイルタンクがあります。ここにオイルを入れておいてフロントスプロケットの中心部分からすこしずつオイルをにじみ出させてチェーンにオイルを潤滑させていたのです。

Imgp4024

エンジン左側のスプロケットカバーにオイルポンプがあります。カウンターシャフトが回るとオイルポンプも回りすこしずつオイルが送られてきます。簡単に言えばリヤホイールが回るとオイルがにじみ出てくる構造になっております。じわりじわりとオイルがフロントスプロケットの中心部分からにじみ出て、遠心力で飛び散り、ドライブチェーンを潤滑いたします。

当時はリヤホイールやエンジン下周りは、オイルでベタベタになってたでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

VN2000 新規登録

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

平成16年に VN2000 を新車でご購入いただき、登録せずに保管されていたした車両の新規登録をいたしました。お客様から車両と書類をお預かりしてから・・・登録までに3週間かかりました!もう・・・大変でしたよ!!

Imgp6350

お客様からお預かりした書類(平成16年当時の物)と今現在の申請書類が若干書式が違うのです。通関証明は良いのですが、フレームナンバー・エンジンナンバーの打刻証明書の書式がちがうので、当時輸入をした会社に問い合わせて申請書類を揃えてもらったり、排気ガス証明書の数値が違っていたり、排気ガス還元装置の書類を作成して、ハニカム触媒の説明書を作成したり・・・もろもろの書類を作成するのに、マジ2週間かかりました。それから陸運事務所の決済が降りるのに1週間です・・・。

オーナーさま!お待たせいたしました、ナンバー付きましたよ!よかったよかった!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

250TR ロンスイ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

250TRのスイングアームを15cm伸ばしてみました。スイングアーム延長に加えて、ブレーキロッド、ブレーキトルクロッドも延長しなくてはいけません。ドライブチェーンも長いものに変更しなくちゃね・・・。

Imgp6328

リヤサスペンションがボトムするとタイヤとリヤフェンダーやナンバープレートに干渉いたしますので、リヤサスも硬く設定いたします。

Imgp6332

250TRのロンスイはあまり見ないので、注目度あるかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

エンジンのカタカタ異音の原因は・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ZZR1100やGPZ900Rなどで、エンジンからどこからともなく「カタカタ」と異音がする場合があります。バルブクリアランス?カムチェーン?

Imgp2565

エンジンの左側にあるオルタネーター(発電装置)の駆動プーリーがゆるんでいる場合がありますので、この部分も点検してください。アイドリングなどのエンジン低回転時にとくに音がでます。エンジン回転を上げていくと音はあまり気にならなくなるのが特徴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

KLX125 モンスターエナジースペシャル

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

KLX125スペシャルのご紹介でございます。カワサキSHOPプレジャーの特別コンプリート車です。Dトラッカー125ベースにモンスターエナジーバージョンにいたしました。

Imgp5943

Dトラッカーをベースにしておりますので、フロントフォークは倒立でございます。

Imgp5925

Imgp5939

ホイールは当然KLX125のオフロードタイプを採用しており、ハブはライムグリーンにペイントし、リムはKLX125のノーマル鉄リムをブラック半艶にパウダーコーティングしました。

Imgp5930

Imgp5932

ウインカーレンズとテールレンズはブラックスモーク仕様です。

Imgp5945

KLX125スペシャル(モンスターエナジーカラー)

Dトラッカー125をベースにカスタムいたしました。オフロードタイヤを履いた倒立フロントサスペンションです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

スペシャル仕様

●ベース車両・・・・・Dトラッカー125(エボニー)
●Fタイヤサイズ・・・70/100-19
●Rタイヤサイズ・・・90/100-16
●ホイールハブ・・・・ライムグリーンにペイント
●タイヤリム・・・鉄リム(KLX125純正品)をブラック半艶パウダーコーティング
●ウインカーレンズ・・・スモークペイント
●テールレンズ・・・・・スモークペイント
●エキゾーストパイプカバー・・・ブラックペイント
●サイドスタンドはKLX125の純正品です。
●モンスターエナジーステッカー・・・フロントフェンダー・両サイドシュラウド・ヘッドライトマスクにそれぞれ貼ってあります。
●二次減速比・・・・・3.142(44/14)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

車両本体価格(税込)・・・445,000円
登録手数料・・・・・・・・・・・8,400円(他府県の場合は要相談)
整備手数料・・・・・・・・・・・8,400円
自賠責保険(12か月)・・6,960円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
合計金額・・・・・・・・・・・・468,760円

自賠責保険はその他に24・36・48・60ヶ月を選んでいただく事もできます。

自賠責保険 12ヶ月・・・・・6,960円
        24ヶ月・・・・・8,790円
        36ヶ月・・・・・10,580円
        48ヶ月・・・・・12,340円
        60ヶ月・・・・・14,070円

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

只今、ご予約受付中でございます。

詳しくはこちらでもご覧になれます。↓

http://www.pleasure-mc.com/ps/qnl/guest/news/showbody.cgi?NCODE=134

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

アルカンターラ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日は、アルカンターラのお話です。ZZR1400のシートを加工・張替えをいたしました。ガタイが大きいユーザーさまで、シートのアンコ盛り(硬めのスポンジ)をして、タンデム部分にラクダのこぶみたいなものをつくりました。そこで、一部合成皮革のかわりにアルカンターラという素材を使用いたしました。

Imgp1405 アルカンターラという素材は合成皮革ではないのですが(もちろん本皮でもなく)、バックスキン風の肌ざわりのものです。フェラーリやポルシェなどのシートやステアリングに使用してありますね。

Imgp1402

防水性はまったくありませんので、雨天時にご使用される方や雨水のあたる駐車場のかたにはおすすめできません。カビてくさってしまうそうです。万が一ぬれてしまった場合はしっかり乾かせばいいのですが・・・。ひじょうに高価な素材ですが、見た目には高級感がありチョーかっこいいですよ!

加工をご希望の方は カワサキSHOPプレジャー までお問い合わせくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

フロントフォークのオーバーホール

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

フロントフォークからオイルが漏れるということでオーバーホールをいたします。お客様によくお話をお伺いすると・・・つい最近、他店でオーバーホールをされたそうなんですが、オイル漏れが直らない・・・と言う事でした。

Imgp7524

当然もう一度オイルシールやスライダーメタルは交換いたしますが・・・インナーチューブにサビやキズは無いのに、なぜ?ということでよく点検いたしましたら・・・

Imgp7525

60,000kmぐらい走行しております車両ですが、オイルシールの当たっている部分のインナーチューブが磨耗しております。これではオイルシールを新品に再度交換してもまたオイル漏れをおこしてしまうでしょうね。インナーチューブも新品に交換して一件落着です!思ったより高価なメンテナンスになりましたが、安心して乗っていただくにはしょうがないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

Z系のキャブレータ 同調

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

4気筒などのエンジンで4つのキャブレータの場合は、同調の調整が必要になります。スロットルバルブが同じタイミングで同じ量だけ動くように調整していきます。まずは、エンジンの負圧を測定いたします。各気筒のインテークマニホールド(エンジンのインテークマニホールドでエンジンとキャブレータの間)に負圧測定器を装着して、アイドリングでエンジンをかけて、各気筒のインテーク負圧を測定いたします。スロットルを閉じていると負圧が発生いたしますので、これを測定するのです。

Imgp5580

今回はデジタルタイプで測定いたします。スロットルバルブが開いていると負圧は低くなりますので、スロットルバルブの開度を微調整いたします。負圧が高いということは・・・スロットルバルブが開いていないので、空気量が少なくさらに、ガソリンが多く吸い上げられて、濃い空燃費になっていると言う事です。

Imgp5582

キャブレータ型式によって調整する箇所は違いますが、今回はZ系なので、それぞれのキャブのスロットルバルブの高さを調整して、4気筒同じ負圧になるように調整いたします。

Imgp5584

あくまでもスロットル開度が全閉のアイドリング時だけでの調整になります。さらに、ゆっくりとスロットルを開けたり、閉じたりして、4気筒同じように負圧が変化するかをチェックいたします。キャブのスロットルバルブのガタや磨耗などによって負圧の上がり具合や下がり具合は変わりますので、細かくチェックしていき、ベストな位置に調整していきます。

同時にエアスクリューで空気の量の調整も行って、これで気持ちいいくらい安定したアイドリングになります。正直・・・ベストに持っていくにはコツがいりますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

ステムベアリングの交換

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ステアリングのベアリングが錆びたり、ガタついたりすると極端に乗り心地が悪くなります。しか~~し!オーナーさまは気がつかない場合が多いんですよ。徐々に悪くなっていくので「なんだかこんな感じだったかな?」って気にならないのでしょうね。オイル交換などでメンテナンス入庫する際に、お店のメカニックにトラブルを指摘される場合が多いのも事実です。

Imgp4097

ステアリングステム部分には、上下にそれぞれラジアルスラストタイプ(縦・横方向に加重設定のベアリング)のテーパーローラーベアリングが採用してある場合がほとんどです。写真のものは、錆びて「ゴロゴロ・・・」していて、とってもハンドリングが悪いのです。

Imgp4099

フレーム側に打ち込んであるベアリングレースも当然新品交換です。

Imgp4101

ステムの下側のテーパーローラーベアリングもご覧のように交換して組み上げます。ベアリング交換後にオーナーさまに乗っていただくと・・・ほとんどの方は乗り心地の良さに感動します。マジで・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

W650 我流染 情報

こんにちは、プレジャーのチーフでございます。

最近またまたW650/W400の 我流染ペイント が増えております。W3風・W1SA風・ノートン風・・・など、みなさん御自分のお好きなデザインで楽しんでみえます。

Imgp6230

Imgp6200

静岡県・長野県など近県からご来店いただくお客様も多いのですが、もっと遠方のお客様は、タンクを取り外して送ってもらいペイントさせていただきます。今までで・・・70個以上ペイントさせていただいたかな?・・・日本中でわたくしのペイントしたW650/W400が走っているんですね・・・なんだかうれしいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

70年代カスタム

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Z2にJBのCRスペシャル29パイキャブの装着です。ノーマルのデザインをくずしたくないのであえてノーマルエアクリーナーボックスを採用しております。

Imgp6242

ノーマルエアクリーナー仕様でのキャブのセッティングは今までにデーターがなく、メインジェット・スロージェット・ジェットニードル・・・などすべてにおいてリセッティングが必要です。20通り以上試しました・・・

Imgp6241

とっ・・・言うよりカッコいいでしょ!この単車!!70年代カスタムの極みです。Z2にZ750FXの足回りにコンバートしたり、ヨシムラショート管などなど・・・タンクエンブレムが泣かせます!俗にいうBEETエンブレムで、カワサキ純正ロゴとは微妙に違う形でカッコいいんですよね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

ヘルメットペイント最新情報

こんにちは、プレジャーのチーフです。

またまたヘルメットペイントの最新情報でございます。

Imgp6196

W650にお乗りのお客様で、あまりハデでなく、それでいて部分的にラップ塗装やボカシ塗装をほどこして、カスタムペイントを楽しんでいただきました。

Imgp6195

ペイント仕上がり後に取りにいらしたときに、「かっこいい!!、やっぱりこれでよかった!!」とお褒めいただき、ペインターのわたくしといたしましては、うれしい限りでございます。ありがとうございました。お客様とペインターの意思が同調いたしますと、満足のいく仕上がりになるんですよ!わたくしもノリノリで作業いたしますから・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

Ninja250R スペシャル 300台限定

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Ninja250Rスペシャルカラーが入荷してまいりました。全国300台限定でございます。ほし~~い!という方は、早い物勝ちですよ!!

Imgp6240

車両本体価格は548,000円(税込み)です。限定カラーですよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

プラスチゲージ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

エンジンをオーバーホールする際にクランクやコンロッドのメタル合わせをいたします。オイルクリアランス(隙間)を測定して、最適なクリアランスになるように、メタルの厚みを変えて調整いたします。そこで・・・どうやってクリアランスを測定するかというと・・・

Imgp1072

プラスチゲージという物を使います。まず測定したい部分にやわらかい一定に太さになっている専用の棒状になっているゲージを置きます。

Imgp1074

それから、正規の規定トルクで仮組立てをして、また分解いたします。すると写真のようにゲージがつぶれます。

Imgp1075

このつぶれて広がった幅を専用ゲージにて比べて判定いたします。つぶれて幅が広い場合は隙間がせまく、あまりつぶれていない幅ですと、隙間はひろいという事になりますよね。1000分の1mm単位で隙間が測定できるんですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »