« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

Ninja250R Special Edition

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Ninja250R にスペシャルエディションが出ましたよ!!MOTO-GPをイメージしたカラーリングでチョーカッコいいですね。

○ 2009年2月1日 発売    ○ メーカー希望小売価格 538,000円Imgp0785

只今、カワサキSHOPプレジャー ではご予約を承っております。

今日現在で、数名ご予約いただいておりますので”すぐにほしーい!”という方はマジでお早めにご予約を・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

Ninja250R  2009MODEL 入荷!

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

早くも Ninja250R 2009モデル 入荷いたしました。

ご予約はお早めにお願い致します。Imgp0862

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

ZRX1200 DAEG

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ZRX1200 DAEG (ダエグ)

2009年2月1日 発売予定 でございます。

●パールメテオグレーXメタリックスパークブラック
 メーカー希望小売価格 1,140,000円

●キャンディミスティックブルー
●メタリックインペリアルレッド
 
 メーカー希望小売価格 1,120,000円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DAEG とは?

数ある古代ヨーロッパ言語の中で、北ヨーロッパに住んでいたインド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の人々が使っていたルーン文字のひとつ。”DAEG”とは、根源的に(日)、(一日)のことを意味し、英単語”DAY”の語源となった。DAEGは(着実な成長)、(進歩)、(終わりと始まり)、(突破)、(新しい展開)といった前進的な意味を持っており、伝統的な概念を保ちながら、さらなる飛躍をめざすZRXにふさわしいことからネーミングとして採用された。P11107231

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

銀鏡メッキ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

W650のタンクをメッキ塗装してみましたよ。

銀鏡メッキ加工といい、金属はもちろんプラスチック・ゴム・FRP樹脂・木・ガラス・・・・・

なんにでもメッキ加工できます。

そのメッキ加工した上からクリヤカラーで色をのせれば・・・・・

なんとすばらい色つきのメッキになります。

GUTS各店舗で承りますので、価格・納期はImgp8230_4 Imgp8232_2 Imgp8733 ご相談くださいませ。

詳しいことはこちらにも載ってます↓

http://www.pleasure-mc.com/ps/qnl/guest/news/showbody.cgi?NCODE=87

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

Ninja250R リヤキャリヤ 今売れてます。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Imgp0011

お待たせいたしました!Ninja250R専用のポーターシェルという商品でございます。新発売でございます。

Imgp0017 Imgp9284 Imgp9285

  

● 商品名    ポーターシェル

● 適応車種  KAWASAKI NINJA250R

○ FRP BLKゲル   PK30700   

         21,000円(税込み)
             
○ FRP ライムグリーン ペイント   PK30701  

         27,300円(税込み)
             
○ FRP キャンディープレズマブルー ペイント  PK30702   

          27,300円(税込み)
             
○ FRP エボニー ペイント   PK30703    

          27,300円(税込み)
             

● ノーマルのタンデムシートにポーターシェル                                                 を取り付けてからノーマルタンデムシート                                           と同じ様に車体に取り付けて完了です。

● 重い荷物を積載する場合は脱落防止用                                      のゴムバンド(キット内に附属)を取り付けてください。

● ノーマルのタンデムシートのままですと、                                     山型に盛り上がったデザインのため、荷物の積載が                                   困難でしたが、ポーターシェルを装着すると上面が                                                                                  フラットな為、荷物の積載が容易になます。

● 写真のように市販品のボックスを                                                  取り付ける事もできますが、中に重い荷物を                                          入れすぎますと、FRP部の破損になります。

● トップボックス等を取り付けての本製品使用時                               の破損につきましてはクレーム対象外とさせて                                  いただきますので ご了承くさだいませ。

詳しい事はこちら↓

http://www.pleasure-mc.com/ps/qnl/guest/news/showbody.cgi?NCODE=96

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日、あさって と2日間は出張で出かけますので、書き込みができませんので、ご了承くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

知ってました? その23 ブレーキピストンシール

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日は、ブレーキのキャリパーメンテナンスのお話です。ブレーキパッドが磨り減ったので新しいパッドを装着する際に、飛び出したピストンを押し込まなければなりませんね。そんな時に汚れをしっかり落としてから、飛び出したピストンを押し戻しましょうね。写真の様にダストシール部分がはみ出ている物もよくみかけますが、そんな時はオーバーホール(完全分解)しなくちゃね・・・!大切で重要な箇所ですので、しっかりメンテナンスしておきましょうねImgp8489 Imgp8491 Imgp8492

シールも新品に交換して、ピストンも錆びやキズがある物は交換してください。ガッツカワサキの各店のメンテナンスは、こんな所にも目を光らせて、安全に乗っていただけるように心がけております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

カスタム新作でございます。

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

カスタム車の新作でございます。奈良県のZZR1100(D)のお客様です。Imgp0158

フェラーリレッドのオールペイントでフレアパターンが入っております。シートも合わせてフレアパターンで張替えです。ブラックのヘッドライトルーバーとサイドカウルルーバーがアクセントになっております。フロントウインカーの位置にフォグランプを入れてみました!フロントウインカーはアンダーカウルにZX-10Rの物を移植いたしました。Imgp0164 いかがでしょうか・・・

カスタムペイント・ボディークラフト得意です!カワサキSHOPプレジャーにご相談くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

知ってました? その22 バルブコッター

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日の続きでいよいよバルブの組付けでございます。バルブスプリングコンプレッサーという専用工具を使用して組み付けますが、小さなパーツでバルブコッターというものがあります。くさび状の物でこれで固定するのですが小さなパーツですからピンセットを使用します。Imgp9583

この小さなバルブコッターは2個で1セットなのですが、正確にセットする事が大切です。なんといっても外れてしまうと大変な事になってしまいますからね。Imgp7924

ちがう車種の写真ですが、このように2個のコッターの隙間は空けてください・・・片方にかたよっているとしっかりはまってない事もありますから。それから、最後にかるくプレスチックハンマーで頭を”コツンッ”とたたいてやり落ち着かせて終了でございます。

これがZZR1100の場合は16個あります・・・けっこう大変な作業で、気を使う作業なんですよ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

知ってました? その21 バルブスプリング

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日のつづきでございます。バルブとヘッドをきれいに洗浄して組み付けていきます。その時にステムガイドのオイルシールは新品に交換いたしましょう。シリンダーヘッドを分解したときしかできませんからね。

Imgp9577

ZZR1100の場合はバルブスプリングは一つのバルブに2本づづあります。ダブルスプリングで大小2重になってます。大きいほうのスプリングの中に小さいほうが入るのですが・・・スプリングの巻き方が大きいほうが右巻きで小さいほうが左巻きになっているんですよ。作動時にスプリングどうしが噛み込まないように考えてあるんですよ。Imgp0542

それから、プログレッシブスプリングで巻き方に変化を付けてあります。下のほうが密巻きで上のほうが粗巻きになっているでしょ。これは、スプリングのサージング現象をおさえる役目があるんですよ。サージング現象とは一定のスピードでスプリングが伸縮をつづけると、共振しはじめて正確に動かなくなり、踊りだすことなんです。ピストンの上下運動に合わせて正確にバルブを動かさないと・・・ピストンとバルブが干渉してしまいますからね。

このあとの作業はまたあした・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

知ってました? その20 光明たん

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日のつづきでございます。バルブのすり合わせが終わりましたら、あたり面の確認です。バルブのフェイス面に赤い色の光明たんを塗布してバルブシートリングに押し当てます。このときはバルブを回さないようにそっと押すだけです。バルブを抜いてみると・・・シートリングに赤いしるしが残りますので、全面に均一に当たっているかを点検をいたします。Imgp0531 Imgp0535

シリンダーヘッドのシートリングに赤いスジがついているのがわかりますか?とうぜんそれぞれのバルブの位置が決められますので、組み付け時には間違えないように注意います。ここで・・・理想的にあたり面が付かないときは、バルブシート面の修正(ダイヤモンドカッターで削って修正)をいたしますが、そんな時はバルブの磨耗もありますので、バルブを新品に交換する事が大前提になりますね。

そのあとの作業はまたあした・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

知ってました? その19 バルブすり合わせ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

昨日のつづきです。さて本題のバルブのすり合わせでございます。バルブのフェイス面とシリンダーヘッドに鋳込んであるシートリングのシート面のあたりをつけていきます。いわゆる すり合わせ というものです。カーボンを噛み込んだりしていると気密性が落ちてしまいます。今回は特に磨耗がありませんのですり合わせだけ行います。Imgp9574

バルブコンパウンドというガラスの細かい粉が混ぜてあるねっとりしたペースト状のものをすり合わせする面に塗布して、バルブタコ棒という吸盤のついた工具にバルブをくっつけて、たたくようにさらに微妙に回しながらすり合わせいたします。タンタンタンッ・・・て感じです。コンパウンドは荒目・中目・細目とありますが、今回は中目を使用します。一つのバルブに要する時間は約45秒ぐらいですかね・・・それ以上やると磨耗しすぎてしまいます。

Imgp9572

この写真はわかりやすく新品バルブでご説明いたしますが、左側のバルブはすり合わせ前で右側のバルブはすり合わせ済みのものです。バルブフェイス面にスジが入ってますね。これがシートの当りなんですよ。シート当り幅が広すぎてもダメだし、フェイス面の真ん中あたりにきているのがベストですね。

さてこの後の作業はまたあした・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

知ってました? その18 バルブステムのガタ

こんにちは、プレジャーの店長です。

本日はシリンダーヘッドのバルブのメンテナンスです。30,000kmぐらい走行いたしますとバルブにカーボンも堆積しますし、ステムガイドが磨耗してバルブにガタができて、バルブのシール性が悪くなりエンジンの性能低下になります。

Imgp0520 Imgp0519

まずは、シリンダーヘッドのカーボン落としとバルブ本体のカーボンを取り除きます。バルブ本体のカーボンは意外に固くこびり付いていますので、バルブをボール盤にセットしてペーパーで丁寧に削り落としていきます。その後に、まずはバルブとガイドのクリアランス測定(振れ測定)をします。簡単な方法ではありますが、このデータで良否の判定をいたします。ダイヤルゲージにてガタ付き寸法をとり、規定値以外はステムガイドの打ち替え・バルブの新品交換をいたします。

Imgp0538

車種によって測定値は違いますが、ZZR1100の場合のガタ付きは インテーク0.02~0.07mm エキゾースト0.06~0.11mmです。いままでの場合は普通は30,000kmぐらいでは問題ありません。そうは言っても測定してみて必要があれがメンテナンスが必要ですね。

この後の作業はまた明日・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

知ってました? その17 ヒートリペア

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

みなさん、ヒートリペアってご存知ですか?プラスチック製品をリペアするのに持ってこいのアイテムです。たとえば、ヘッドライトの取り付け部なんかが破損した場合や、ABS樹脂のカウリングが割れてしまった時なんかに最適です。

Imgp7518 Imgp7521 Imgp7522

特殊な型の専用のもので、簡単に言えば針金を熱を加えながら溶かしてくっ付けちゃうんです。その後から はんだごて なんかで表面を溶かして慣らしてしまいます。ただ単に割れたパーツを溶かしてくっつけてもすぐにまた割れてしまいますが、このリペア法ですと針金で補強されていますので、ばっちりなおってしまいます。すんばらすぃ・・・・・!

せん風機のプラスチックの羽根が割れた時なんかにもOKでした。カウリングが割れてしまって困った時は カワサキSHOPプレジャー までご相談くださいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

トーカイオート カワサキ試乗強化週間 開催!!

毎度です。
朝と夜の冷え込みは増して来ましたが、
この時期、昼間に流す国道は最高に気持ちが良いです★
TA豊田店では、2008。11月28日(金)~12月7日(日)の二週間『TA カワサキ試乗強化週間』を開催致します。

今年遂にデビューを果たし、09モデルがそろそろ発売のNinja250RやDトラッカーX。
既に生産が終了をしてしまったゼファーχ・ZRX1200R。
ZZR1400、Z1000と今熱いカワサキをきっちり押さえております。

日時   11月28日(金)~12月7日(日)
時間   10:30~16:00※
車種  
2009_zzr1400or800
     ZZR1400(逆輸入車)http://www.bright.ne.jp/lineup/zzr1400/index.html
Z10002009or800
     Z1000(逆輸入車)http://www.bright.ne.jp/lineup/z1000/index.html
Versys_2008__bk800
     VERSYS(逆輸入車)http://www.bright.ne.jp/lineup/versys/index.html

     

09ex250k9f_redb Ninja250Rhttp://www.kawasaki-motors.com/model/ninja250r/

     08klx250v8f_yelb DトラッカーXhttp://www.kawasaki-motors.com/model/d-tracker_x/
08bj250j8f_redb
     エストレアhttp://www.kawasaki-motors.com/model/estrella/
08zr400g8f_blkb
     ゼファーχhttp://www.kawasaki-motors.com/model/zephyrx/index.jsp

     

08zr1200a8f_limb ZRX1200Rhttp://www.kawasaki-motors.com/model/zrx1200r/

TA豊田店では店頭在庫も08カワサキ正規逆輸入車から国内モデル生産終了車・次世代モーターサイクルと今熱いnewモデルが満載です!

試乗をご希望のお客様は、オートバイの運転に適した格好と試乗資格の確認のため免許証のご提示が必要です。
※試乗受付は15:30迄とさせて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知ってました? その16 ダイアグノーシス

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

ダイアグノーシスってご存知ですか?EFI(電子噴射装置)のトラブル診断装置の事なんですよ。いまのECU(コンピューター)はとっても頭がいいんですが、このシステムがないとトラブルは発見できません。オートバイにこのダイアグノーシスシステムを接続するだけで、今現在のトラブルが発見できる事はもちろん、ECUが最大99個まで記憶しているトラブルを確認することができるんです。Imgp9549 Imgp9536

このオートバイの場合は、マフラーの排気バタフライバルブが固着してしまい、そのバルブを動かしているサーボモーターが破損しました。症状といたしましては、排気バルブは全開時で固着しており、低速時になんだかトルクがないような気がする・・・という微妙なもので、オーナーさんにしかわからない程度のトラブルでした。しかし・・・そんなときでもこのダイアグノーシスシステムのおかげで簡単にトラブルシュートできます。

余談ですが、イモビアンプ故障回数が30回も入っておりますが、これはイグニッションキーを速いスピードでON・OFFを繰り返すと、イモビライザーにエラーがでてしまいECUにトラブルとして記憶されてしまうんです。そんなに重要はトラブルではありませんのでご安心を・・・イモビアンプとは、キーシリンダーの周りにあるアンテナで拾った信号を増幅・変換してECUに信号を送る物なんですが、コレが壊れてしまうと電源が入ってもエンジンがかかりません。イグニッションキーも丁寧に扱ってくださいね。それから・・・キーホルダーに他の電波を発信するようなもの(たとえば、乗用車のキーやエンジンスターターなど)を付けていてもトラブルの元になりますので、ご注意を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

知ってました? その15 ピストンスピード

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

みなさん!ピストンってどれくらいのスピードで動いているんでしょうか?考えたことありますか?Imgp1926 以前にも書いた事あるんですが・・・もう一度ご紹介いたします。

ちなみに、ZZR1400の場合で考えますと・・・あくまでも計算上の平均スピードですが、ストローク61mmの場合で10,000rpmの回転数の場合ですが・・・

61mm=0.000061km 往復で 0.000122km  / 10,000rpm=1時間で600,000回転 とういことは・・・単純計算すると73.2km/h(時速73.2km)なんですよ!ピストンは上支点・下支点付近ではゆっくり動きますから瞬間的にはもっと速いスピードで動いているんですね! 73.2Km/hとは約1秒間に20mということですよ!すごいですね!!

Imgp1919  

すごい熱に影響されながら、このスピードで動きつづけているんですね。それよりもオイルってもっとすごいと思いませんか?このスピードで動く金属を熱・圧力もかかり、それを油膜で保持するんですから・・・どちらにしても、すごい事なんですよ!

オイル交換はこまめに行いましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

知ってました? その14 窒素ガス

こんにちはプレジャーの店長でございます。

本日は窒素ガスのお話です。

窒素ガスとは?どんなものなのでしょう・・・
実は大気中(空気中)の78%が窒素で21%が酸素なんですよ。この事を忘れずに次のご説明を・・・。この窒素ガスは不活性ガスなので燃えずらい性質のもので、水分を吸収しづらく、熱の影響により体積の膨張率が低いというメリットがあります。さらに分子がタイヤのゴムの分子より大きいので、透過率が酸素の約3分の1と言われております。

窒素ガスをタイヤに入れる効果とは・・・
タイヤの空気圧の変動が少ない(タイヤが温まった時の空気圧の上昇が少ない・タイヤの空気圧が抜けずらい)ので安定した乗り心地や走行性能を安定させます。また不活性ガスなので、他の物質と化合しずらいので、タイヤ本体や特にマグネシウムホイールの酸化を防ぎます。また水分をあまり含まないのでタイヤ内部に水分が浸透せずにタイヤ接合部の剥離を防ぎます。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上のようにタイヤに窒素ガスを入れるとたくさんのメリットはあります。実際に私も20年ほど前にドラッグレースをやっていた時に、マシンのエアシフターを動かすための圧縮ガス(大気を圧縮して使うとエアシフターを動かした後に放出された空気に引火して炎上する恐れもありました)やタイヤに入れていましたよ。しかし・・・タイヤにガスを充填するのは大変な作業なんですよ!15インチで太くて大きなドラッグスリックと言われるリヤタイヤの空気圧は大きな体積に対して0.2~0.3Kg/cm2ぐらいでしたし、スタートラインにつく前に行うバーンナウト(ホイールスピンしてタイヤをあたためる)で一気にタイヤ表面温度は100度近くにまで温めます。そんなリヤタイヤに窒素ガスを充てんするのは大変な作業でして・・・

一度エアを抜いただけで窒素ガスを充填しても、タイヤ内部の窒素ガスは約50%しか入らないんです。(というより入れる意味がありません)レース用のホイールはホイールバルブが2個あり、片方から空気を吸い出しながら、もう片方から窒素ガスを入れてこそ正確に入るんです。

それではエアバルブ1個の場合は・・・一度入れて、抜いて、また入れて、また抜いて、またまた入れて、またまた抜いて・・・・・を10回ぐらい繰り返してはじめて効果がでてきます。だからボンベで買うと安いはずの窒素ガスですが、大量に使用しますので、逆にとっても高価な物になっていましたもんね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

知ってました? その13 ホイールバルブ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日はホイールバルブのあれこれでございます。一般的にチューブレスタイヤの場合ゴム製のホイールバルブが採用されていますね。しかし・・・これも劣化してしまうものなのですよ。Imgp5774

タイヤに空気を入れようとしたら・・・あらら?亀裂がありエア漏れを起こしてしまう・・・なんて事よくあります。このバルブを交換しようとすると、タイヤを外さないといけませんのでぜひタイヤ交換時にチェックしておいてくださいませ。そして必要であれば新品に交換しておきましょうね。

Imgp0567

ホイールバルブのキャップなんですが、やはり少しでも軽いほうがいいでしょうね。加速・減速時にホイールバルブにはとんでもない力がかかり、歪んでしまいます。それが原因でホイールバルブ取り付け部(根元部分)からエアが漏れてしまいます。一見チープに見えますがプラスチック製のものも方が断然いいですよ。特にスピード狂の方には・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

知ってました? その12 ホイールバランス

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日は、ホイールバランスのお話です。ホイールバランスとは、タイヤ・ホイールなど回転部分の重量バランスの事をいいます。重量バランスには、スタチックバランス(静的バランス)とダイナミックバランス(動的バランス)の2通りあります。一般的にオートバイの場合はスタチックバランスの調整だけでOKです。

Imgp0558

バランサー台の上に乗せると重たいところが下になるように回転して止まりImgp0560 ます。簡単に言えばその反対側(軽いところ)にウエイト(おもり)を取り付けて、重量バランスをとります。このバランスがくるっていると一般的に回転時に縦方向の振動がでますので、ハンドルがこまかく振動したりタイヤの接地感がなくなったりします。

ウエイトはできればホイールの幅のセンターに近いところに取り付けた方がいいですね。今のタイヤやホイールは精度がいいので多くても30gまででバランスが取れますよ。それ以上にバランスがくるっているなら・・・一度思い切ってホイールとタイヤの位置を180度変えてみてくださいね。タイヤには軽い位置にマーキングしてあり、そこにホイールバルブを持ってくるのが一般的ですが、このときはそれを無視してくださいね。

Imgp0564

バランサー(おもり)は一般的に鉛でできており、いろいろな形があります。測定時はディスクローターやリヤスプロケットやエアバルブキャップも装着されている状態で測定してくださいね。

さて、ダイナミックバランスとは回転時に横方向にぶれるのを抑えるものですが専用の測定機で回転させながら測定します。車のホイールの様に片側で支持しているものとちがいオートバイは左右のベアリングで支持していますので、あまり影響がありません。

今までいろいろ整備してきましたが・・・ホイールバランスがおかしくてハンドルがぶれるというより・・・タイヤのエア圧の不良やタイヤの変磨耗が原因でトラブルが起きている方が断然多いように思いますので、ホイールバランスがどうのこうの言う前にタイヤ本体のメンテナンスをしっかりやってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

知ってました? その11 アクスルシャフトの腐食

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日はアクスルシャフトのお話です。タイヤ交換をしようとして、ホイールのアクスルシャフトを抜こうとしたら・・・固くて外しづらい・・・なんて事ありますよね。シャフトが腐食しているんです。

Imgp0569

よく見てみると、シャフト全体が腐食しているのではなく、ベアリングが当たっているところだけが腐食しています。これは水が入って錆びたのではなく、違う材質の金属間に生じる電位差により腐食するんですよ!たとえば・・・自転車のサドルの高さ調整をしようとしたらサドルのシャフトが腐食して動かないのと同じです。

Imgp0570

さて、そんな時は腐食したところをペーパーなどで磨いて、うすーくグリスを塗布しておきましょう。そうすると次に取り外す場合は楽に外せますからね。シャフトが腐食することは、そんなにたいした事ではありませんが、シャフトの脱着時にベアリングが破損してしまう事のほうが心配です。シャフトをたたく事によりベアリングのインナー側に力がかかり、ベアリングのセンターがずれてしまうんですよ。するとベアリングがガタガタになり寿命が極端に短くなりますからね。

ふだんのメンテナンスとは、そんなもんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

いま!売れています!!

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

Imgp0011

お待たせいたしました!Ninja250R専用のポーターシェルという商品でございます。新発売でございます。

Imgp0017 Imgp9284 Imgp9285

  

● 商品名    ポーターシェル

● 適応車種  KAWASAKI NINJA250R

○ FRP BLKゲル   PK30700   

         21,000円(税込み)
             
○ FRP ライムグリーン ペイント   PK30701  

         27,300円(税込み)
             
○ FRP キャンディープレズマブルー ペイント  PK30702   

          27,300円(税込み)
             
○ FRP エボニー ペイント   PK30703    

          27,300円(税込み)
             

● ノーマルのタンデムシートにポーターシェル                                                 を取り付けてからノーマルタンデムシート                                           と同じ様に車体に取り付けて完了です。

● 重い荷物を積載する場合は脱落防止用                                      のゴムバンド(キット内に附属)を取り付けてください。

● ノーマルのタンデムシートのままですと、                                     山型に盛り上がったデザインのため、荷物の積載が                                   困難でしたが、ポーターシェルを装着すると上面が                                                                                  フラットな為、荷物の積載が容易になます。

● 写真のように市販品のボックスを                                                  取り付ける事もできますが、中に重い荷物を                                          入れすぎますと、FRP部の破損になります。

● トップボックス等を取り付けての本製品使用時                               の破損につきましてはクレーム対象外とさせて                                  いただきますので ご了承くさだいませ。

詳しい事はこちら↓

http://www.pleasure-mc.com/ps/qnl/guest/news/showbody.cgi?NCODE=96

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

知ってました? その10 スポークホイール

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

W650、エストレア、250TRなどはスポークホイールを採用していますね。スチール製のスポークなんですが、むかしのモデルと違い錆びずらいですよね。何故かと言うと・・・錆び止めのコーティングが施してあるんですよ!

Imgp0217

だから・・・一生懸命に磨いてしまうと、逆効果なんです。汚れたら、軽くウエスでふき取るぐらいにしましょうね。ゴシゴシ磨いてしまうと、コーティングが剥がれてしまい錆びやすくなってしまいます。鉄製のフェンダーの裏側もいっしょです。磨きすぎにご注意を・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

知ってました? その9 メーターケーブルの伸び

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日は、メーターケーブルのお話です。最新モデルは電気式のメーターですが、ひと昔前のモデルは機械式のメーターでケーブルで動かしていました。このケーブルも消耗パーツなんですよ!

Imgp0211_2

ケーブルは実際に回転を伝えるインナーケーブルとその外側のアウターチューブで構成されています。このインナーケーブルが錆びたりして切れてしまう事はよくあることですが、伸びてしまう事もあるんですよ。伸びてしまうと・・・メーター側のケーブルが入っているシャフト部分に力がかかり、メーター本体が壊れてしまう事もあるんですよ!

ケーブルが異常に曲がってしまうと、うまく回転が伝えられなくなり、これもメーター破損の原因になりますので、定期的に新品に交換してくださいね。ケーブルはインナーに対してアウターの長さが車種ごとに違う場合がありますので、必ず正規車種のものを使用してくださいね!(同じ長さのアウターでも、インナーの長さが違うものもあるということです。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

知ってました? その8 コスワースピストン

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

みなさん、COSWORTH(コスワース)のピストンってご存知ですか?レーシングピストンで鍛造品なんです。エンジンをボアアップする際によく使用しますが、同じような鍛造ピストンをお奨めするなら、わたくしはアメリカ製のピストンよりこの”Made In Great Britain”のコスワースをお奨めいたします。なぜなら・・・・・断然、精度と商品管理がしっかりしておりますから。Imgp0291 Imgp0298

4気筒用で出荷されました4個のピストンがすべて同じ重さなんです。どんな組み合わせで両天秤にかけても重量差はありません。これはすごい事なんですよ!!重さだけではなく、ピストン外径も0.001mmの誤差もありません。これが・・・某アメ○カ製ですと重さは2gぐらいで外径は0.01mmぐらいは製品誤差がありますから・・・。

他メーカーのピストンですと、新品にもかかわらずピストンピンの入りがしぶい物や、ピストンリングの合口隙間がめちゃくちゃだったりするのが普通で、組み立て前に修正しないといけない物がほとんどなんですが、コスワースに関してはそんな事はいっさいありません!!

実際にこのピストンを使用されています方は多いのですが、50,000kmは十分いけますよ!すごいですね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

備えあれば憂いなし!グリップヒーターの奨め

毎度です!
TA豊田店のフミノリです!

皆さん朝晩の冷え込みがましてきましたが、単車に乗ってますかぁ?
ボクは寒い冬でも、雨の日でもバイク通勤です!

とは言え、
夏の日差しにゃめっぽう強いが、冬の寒さは耐え難いです。
そんなボクが、冬になると皆さんにお勧めするのがコレ

そう…
グリップヒーターです☆
特に当店にて在庫で常備のグリップヒーターは抜群です!

            

省エネタイプで高性能!
グリップヒーター
■省エネタイプの高効率ヒーターを採用。
ヒーター部は、ステンレス板箔を採用し、速熱性やヒーター強度を向上。(全周タイプ)
ヒーター部を従来品に対しグリップエンド方向に約15mm延長し、ヒーター面積の拡大を図りました(全周タイプ)
作動開始から設定温度までの立ち上がりが格段に向上。(全周タイプ)
■ケーブルレイアウトを再検討、ケーブルの劣化や、折れ、そして磨耗や断線等を考慮し前方回転方向にケーブルのレイアウトを設定。(全周タイプ)

プリントヒーターをグリップ本体に内蔵

小さくなっても高性能!

3LEDインジケーター付スイッチユニット
■3LEDのインジケーター採用で作動状態も簡単確認。
   被視認性も向上。

■扱いやすく確実な動作が可能なPUSHスイッチを採用し、5段階の温度調節が可能。
■バッテリー電圧監視システムは電圧の低下時にグリップヒーターヘの電源の供給を自動的にカットします。
システム作動時は、LEDの点滅で知らせます。
  (検出電圧OFF:約12.0VON:約12.8V)

無段階ヒーターコントロール

電圧をチェックする
IC 回路内蔵で、バッテリー上がりを防止

もぅ一度使ったら手放せません!
本体13125円(税込)
車種により若干金額が変わることもありますが、取付に6000~8000円程度。
詳しくはTAスタッフまでお問い合わせ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクマイレージbyTA

毎度です!
TA豊田店のフミノリです!!

11/1からバイクマイレージ by TAなるイベントを開催中です!

開催期間 08/11/1火~09/1/31土

寒い冬こそバイクで走って

参加費無料
TAでオートバイを購入して頂いた車輌ならどなたでも参加OK!
さらに参加して頂いたお客様にもれなく記念品進呈

ルール説明
走行距離やイベントに参加してポイントをためよう
①全国の道 走行1km毎に1ポイント
②全国の『道の駅』1スタンプで300ポイント
※道の駅は、4ヶ所まで。重複は含みません。
③TAでオイル交換をすると1回300ポイント
④TAのイベントにさんかすると1回500ポイント

⑤TAで期間中車輌の購入で3000ポイント
※126cc以上の車輌に限ります。
⑥TAにお客様を紹介して頂き、お連れ様が車輌を購入頂くと紹介者様にも1000ポイント

上位入賞者5名様に豪華賞品をプレゼント!
さらに鳶賞もご用意しています。

エントリーから結果発表まで
①パスポートを取得
TA各店にてエントリーパスポートを配布しています。
②エントリー
エントリーパスポートに必要事項を全て記入します。
TA各店で「開始走行距離(TA記入欄)」にサインをもらいます。
【エントリー完了です】
※未記入箇所のある場合エントリー出来ない場合があります。
③START&イベント参加
バイクマイレージのスタートです。
バイクと一緒に今年の冬を楽しんで下さい。
④集計チェック
エントリー店で終了時の「最終走行距離(TA記入欄)」にサインをもらい、
エントリー店にて回収。
〈ポイント集計提出〉
1/31(土)必着です!
※最終報告が遅れると審査対象外となります。
必ず最終日までにご提出下さい。
⑤集計結果発表
トーカイオートのHPとTA各店店頭に結果発表。
商品はエントリー店よりお受け取り下さい。I

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知ってました? その7 ねじ穴いろいろ・・・

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

エンジンカバーを交換しようとして、ボルトを取り外す時に・・・なんで?このボルトだけネジロック剤が塗ってあるの?そんなにゆるみ止めが必要なの?ってことありますよね。

それは、その部分の雌ネジ側が、貫通穴になっているからなんですよ。ネジ穴が貫通していなければ、そこからオイルが出てくることはありませんよね。しかーし、貫通穴の雌ネジですとボルトを外すとケース内側にあるエンジンオイルがにじみ出てきます。そうなんです、オイルにじみ防止のためにネジロック剤が使用されているんです。Imgp0234

この写真はGPZ900Rのエンジン左側のパルシングカバーを取り外したところです。中にはエンジンオイルがまわっていますので、とうぜんカバーを外すとオイルが出てきます。そこで、左側のネジ穴は貫通穴が分かりますか?右側のネジは貫通穴ではありません。

Imgp0237

貫通穴に使用するボルトには、ネジロック剤を塗布いたします。らせん状につながるネジ溝を通ってオイルがにじみ出てこないようにしているんですね。

それから・・・貫通穴には指定の長さのボルトを使用しましょうね。貫通穴でなければ間違って長いボルトを入れても、それ以上に入っていかないので気がつくのですが、貫通穴に規定の物より長いボルトを入れても、入っていってしまいます。しかし・・・・・中のパーツをボルトでつぶしてしまったり、破損させたりする場合もありますので、ご注意を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

知ってました? その6 バルブクリアランス

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

バルブクリアランスってことばをご存知ですよね。金属の熱膨張にそなえて、ある一定の隙間をバルブの上面とカムシャフト(ロッカーアーム)に作っておくんですよ。この隙間をバルブクリアランスと言いますが、隙間が大きすぎると打音(異音)の原因になります。また、隙間が小さすぎるとエンジン各部パーツが熱膨張した際にクリアランスがなくなり、バルブが全閉にならなくなり、圧縮もれの原因になります。それだけにシビアに調整しないといけません。Imgp0227

一般的にこのクリアランスは インテーク 0.1~0.15mm エキゾースト 0.15~0.2mm ぐらいです。(水冷・空冷・ターボ車・・・などで違いますので参考までに・・・)そうそうターボ車はインテークの方が熱膨張の影響が大きいのでクリアランスは大きくとってあるんですよ!

シクネスゲージという隙間を測定する工具(薄いシム)で測定しますが、今は一般的に冷間時に行います。調整は写真のような場合はアジァストスクリューで調整したり、隙間に入れてあるシムの厚さで調整したりします。

そこで・・・このシクネスゲージを引き抜く重さで隙間値が多少左右されます。引き抜く時にかたければ・・・隙間は狭いし、引き抜く時にやわらかければ・・・隙間は広いし・・・・・・そこで、どれくらいの力加減がいいのでしょうか?

わたくしは、健康な う○ち に爪楊枝を刺すぐらいがちょうど良い!とむかーーし教わりました。こんな経験(爪楊枝を刺す)はいまだにありませんが、だいたい想像しながらやっております。その他のメカニックの方はどれぐらいの力加減なんでしょうかね?・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

ミラクルフルーツ

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

みなさん、ミラクルフルーツってご存知ですか?小さなフルーツで、コレを食べてからすっぱい物をたべても、甘く感じるんです。ミラクリンというタンパク質が舌の酸味を感じなくさせるそうです。赤い皮を割り、舌の上で1分ぐらい転がした後に・・・・・たとえば・・・・・レモンを食べますと!あら不思議!!甘ーいみかんを食べているみたいなんですよ。ホント!!Imgp0476

刈谷のハイウエイオアシスにある、産直市場おあしすファーム で売っていますよ!

これからの忘年会にたのしいアイテムですよ!ためしてみてちょ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

温泉課?

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

先日、草津温泉にツーリング行った時に役場の前を通りかかり、役場の駐車場に”温泉課”の札を見つけました!あるんですね・・・温泉課・・・私たちの街にはさすがにありませんが、大切な温泉を守り、維持していく為には大切なんでしょうね。E6bb1

ビーナスラインの霧が峰高原にある 霧の駅 というドライブインで食べたソースカツ丼です。スゲェー肉厚でジューシーでやわらかいカツがドドーンとのっかっております。ひじょうに”美味でござりまするー”

29171 62291

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

紅葉、最高でした

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

11月1日・2日 で群馬県の草津温泉にツーリング行って来ましたよ!

64f51 D3cd1

2日間ともお天気もよく、意外に暖かくて最高のツーリングでしたよ。総勢37名の大所帯ツーリングで、KSR110からZZR1400までごちゃごちゃのツーリングでした。ビーナスラインでは遠く富士山まで見れて、日本の秋って最高!って感じでしたよ!

C58e1 6b3b1_2 

長野方面に行ったときは、この 七味ごま をおみやげにいいですよ。このあたりでは、長野方面にしか売っていませんよ。味噌汁に入れてもいいし、ごはんにふりかけてもいいし、辛いけど・・・・・やみつきになりますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

松坂市 牛肉食べ放題ツーリング

TAさんお得意の食放ツーリングがまた02キマした!
Co4
はぃ!
ドンッ!!!
Ocean
牛肉食べ放題!
場所は牛の聖地松坂です

これはもぅ…
ココでいかなきゃ人生7割知らないティーンと変わりません

行っとくべきです!
知っとくべきです!!
喰っとくべきです!!!

最近メタボリックだの何だのって言われますが、
この際カンケー無いです♪

太ったらいぃ
だって食べたいんですから!
参加者大募集中!!

日時    11月9日(日)
時間    8:00発
集合場所 トーカイオート豊田店
目的地  オーシャン
http://www.sekofood.co.jp/ocean/ocean.html

Ocean3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遂に発表 Ninja250R 09モデル

毎度です!

TA豊田店のフミノリです☆

お待たせしました!!
今年Debutし、瞬く間に完売となってしまった
Ninja250Rの09モデルが12月に登場です!

上質感と機能性を兼ね備えた、Ninja 250R。
スタイリッシュなフルフェアリングに水冷DOHC4バルブ並列2気筒エンジンを搭載、力強い中低速とツインならではのパワーテイストが味わえます。
燃料供給はフューエルインジェクションとし、微粒化インジェクター、デュアルスロットルバルブの採用で高回転域まで気持ちの良いレスポンスを実現。
ブレーキはフロント外径290mm、リヤ外径220mmのペタルディスクを採用し、安定した制動力を発揮します。
またわずかに前傾したシートポジション、高めの位置に設定したハンドルバーが自然でリラックスしたライディングポジションを実現しています。

2009年モデルでは、

09ex250k9f_limb 「ライムグリーン」

09ex250k9f_blkb 「メタリックディアブロブラック」

09ex250k9f_redb 「サンビームレッド」を採用しています。 http://www.kawasaki-motors.com/model/ninja250r/

メーカー希望小売価格:       523,000円
(本体価格498,096円、消費税24,904円)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

バルカン900カスタム スペシャル エディション発売

毎度です!

TA豊田店のフミノリです☆

個性をガッツリアピールしたいお客様に!

カワサキからリリースされるバルカン900カスタムにスペシャルエディションがぴったり!

フロント21インチの印象的なキャストホイール、迫力のリヤビューを演出するディッシュホイールを採用したファットなリヤタイヤ。
走る歓びと、美しさへのこだわりを主張するバルカン900カスタムにスペシャルエディションが登場です。
フューエルタンクとリヤフェンダーには美しいピンストライプが施され、鮮やかなシリンダーヘッドカバーが目を引くVツインエンジンはトルクフルで味わいのある鼓動感が楽しめます。
さらにメーターパネルやエアクリーナーボックス、マフラーはシックなブラック仕上げとし、上質なカスタム感を醸し出しています。

08vn900c8s_blkb

メーカー希望小売価格:       870,000円
(本体価格828,572円、消費税41,428円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »