« ヒートリペアって知ってます? | トップページ | タンクの錆びにご注意を・・・ »

2008年7月26日 (土)

ポート加工

こんにちは、プレジャーの店長でございます。

本日はポート加工のお話でございます。ひとむかし前はよくポート加工をしましたね。でも今のエンジンはやらない方がいいかもね。ポートの大きさや形状も考えて設計されていますからね・・・。とくに新型Ninja ZX-6R やNinja ZX-10R なんかは始めから(工場出荷時)バリ取りがしてあり、後から手を加える必要ないですから・・・。

しかーぁし!ポート加工したらどうなるのかな?とひじょうに興味はあります。一口にポート加工といってもいろいろあり、鋳物肌や中子の痕を落とす程度のものから、ポート拡大、形状変更・・・までたくさんあります。また、バルブステムガイドも削り落とすことも昔はやりましたね。英語のDの字に似たエキゾーストポートもあり、Dポートって呼んでいましたね。今でもDRAGエンジンやエンデューロエンジンには採用されているそうですが、でも今は一般的にトルクを稼ぐ為にポートの面積はあまり変更できないと思いますよ。

Imgp1917 Imgp1916 Imgp1915

水冷4気筒4バルブエンジンポートがたくさんあるから大変です。みんな同じ様に均一に加工することが大変なんです。

これらは決して いやらしいアップ写真 ではありませんよ!

シートリングとポート部の段つきを落とす程度で鏡面加工はいたしません。特にインテークポートはある程度ディンプルを残さないと、流速が落ちてしまいます。とっても苦労して加工しても、それほど目にみえて馬力アップするものではなく、なんとなく燃費が良くなったかなァ・・・程度ですので、ほとんど自己満足のなにものでもございません!

Imgp5790 Imgp5792

単気筒エンジン(KSR110)のMini-Moto OPEN用エンジンです。このエンジンは意外と簡単に加工できますね。

こんなことに興味がある方は、カワサキSHOPプレジャー にお問い合わせくださいませ。

|

« ヒートリペアって知ってます? | トップページ | タンクの錆びにご注意を・・・ »

ガッツカワサキ~各店つぶやきコーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポート加工:

« ヒートリペアって知ってます? | トップページ | タンクの錆びにご注意を・・・ »